トルクメニスタンの女性の服装!結婚と民族衣装(女性)…わがまま?脈ありのサインとベッドについて


 

トルクメニスタンが一体どんな国なのか、

具体的に知っている日本人は少ないはず。

 

 

今回はそんなあなたのために、

トルクメニスタンという国。

 

そこに住む人、

特に女性について

詳しくみていこう。

 

 

 

トルクメニスタンの女性の服装って?特徴を紹介

 

まずは

トルクメニスタン

という国について。

 

 

トルクメニスタンは

中央アジアの南西部に位置する国で、

首都はアシガバート。

 

アフガニスタン、イラン、

ウウズベキスタン、カザフスタンに

囲まれている。

 

 

1991年にソビエト連邦から

独立した国でもある。

 

 

使用されている言語は

主にトルクメン語であり、

ロシア語を使う人も多い。

 

 

面積は約48万㎢。

 

日本が約37万㎢であるため、

日本より少し大きな国土を所有している。

 

人口は約520万人。

 

日本の約1億2,000万人に

比べると大分少ない。

 

 

日本より面積が大きく

人口は大幅に少ないので、

人口密度は比較的低いと言える。

 

 

次に、トルクメニスタンの

文化について触れていこう。

 

 

現地の人たちの民族衣装を

見たことがあるだろうか。

 

トルクメニスタンにも民族衣装はあり、

女性は「コイネク」と呼ばれる

ワンピースの形の服装をよく着ている。

 

 

カジュアルな場では、

コットンなどで作られた

比較的ラフな形のワンピースを着ている。

 

フォーマルな場になると、

硬い絹の生地を

使用したものを着用するのだ。

 

 

襟元を中心に

華やかな刺繍が

施されているのが特徴的だ。

 

 

また、男性の民族衣装は

「カルマズドン」と呼ばれる。

 

女性の民族衣装であるコイネクと同様、

襟元に刺繍が施されているものが多い。

 

 

この刺繍の柄で、

自分の部族を

見分けていると言われている。

 

 

現地は比較的気候が暑いため、

スカーフを頭に巻いている女性が多い。

 

 

 

トルクメニスタンの女性の性格や外見は?トルクメニスタン女性の本音

 

トルクメニスタンと聞くと、

現地の事情を少し知っている人からすれば、

閉鎖的な国というイメージを持つ人も少なくないはずだ。

 

 

閉鎖的と言われると、

性格も比較的保守的なのでは

ないかと想像しがち。

 

では、実際に現地の人たちの

性格や外見はどのようなものなのか。

 

 

比較的内向的な性格の人が多い日本人からすると、

海外の人は気が強かったり

わがままに見えてしまうケースもある。

 

 

だが、トルクメニスタン人は

恥ずかしがり屋ではあるが、

社交的な人も多い。

 

 

また、中央アジアと聞くと、

伝統文化が強く受け継がれていて、

発展している場所というイメージは少ない。

 

 

しかし、多くの人々が普段から

民族衣装で暮らしてはいるが、

街中に高層ビルが立ち並んでいるところもある。

 

実際に行ってみれば、

イメージと大きく違うところは

たくさんあるはずだ。

 

 

次に

トルクメニスタン人女性との

結婚を考えていく。

 

 

ただ、トルクメニスタン人は、

結構部族意識が強い。

 

自分とは違う部族の人とは

結婚しないという文化が

強く根付いている。

 

 

脈ありと感じたとしても、

結局は親が結婚相手を

決めるケースも多くある。

 

 

また、街中で未婚のカップルが

デートなどをしていると、

周囲から批判されがちな文化でもある。

 

 

結婚するまでは堂々と

デートをすることすら

難しい可能性がある。

 

ましてや一緒に

ベッドでの時間を過ごそうなんていうのは、

非現実的とも言える。

 

 

 

 

 

 

まとめ。トルクメニスタン女性について

 

いかがだっただろうか。

 

今回はトルクメニスタンという国と、

そこに住むトルクメニスタン人の

特徴などについて詳しく見てきた。

 

 

現地に一度訪れてみたいと

感じている人もいるかとは思うが、

トルクメニスタンはとても閉鎖的な国。

 

かつ独裁国家でもあり、

鎖国状態に近いものがある。

 

 

現地への入国は

非常に制限されており、

入国が叶うことは滅多にない。

 

 

万が一入国できたとしても、

常に監視される状態になる可能性が高い。

 

 

しかし現地に

住んでいる人たちの生活は

比較的豊かでもある。

 

天然ガスなどの埋蔵量が多いため、

資源が豊富にあることが要因だ。

 

 

どうしても日本に住んでいるだけでは

知り得ない情報が多い国であるだけに、

いつかその文化に触れてみたいとも自分は思っている。

 

 

なぜかトルクメニスタンの文化に詳しい多田。

自分と同じ強めのマザコン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ