スイスの女性の名前!女性参政権と女性名(セカンドネーム)、1950年代(年代の違い)と女性のあこがれ、女性差別、映画について


 

スイスという国の名前は知られている。

 

だが、ハイジのイメージが先行して、

実際のスイス人は日本で

あまり知られていないのが実情だ。

 

 

例えば、

スイスは中立国として有名だが

決して非武装の国ではない。

 

ヨーロッパでも先進的なイメージがあるが、

実は女性の参政権を認めたのはかなり最近。

 

 

スイスの女性と知り合ったときに、

勝手な先入観で接することのないように。

 

スイスの女性について、

政治や文化、性格など、

いくつかの特徴について紹介したい。

 

 

 

スイスの女性の名前…名(女性名)は?わがまま?脈ありのサインとベッドなど。スイス女性の本音

 

日本人がスイスという

国を思い浮かべると

ハイジの世界観が思い出される。

 

とにかく自然が豊かで、

平和な国といったイメージがある。

 

 

スイスは内陸国で地理的、

歴史的に使う言語が分かれている。

 

基本、日本語しか話さない日本人とは

大きく違っている文化だ。

 

 

6割ほどの人はドイツ語を使っている。

 

 

このため名詞に男女、

中立の種別がある。

 

 

面白いのは国名。

 

多くの国は男性名詞だが、

スイスは女性名詞になっている。

 

言語学とか歴史的な背景など、

いくつかの説があるが、

いまだに断定できていない。

 

 

スイスの女性の名前についても、

使われる言語によって名前が異なる。

 

 

スイスでは、ドイツ語のほかに、

フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と

4つの公用語がある。

 

日本人からすると

イメージが湧きにくい名前文化だ。

 

 

また、スイスでは、

女性のセカンドネームも含め、

公的機関で名前が妥当か決められる文化もある。

 

キラキラネームなど、

子供の利益にならないと判断されると、

拒否されて登録できない。

 

なので、スイスでは、

突飛な名前は存在しない。

 

 

もちろんスイスの女性が、

全員ハイジみたいな

幼少期を過ごしているわけではない。

 

 

スイスは男女の経済格差が少ないため、

女性もきちんと自己主張する。

 

わがままに見えるかもしれないが、

1人の人間として

自立している証拠でもある。

 

 

ヨーロッパ各国でも同じ傾向だが、

日本のような貞操観念がない。

 

脈あり、なしとか、

面倒な駆け引きは必要ない。

 

もちろん個人の性格にもよるが、

出会ったその日にベッドに、

なんてことも抵抗のない女性も多い。

 

 

 

 

 

 

スイスの女性参政権!女性差別について紹介

 

意外かもしれないが、

スイスで女性参政権が認められた年代は、

1971年とかなり最近だ。

 

ヨーロッパの他の国に比べて、

スイスは女性参政権が認められたのが

かなり遅いことになる。

 

 

ヨーロッパは世界でも

男女平等の権利が認められ、

実態も伴っているように思われがち。

 

だが、スイスでは、

女性が1950年代から参政権獲得の活動を続けて、

ようやく認められた。

 

 

スイスの民主主義は、

議会での投票でなく、

直接市民が投票する。

 

参政権が認められるには、

スイスの男性の賛成票が必要だった。

 

 

スイスは、

長く女性の憧れであった参政権が、

近代にしてようやく認められた。

 

だが、いまだに他の

ヨーロッパ諸国に比べると女性の立場は低く、

これを指摘する声もある。

 

 

スイスで女性参政権を獲得するまでを描いた

映画「Die Göttliche Ordnung(英題:The Divine Order)」

もある。

 

参政権の問題は内外で関心も高い。

 

 

女性差別とまでは言えないものの、

ヨーロッパ全体のイメージで、スイスも

女性の立場が保障されていると勘違いしてしまう。

 

 

 

まとめ。スイスは中立国なので独特の性格がある

 

スイスの女性について、

歴史や文化の一部を紹介した。

 

 

ヨーロッパの中でも、

中立国のため、独自の歴史背景がある。

 

 

4つの公用語があるなど、

かなり特殊な国だ。

 

 

女性の性格も、長く参政権が

得られなかったことからか、

自己の権利に対して思いが強い。

 

日本人から見て、

少し強すぎるように感じるだろう。

 

 

ただ、男女間の関係は、

ヨーロッパの女性らしく解放的なので、

ある意味では魅力的だ。

 

 

スイスに住みたいと常々話している夏樹。

自分と同じくシイタケがとにかく嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ