シンガポールを旅行…女性のファッションやお土産で女性に人気なのは?恋愛と顔の特徴…美人で可愛い?名前やコスメなど


 

シンガポールを旅行すると、

美しいシンガポール女性たちが目にとまる。

 

民族によって変わる

ファッションにも注目してしまうが・・・

性格などがいまいちよく分からない。

 

 

例えば、彼女たちの恋愛観や

性格の特徴とは?

 

 

美意識が高い女性が

たくさんいるシンガポール。

 

女性に人気の

お土産なども一緒に紹介していこう。

 

 

 

シンガポールの女性の特徴!顔や恋愛…わがまま?脈ありのサインとベッドなど。シンガポール女性の本音

 

「シンガポールの女性は美人」

 

「シンガポールの女性は可愛い」

 

よく耳にする言葉だ。

 

 

実際、シンガポールの女性は

1人1人の美意識がとても高い。

 

周りから見ても、

美しいと思われるようにしている。

 

 

それはシンガポールの特徴でもあるが、

競争社会(他人と自分を比べること)の

精神が根付いているからだ。

 

 

恋愛に関しては、

顔より性格を重視している。

 

レディファーストなど

紳士的な優しい男性を求めるのだ。

 

 

しかし「女性だから」という

価値観の押し付けは、競争社会で生きてきた

女性たちにとって侮辱ともとれる発言。

 

女性を尊重しつつ、

自分の優しさをアピール

できるといいだろう。

 

 

女性は慎ましく男性の後をついてくる方が

可愛げがあって好みという人もいるだろう。

 

だが、シンガポールでは

男性も女性も関係なく平等だ。

 

 

主導権を握りたい、

リーダーシップをとりたいと

思う女性も少なくない。

 

 

大人しい女性が好きな男性から見ると

わがままに思えるかもしれないが、

それは国民性にもよるのだ。

 

 

シンガポールの女性は、

オープンな恋愛観をもっている。

 

いい関係になった男性の名前を

周囲に早い段階で紹介してくれる。

 

 

仲良くなった女性が、

友人などに自分のことを紹介してくれたら、

脈ありだと考えていいだろう。

 

家族への紹介も割と

早い段階でしてくれるため、

彼女の家に遊びにいける日もそう遠くない。

 

そのままベッドに

お誘いを受けるなんてことも

なくはないだろう。

 

 

 

 

 

 

シンガポールを旅行、女性のファッションは?お土産で女性に人気なのは

 

シンガポールを旅行すると、

女性のファッションに目がとまる。

 

 

シンガポールは

「インド系」「マレー系」「華人系」の

3つの民族が主な構成。

 

 

特に目を引かれるのは、

華やかなパンジャビドレスを着た

インド系の女性ではないだろうか。

 

鮮やかな色合いの

パンジャビドレスを身にまとい、

大きめの装飾品で着飾っている。

 

民族衣装の一種だが、

華やかで足を止めて

魅入ってしまう人もいるだろう。

 

 

次に目を引かれるのは、

パンジャビドレスと並ぶほど華やかな、

マレー系女性のファッション。

 

マレー系女性は大多数が

イスラム教徒のため、

髪の毛を隠すヒシャブをかぶっている。

 

 

彼女たちは、その日の

ファッションにあわせて

ヒシャブを選んでいる。

 

色や柄だけでなく、

ヒシャブを留めるブローチにも

気を使っているという。

 

 

一番日本人に近い服装を

しているのが華人系の女性だ。

 

シンガポールの

国民の7割以上がこの華人系。

 

 

日本よりも暑いシンガポールでは、

露出の度合いが変わってくる。

 

ショートパンツや

ミニスカートをはいている女性が多い。

 

 

サンダルから見える

足の爪にペディキュアを塗り、

足元まで綺麗にしている。

 

 

シンガポールで買うお土産で、

おすすめなのは、女性向けなら

コスメやドライフルーツだろう。

 

女性向けにシンガポールの

お土産を探していると、

女性店員からコスメをすすめられる。

 

 

アーユルヴェーダの石鹸から、

ヘアオイルなど様々な種類がある。

 

見た目が可愛いので、

どれを選んでも喜ばれるだろう。

 

 

海外旅行でありがちなのが、

お土産を買うタイミングを逃すこと。

 

そんな人には、シンガポールの

お土産を買い揃えられる

空港をおすすめする。

 

 

チャンギ国際空港には

定番のお菓子や紅茶はもちろん、

コスメや美容食などもある。

 

特にコスメは免税店も空港内にあるため、

中心地で買うよりも安く手に入ることがある。

 

 

ちなみに、女性によっては

コスメに気に入っているブランドがある。

 

あらかじめ好みのブランドや

こだわりがないか聞いてみると、

より喜ばれるだろう。

 

 

 

まとめ。競争社会で生きる意識の高いシンガポール女性

 

シンガポールの女性は

競争社会で生きているため、

美意識が高い人が多い。

 

 

そんな彼女たちとの

出会いを求めているのであれば、

積極的に話しかけてみるといいだろう。

 

日本に関心をもっている女性も

少なくないので、

わりとすぐに打ち解けることができる。

 

 

その代わり、

彼女たちは男女平等の精神。

 

女性だからと決めつけて対応すると

嫌な顔をされてしまうので

注意が必要だ。

 

 

日本とそう離れていない

シンガポールは

旅行に行くには最適だ。

 

お土産の種類も豊富で、

どれを渡しても喜ばれるだろう。

 

 

女性向けにお土産を買うならば、

コスメか美容食、

ドライフルーツをおすすめする。

 

しかし好みがあるので、

あらかじめ聞いておくのも

ひとつの手だろう。

 

 

シンガポール在住の移住仲間ガンちゃん。

自分と同じく、お酒よりもソフトクリームが大好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ