サウジアラビアの男性の性格!恋愛のアプローチ、男性の服装…衣装など男性服装(トープという服)、名前について紹介


 

中東の原油産出国として

有名なサウジアラビアだが・・・

現地の男性のことに詳しい人は少ない。

 

 

そこで今回は、

サウジアラビアの男性に注目。

 

 

・サウジアラビアの男性の性格

 

・サウジアラビアの男性の恋愛のアプローチ

 

・サウジアラビアの男性の服装

 

・サウジアラビアの男性の名前

 

について調べてみた。

 

 

 

サウジアラビアの男性の性格!恋愛や名前など

 

サウジアラビアは

イスラム教の国で、

男性中心の社会だ。

 

そのため女性は

家族以外に肌を見せてはならない

などの戒律がある。

 

 

サウジアラビアの男性の性格は、

新しいもの好きで好奇心旺盛。

 

おしゃべり好きで

甘いもの好きという、

イメージと少し違う面もある。

 

 

サウジアラビアの男性の

恋愛観は一途で紳士的。

 

女性は守るべきものという

イスラムの教えにより、

女性に対してとても親切。

 

家族思いで、

お年寄りを気遣う優しさもある

サウジアラビアの男性に好感を持つ人も多いはず。

 

 

サウジアラビアの男性の

アプローチはとてもストレート。

 

男女交際は

結婚を前提にしているので、

告白はすなわちプロポーズ。

 

 

「僕の運命の相手は君しかいない」

 

そんなストレートな

プロポーズを受けたら、

ときめく女性も多いのではないだろうか。

 

 

サウジアラビアの男性の結婚は、

お見合いも多いという。

 

親が結婚相手を紹介したり、

結婚相談所で決めたりすることもある。

 

 

自由に恋愛ができないため、

そういった方法に頼るという

面もあるのかもしれない。

 

 

サウジアラビアの

男性の名前の特徴は

3つの名前を持つというところだ。

 

サウジアラビアでは

ファーストネームだけを

言うことはほとんどない。

 

 

必ず、「〇〇の息子です」と

家族の名前を加えて名乗ることが基本だ。

 

 

1つは両親がつけてくれる自分の名前。

 

2つ目は自分の父親か母親の名前。

 

3つ目は自分の子供の名前という。

 

 

具体的にいうと、

1つめの自分の名前は

ファーストネームのこと。

 

2つ目は息子という意味の「ベント」と

「父親の名前」を組み合わせた

「〇〇(父親の名前)の息子です」という名前。

 

3つ目は父親という意味の「アブー」と

「子供の名前」を組み合わせた

「〇〇(子供の名前)の父親です」という名前。

 

 

いずれも家族との

つながりを含めて

自分を紹介している。

 

 

サウジアラビアの

特徴的な名前に関する

文化といえるだろう。

 

 

 

 

 

 

サウジアラビアの男性の服装って?服や衣装(男性服装のトープ)

 

サウジアラビアの

男性の服装の名前はトープという。

 

トープというのは真っ白な衣装で、

頭には赤か白のスカーフをつける。

 

 

サウジアラビアの

男性服装何故白いのだろう、と

気になったことはないだろうか。

 

その理由は、暑い夏を

快適に過ごすためだと言われてる。

 

 

イスラム教の

教えによるところもある。

 

 

だが、白は日光を吸収するため、

この衣装のおかげで、サウジアラビアの

夏の日差しの中でも涼しく過ごせるのだろう。

 

 

またサウジアラビアの男性は

特徴的な帽子、タギーヤをかぶっている。

 

この帽子の上から

サウジアラビアの男性は、スカーフのような

クフィーヤという被り物をかぶる。

 

そのため、タギーヤは

少し小さめの形になっている。

 

 

土地によっては

帽子だけというところや、

何もつけないところもある。

 

 

観光客でも、男女ともに

肌の露出を控えた服装をしなければならない。

 

男性でも長袖長ズボンの着用が必要。

 

旅行の際は現地のルールを

しっかりと守ることが大切だ。

 

 

 

まとめ。サウジアラビア男性の特徴について

 

・サウジアラビアの男性は明るく好奇心旺盛な性格

 

・サウジアラビアの男性のアプローチはストレート

 

・サウジアラビアの男性の服装はトープ

 

・サウジアラビアの男性は3つの名前をもつ

 

 

サウジアラビアの文化について知ると

日本との違いに驚くところもある。

 

詳しく知ることで、

サウジアラビアの魅力を

感じることができるだろう。

 

 

観光の際は、

イスラム教の国ならではの

ルールもあるので注意してほしい。

 

 

サウジアラビアで幼少時代を過ごした、和光のコマさん。

自分と同じくロボコンのファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ