シリアの女性の服装!切断(女性ジャーナリスト)と記者の死亡、性格や名前、女性部隊、アメリカ軍の女性兵士の写真など


 

不安定な状況で生活をしている

シリアの女性たち。

 

大変なのは容易に想像できるが、

日本人でシリア女性に詳しい人はほとんどいない。

 

 

例えば、シリア女性たちの服装や、

若者たちの宗教への信仰心が

変化しているとか。

 

 

美しく、たくましく

戦いを続ける女性部隊、

アメリカ軍女性兵士とは。

 

過去にあった事件なども

あわせて紹介していこう。

 

 

 

シリアの女性の服装は?わがまま?脈ありのサインとベッド…シリア女性の本音

 

シリアの女性の服装は、

イスラム教徒である人と

そうでない人とで変わってくる。

 

 

だが、イスラム教徒の人であっても、

肌を覆うためのヒシャブが

義務付けられているわけではない。

 

 

もちろん地域によって

多少の違いもある。

 

しかし、中学生くらいになると

ヒシャブをつけるかつけないかを、

家族や親族と決めてその後を過ごす。

 

 

若者の間では、

信仰はそれほど大事だと

思われていないことがある。

 

そのためヒシャブを

つけていないことも少なくない。

 

 

服装もあまり露出はしなくとも、

全身を覆わない人もいる。

 

 

そんなシリアの

女性の性格は優しく穏やかだ。

 

泣いている人をみかければ

すぐに心配の声をかけるという。

 

 

もちろん人によっては、

信仰心から見知らぬ男性と言葉を

交わさないようにしている人もいる。

 

信仰心の強い女性に

気安く話しかけると

痛い目をみるだろう。

 

 

例えばだが、ナンパで

シリアの女性に名前を気安く聞くと、

人によっては嫌な顔をされるので注意が必要だ。

 

信仰を大事に

思わなくなってきている

若者世代がいる。

 

そんな中でも、

信仰を大事にしている人が

いることも確かだ。

 

 

態度によっては

わがままに見えないこともないが、そこは

日本とは違う文化の一部だと思うしかない。

 

 

そんな女性たちから、

脈ありのサインを

感じ取るのは難しいだろう。

 

もちろんフレンドリーにしてくれる人もいるが、

基本的にイスラム教徒だ

ということは忘れてはいけない。

 

 

どんなに仲良くなっても、

無理にベッドに誘ったりすると、

軽率な男性だと判断されかねないので注意が必要だ。

 

 

 

 

 

 

シリアの女性、ジャーナリストの切断…女性ジャーナリスト(記者)が死亡?

 

シリアの女性の写真を検索すると、

多数の女性の写真がでてくる。

 

 

そのなかでも、

ひときわ目を引くのが

シリアの女性部隊の写真だ。

 

男性の兵士にも負けず、

凛とした顔立ちで銃を構える

彼女たちの顔は印象的だ。

 

 

そんな女性たちやシリアの内戦など、

多くの紛争地帯の取材をしていた

山本美香という日本人女性ジャーナリストがいた。

 

彼女は取材中に

ISの手によって殺害

されてしまった。

 

 

彼女だけではない。

 

ISは他にも

米国人ジャーナリストの首を切断し、

殺害している。

 

ジャーナリストのなかには、

拉致をされて未だに消息不明に

なっている人も多数存在するのだ。

 

 

厳しい環境のなかでも、

シリアで最前線に立って戦っている

アメリカ軍の女性兵士がいる。

 

彼女たちは、

ISによって虐げられている女性や老人、

子どものために戦っているのだ。

 

 

日本とはかけ離れた、

この紛争が起こる地域の女性は

たくましく生きているのだ。

 

その姿に、

美しさを感じるのは

自分だけではないだろう。

 

 

 

まとめ。シリア女性は危険な地域で逞しく生きている

 

シリアはいつ爆撃が起こるかも

わからないような地域から、

落ち着いてきてはいる。

 

 

しかし、テロなどに

巻き込まれる可能性が高い地域まで、

さまざまだ。

 

そんななかで

生活をする女性はたくましく、

家族思いの優しい女性が多い。

 

 

信仰心が薄れてきている

若者たちからすれば、窮屈に

感じるかもしれないイスラム教徒の教え。

 

だが、慎み深い女性だと思えば、

神秘的にすら感じてくる。

 

 

シリアの女性は

黒髪でほりが深く美人が多い。

 

瞳の色も特徴的だ。

 

一度は出会ってみたいと

思う人もいるだろう。

 

 

そんなときは宗教のことなどを

頭にいれつつ、少しずつ

距離を縮めていくのをおすすめする。

 

 

シリアを異常に恐れるリエコ。

自分と同じく「元ネガティブ」の女性(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ