タジキスタンの女性の画像!結婚や名前、眉毛やスポーツなど…わがまま?脈ありのサインとベッドについて


 

中央アジアに位置するタジキスタンは、

旧ソビエト連邦からの独立国。

 

その名残を一掃するため、

祝祭やパーティーなどを

厳格化している。

 

次々と禁止の方針が進められ、

「禁止大国」とまで言われている。

 

 

それだけに、現地女性の情報はやはり少ない。

 

 

そこで、この記事で

 

タジキスタンにいる女性がどんな顔をしていて、

どのような国民性を持ち合わせているのか

 

詳しく紹介しよう。

 

 

 

タジキスタンの女性の画像!どんな外見?

 

2014年にはワールドカップで

日本代表と対戦し、

8-0で日本が歴史的大勝を収めたタジキスタン。

 

 

タジキスタン人は

「タジク人」「ロシア人」「ウズベク人」の

民族から成っている。

 

主要民族はタジク人。

 

中にはロシア人やキルギス人、

ウズベク人の少数民族も含まれているが、

統計上はタジキスタン人として扱われる。

 

 

同じタジキスタン人でも、

タジク人とキルギス人では、

外見や性格の特徴が全く異なる。

 

タジク人はアラブ系の

濃い目の顔立ちをしている。

 

 

 

人を構うことが好きで、

よく喋るお調子者といった印象だ。

 

 

タジキスタンを訪れた日本人の体験談では、

タジク人からよく声を掛けられ、

かなり触ってくるとのこと。

 

「やめて」と声を荒げても、

タジク人はヘラヘラして

楽しんでいるという。

 

 

キルギス人はモンゴル系の顔で、

平坦で唇が薄く一重の目と、

日本人の和風な顔に近い。

 

 

その顔立ちからも見て取れるが、

控えめで物静かであり、

優しく温厚な性格だ。

 

気遣いや心配りを忘れず、

穏やかな口調で接してくれる。

 

 

タジキスタンの女性は、

眉毛がつながっていることが

美女の条件とされている。

 

眉毛の間をつなげるように

ハーブで塗り、メイクをする。

 

 

彫りの深い顔で

眉毛をつなげることにより、

オリエンタルな印象がさらに強調される。

 

 

タジキスタンはスキーや

ロッククライミングなど、

アウトドアスポーツが盛んである。

 

サッカーが特に人気。

 

国際サッカー連盟(FIFA)、

アジアサッカー連盟(AFC)に

加盟している。

 

 

タジキスタン人は

スポーツイベントが

好きな傾向にある。

 

だが、タジキスタンで

スポーツで活躍する女性有名人は、

男性ほどいない。

 

 

2017年タジキスタン政府は、

ボクシングなど

総合格闘技を行うことを禁止した。

 

こういった暴力的なスポーツは

過激派の思想を駆り立てる。

 

テロリスト予備軍となってしまうと、

危惧したからだ。

 

 

実際に、ISISの兵達は

暴力的スポーツを好んでいるという

調査結果がある。

 

この禁止令の代わりに、

国技であるグシュティンギリを

普及させることに力を入れている。

 

 

 

 

 

 

タジキスタンの女性と結婚すると?タジキスタン女性の本音

 

タジキスタンの主要民族はタジク人。

 

実は、日本人男性は

タジク人女性にモテる。

 

脈ありかどうかを判断し

ベッドに持ち込むのは、

それほど難しいことではない。

 

 

タジキスタンでは、

女性の結婚の適齢期は

16~18歳である。

 

地方では中学か高校を

卒業する時の年齢が

適齢期とされている。

 

 

ほとんどは親族の仲介により、

わがままも言えず結婚が決まるので、

恋愛結婚は少ない。

 

 

そして、特に地方では

日本のような

結婚式場というものはない。

 

花嫁の自宅の一室で誓いを交わす。

 

 

そのあと一緒に花婿の家に行き、

食事が振る舞われたり、

招待客が踊りを披露したりする。

 

 

結婚式のあと、花嫁は

「トキケリンチャック」という帽子を

40日間常に着用することが慣習となっている。

 

この40日間は夫婦で一緒に

行動することが定められている。

 

花婿・花嫁以外の異性と

二人だけになることは、

いかなる理由があっても許されない。

 

 

タジキスタンでは、

義理の家族と同居する妻が、

日常的に虐待を受けている現実がある。

 

こうした報道が日頃から

されているにも関わらず、

虐待は深刻に捉えられてはいない。

 

 

タジキスタンには、

家庭での出来事は家庭内で留めておくという

暗黙のルールが存在する。

 

虐待や暴力が

度を超えたものであっても、

このルール通りにしてしまう。

 

 

それほど、タジキスタンの

社会に深く根付いてしまっている。

 

 

この報道は国際ニュースでも

取り上げられるようになった。

 

だが、その結果

悲劇的な結末を

迎えてしまったケースも多い。

 

 

タジキスタンで

虐待や暴力が蔓延している理由は、

経済的な事情が関係している。

 

 

夫は家族の生活費のため

出稼ぎに行かざるを得ない。

 

その間、妻は夫の母親と

一緒に生活することになる。

 

そして嫁姑問題が事の発端となり、

家庭内暴力へと発展するのだ。

 

 

ちなみにタジキスタン女性の名前は、

姓の部分が「~の子」を意味する

「オヴァ」「エヴァ」で終わることが多い。

 

 

 

まとめ。日本人とは違う個性をもつタジキスタン女性

 

日本人とはあまり

馴染みのないタジキスタン人。

 

日本人にはない外見や個性を持った、

興味をそそられる民族だ。

 

 

眉毛をつなげている

女性が美女ということも、

日本人が見たら驚きである。

 

嫁姑問題は日本人も

他人事ではない。

 

 

しかし、国際ニュースにもなる

酷い虐待が日常的にあるのは、

我々には理解しきれないと言わざるを得ない。

 

 

なぜかタジキスタンに住んでみたいと語る岸科。

自分と同じく元神経質出身(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ