スリランカの女性差別!名前や服装、性格や女性一人旅…女性大統領(首相)の画像、美人?兵士の皆殺しなど女性問題


 

スリランカと言えば、紅茶。

 

紅茶で有名な国である

スリランカの女性は美人だと聞く。

 

だが、聞いたことはあるものの、

スリランカ女性についてよく知らない人も多い。

 

 

そこで、この記事では

スリランカ女性について紹介する。

 

 

 

スリランカの女性は美人?名前や服装…性格はわがまま?脈ありのサインとベッドなど。スリランカ女性の本音

 

スリランカの正式国名は、

スリランカ民主社会主義共和国。

 

 

インド洋に浮かぶ島国で、

面積が6万5610平方キロメートル。

 

北海道の約0.8倍だ。

 

 

2016年の人口は

約2,103万人である。

 

 

民族は、シンハラ人、

タミル人、スリランカ・ムーア人だ。

 

シンハラ人が

人口の約75%を占める。

 

 

言語は

シンハラ語、タミル語、英語だ。

 

 

スリランカには世界遺産が6つもある、

観光するのに魅力的な場所である。

 

 

スリランカの美人の特徴は、

髪の毛が長くワイルドな顔立ち。

 

そして手足が長くて

ふっくらしている。

 

 

スリランカ人の名前は

ポルトガル語からきていることが多く、

順番は、名前・姓だ。

 

スリランカ女性は、

父親や夫の名前を

ミドルネームにする事がある。

 

 

スリランカ女性の

服装と言えばサリーだが、

普段着としてジーンズも着る。

 

 

スリランカ人の性格は、

フレンドリーで気さくで

プライドが高い。

 

スリランカ女性の性格も、

明るくて芯が強いのが特徴だ。

 

そして男性を立てるので、

わがままではないと考えられる。

 

 

男性を立てる理由は、

スリランカでは男性の立場が強いから。

 

 

スリランカ女性に仕事を頼む時、

気を付けなければならない事がある。

 

それは掃除や洗濯などを頼むこと。

 

激しく反発したり、

泣いてしまうこともある。

 

 

このような態度になるのには、

もちろん理由がある。

 

スリランカでは、

掃除や洗濯は卑しい仕事と

考えられているからだ。

 

 

スリランカの恋愛事情は厳しい。

 

相手を決める時は、家柄や占いを元に、

親が結婚相手を決めてお見合いをするのだ。

 

 

スリランカ女性は

自由恋愛が出来ない。

 

スリランカ女性は結婚するまで、

バージンでないといけないからだ。

 

スリランカ男性も、

バージンの女性としか結婚しない。

 

 

だが、独身のスリランカ人男性は

外国人女性に声をかけて恋愛している。

 

スリランカは

男女平等とは言えないのだ。

 

 

お見合い結婚が主流なので、

スリランカ女性と恋愛するのは難しい。

 

残念ながら、スリランカ女性から

脈ありサインをもらえる機会はないだろう。

 

 

仮に恋人になれたとしても、

結婚を前提としていなければ

一緒にベッドへ、なんてことはあり得ない。

 

 

 

 

 

 

スリランカを女性が一人で旅できる?女性一人旅の注意点

 

スリランカへの女性の一人旅は可能だ。

 

しかし、注意点がある。

 

 

まず心配なのはスリランカの治安だ。

 

2019年に、

欧米人やキリスト教徒を狙った

テロ事件があった。

 

 

スリランカは凶悪犯罪が少ない国だが、

旅行へ行く前に外務省のホームページで

治安状況を確認しておくべきだろう。

 

 

外国人を狙った犯罪も多い。

 

トゥクトゥクでぼったくり。

 

スリや悪質な客引き、

バスや電車内で痴漢などがある。

 

 

スリランカに滞在している時は、

常に人に対して

疑いの目を向ける事が大切だ。

 

 

昼間に日本人女性が

一人で歩いていると、

男性から声をかけられる。

 

セクハラ発言をする男性がいるので、

無視か拒否をしよう。

 

夜の外出もしないことをすすめる。

 

 

ちなみに、スリランカは

観光でもビザが必要なので、

忘れないようにしてほしい。

 

 

現地で病気になった場合に備えて

クレジットカードや

海外旅行保険も用意しておくと安心だ。

 

 

観光する場所や環境によっては、

長袖と長ズボンも必須である。

 

 

また、スリランカの店の中には、

トイレットペーパーがないこともある。

 

ティッシュペーパーや

ウエットティッシュもあると便利だ。

 

 

最後に、スリランカの空港に着いたら、

円をスリランカルピーに交換しておくこと。

 

日本では、

円とスリランカルピーの

交換は出来ない。

 

 

スリランカ旅行をすると決めたら、

しっかり準備をしておく必要がある。

 

 

 

スリランカの女性差別…兵士を皆殺し?女性大統領(首相)の画像も紹介

 

スリランカで

一番大きい女性問題として

女性差別が挙げられる。

 

 

スリランカの女性差別の1つは、

酒を購入できないこと。

 

更に酒を飲む事も禁止されている。

 

 

1979年に

女性が酒を購入する事を

禁止する法律が施行した。

 

2018年に当時の財務相が

この法律の撤廃を発表したが、数日後に

大統領が法律を復活させてしまったのである。

 

 

法律を復活させた原因は

仏教系団体の反対。

 

 

スリランカでは、

カースト的な差別意識が

残っているのである。

 

この法律は、

スリランカ国内や国外でも

女性差別として指摘されている。

 

 

酒が飲めない女性差別より

ひどいことも起きている。

 

2009年にスリランカで内戦があった。

 

少数タミル人の

反政府武装勢力「ターミル・イーラム解放のトラ」と

武力衝突していたのだ。

 

「ターミル・イーラム解放のトラ」は、

タミル人の民間人を政府軍の

弾除けとして強制連行していた。

 

女性を自爆攻撃に使って、

兵士の皆殺しを行っていたのだ。

 

 

スリランカのゲリラ女性兵士の

インタビュー記事があり、

記事内にはスリランカ女性兵士映像がある。

 

女性兵士は

「敵に捕まったら服毒自殺をする」

と取材者に答えていた。

 

まだ若い女性である。

 

信じられない発言だ。

 

 

スリランカ女性の社会進出が

進む動きも見え始めている。

 

スリランカは、

女性の経済的参加を男性の同等レベルに

することを目標として掲げている。

 

 

スリランカ女性が公共交通機関を使うと、

ハラスメントや暴力被害に合うこともあるため、

安心して使えるようにインフラ事業も行われている。

 

 

女性差別があると

言われているスリランカ。

 

しかし世界で初の女性首相が

誕生したのもスリランカである。

 

 

女性である

シリマヴォ・バンダラナヤカ首相は、

3回も首相になっている。

 

 

1994年には、

スリランカの女性大統領が誕生した。

 

大統領の名前は、

チャンドリカ・バンダラナヤカ・クマーラトゥンガ。

 

1994年11月12日から

2005年11月19日まで大統領を務めた。

 

 

日本でいまだ

女性首相が誕生していない。

 

女性国会議員も少ないのも現状だ。

 

 

 

まとめ。スリランカ旅行へ行く女性はスリランカ事情を知っておこう

 

スリランカ女性は、

フレンドリーで気さく。

 

男性を立ててくれる性格だ。

 

 

日本人男性好みのスリランカ女性だが、

結婚は、お見合い結婚が主流である。

 

家族がお見合い相手を決めることが

ほとんどということもあり、

恋人にするのは非常に難しい。

 

 

だが、スリランカは、

観光地として魅力的な国だ。

 

治安もそれほど悪くない。

 

だが、旅行する前には

治安を調べておくことをすすめる。

 

 

女性の一人旅なら、

ぼったくりや痴漢にも注意すべきだ。

 

また、酒好きな女性は、

気を付けなければならない事がある。

 

外国人観光客が行くような

レストランやバーでは、

女性が酒を飲んでも問題ない。

しかし地元の人しか

行かないバーでは控えるべきだ。

 

 

スリランカの事情を知ったうえで、

旅行を楽しんでほしい。

 

 

スリランカに長期滞在していたフィリピーナのセシル。

自分と同じ元神経質だったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ