トンガの女性の服装!日本人の女性はいる?わがまま?脈ありのサインとベッドについて


 

トンガという国の名前は知っているが、

実際に現地の様子について詳しくは知らない・・・

そんな日本人がほとんど。

 

 

そこで今回は、トンガという国と、そこに住むトンガ人、

特に女性について詳しく見ていこう。

 

 

 

トンガの女性の服装って?性格は?トンガ女性の本音

 

まずはトンガという国から。

 

正式名はトンガ王国。

首都はヌクアロファ。

 

オセアニアに位置する国である。

 

 

約170と

膨大な数の島から

成り立っている国家だ。

 

 

トンガの北にはサモア、

西にはフィジーが位置しており、

こちらもリゾート地として日本では知られている。

 

 

公用語はトンガ語と英語。

 

英語が話せる人にとっては

比較的滞在しやすい国だ。

 

 

面積は約748㎢。

 

日本が約37万㎢であるため、

約1/500倍ととても小さいことがわかる。

 

 

人口は約10万4,000人。

 

日本が約1億3,000万人であるので、

こちらもとても少ない。

 

 

リゾート地としても有名なトンガ。

 

トンガと言われると、

綺麗なビーチや大きなベッドが用意されている

贅沢なヴィラなどを想像する人は少なくないはずだ。

 

 

では、トンガ女性の

性格について見ていこう。

 

 

トンガ人は男性も女性も

非常にゆったりとした性格である。

 

 

一緒に仕事をする際に、

仕事を任せようとしても、

持ち前のゆったりさで仕事は進んでいく。

 

ましてや、休日に

仕事をすることなど

ほとんどない。

 

 

勤勉な人が多い日本人からすれば、

多少わがままに感じる可能性はある。

 

 

また、トンガ人と脈ありな

関係になったとして、その後は

どのような生活を送ることになるのか。

 

 

まずトンガ人の結婚式は

盛大であることが多い。

 

数百人のゲストを招いて

大々的に執り行われる。

 

 

トンガ人は両親や祖父母だけでなく、

その他の親戚なども含め、

大人数で生活をすることが多い。

 

日本のように核家族で

生活をするケースは少ない。

 

 

そして、基本的には

男性が働きにでる場合が多数で、

性別によって分業されていることが多い。

 

 

次にトンガ人の

服装について見ていく。

 

トンガにももちろん

伝統衣装はある。

 

 

女性は「キエキエ」という

布を腰に巻きつける。

 

そこに「ヴァラ」という丈の長いスカートや

「コフ」というワンピースに似た衣装を身に纏う。

 

 

 

トンガに日本人の女性はいる?

 

理由は人それぞれだが、

トンガに移住をしている

日本人女性もいる。

 

中には現地で家庭を持って

永住権を取得している人もいる。

 

 

彼女たちは現地で

さまざまな活動をしている。

 

現地でビジネスをしたり、

衛生面で現地の生活に貢献する人など、

それぞれの生活基盤を築いている。

 

 

リゾート地として有名な土地であるため、

現地への移住を希望している人は

いるだろうが、移住には条件がある。

 

 

ビザの種類は、

商用ビザ、就労ビザ、

学生ビザ、移住ビザなど。

 

 

それぞれの手続きは

トンガ大使館で行うことができる。

 

 

トンガの治安は比較的良好。

 

首都のヌクアロファでは

軽犯罪が起こることもある。

 

だが、最低限身を守る対策を実施しておけば、

よほどの事態に巻き込まれるケースは少ない。

 

 

現地の物価は日本とほぼ同等。

 

日本で問題なく生活が送れているのであれば、

現地の物価の高さに困るということはないはず。

 

 

 

 

 

 

まとめ。トンガ女性について

 

いかがだっただろうか。

 

今回はトンガという国と、

そこに住むトンガ人について

詳しく見てきた。

 

 

リゾート地への憧れから

現地へ滞在したいと考える人は多い。

 

 

現地では英語も通じるし、

物価が高すぎるということも少ないので、

比較的訪れやすい国の一つであると言える。

 

 

しかし、仕事もバリバリやるたい女性は、

男女で分業されているケースが多いため、

やりにくさを感じてしまう可能性はある。

 

 

だが比較的治安が良いことと、

ゆったりとした時間を過ごせるのは、

現地の最大の魅力の一つ。

 

海に囲まれた島が集まる国でもあるため、

海に身近に感じながら

生活を送ることもできる。

 

 

オセアニアの国に興味がある人は、

一度トンガ滞在を

検討に入れてみてはどうだろうか。

 

 

トンガの文化をいろいろ教えてくれたユキさん。

自分と同じく、満員電車や待つことが心の底から嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ