トルクメニスタン人の英語って?画像と人口(トルクメニスタン人口)を紹介…顔は美人?や名前、日本のビザなど


 

中央アジアに位置し、

カラクム砂漠が国土の85%を占める国、

トルクメニスタン。

 

さすがに、日本人で現地のトルクメニスタン人に詳しい人は少ない。

 

 

そこで、中央アジアの北朝鮮ともいわれる

謎に包まれたトルクメニスタンについて

 

・トルクメニスタン人に英語は通じるのか

 

・トルクメニスタンの人口

 

・トルクメニスタンは美人なのか

 

・トルクメニスタンの名前の特徴

 

・トルクメニスタンへの日本のビザ

 

について調べた。

 

 

 

トルクメニスタン人の英語は?画像も紹介…キスなどのスキンシップや愛情表現。しつこい?嘘つき?

 

トルクメニスタンで有名なものといえば、

トルクメニスタン人がつくる織物、

トルクメン絨毯だろう。

 

 

伝統的に作られている手製の絨毯で、

世界的に輸出されている名産品だ。

 

トルクメニスタンの国旗にも

トルクメン絨毯の模様が入っている。

 

それくらい、

トルクメニスタン人にとって

トルクメン絨毯は大切なものである。

 

 

もう一つあげるとすれば、

トルクメニスタン人は

美人が多いことで有名だ。

 

トルクメニスタンは昔から

西はイランやトルコ、東は中国、

北はロシアから様々な民族が行きかっていた。

 

その結果混血が進み、

美女が多くなったと言われている。

 

 

そのため、トルクメニスタン人の顔は

トルコ人やロシア人など

さまざまな民族に似ている。

 

 

トルクメニスタン人の

画像はこんな感じ。

 

https://parstoday.com/ja/radio/programs-i19993

 

 

トルクメニスタン人女性には

エキゾチックな魅力がある。

 

トルクメニスタン美人を外に出したくないのか、

少し前まで外国人がトルクメニスタン人と結婚する場合、

5万ドルの税金がかけられていた。

 

国際結婚するために

税金がかけられるのは

少し不思議な気がする。

 

 

美しいトルクメニスタン女性と

結婚したいと考える人もいるだろう。

 

 

しかし、トルクメニスタン人と

外国人が結婚することは

かなりハードルが高い。

 

 

そもそもトルクメニスタン人は、

結婚において、同じ部族や

同じ民族同士であることを大切にする。

 

トルクメニスタン人同士でも

部族や民族が違うと

結婚できないこともある。

 

 

国自体も、

外国人との結婚に

好意的でない。

 

 

結婚相手の国に行く

出国許可がでないなど、

妨害を受けることさえあるようだ。

 

 

国の宝である

美しいトルクメニスタン人を

大切にしているのかもしれない。

 

だが、結婚の自由が

あまりない国だという印象を受ける。

 

 

トルクメニスタン人の

公用語はトルクメン語。

 

トルクメン人は

トルクメン語で会話することが多い。

 

旧ソ連時代の名残で

ロシア語も通じる。

 

都市部に住んでいる人は、

ロシア語しか話せないひともいる。

 

 

おそらく英語は

あまり通じないものと思われる。

 

 

旧ソ連時代にロシア語が使われていた名残で、

トルクメニスタン人の名前にも

ロシア語風の姓名が多くみられるのが特徴だろう。

 

 

 

トルクメニスタン人と海外生活を楽しむための

オンライン収入構築法とは?

 

 

トルクメニスタン人口!トルクメニスタンの人口、密度やピラミッドなど

 

ここで少し

トルクメニスタンという国について

データから見てみよう。

 

 

基本的なデータから見てみる。

 

トルクメニスタンの

人口面積は人口が520万人(2012年)、

国土面積は48.8万km2。

 

 

日本に例えてみると、

人口は北海道とおなじくらいで、

面積は北海道の約半分ほどだ。

 

 

そして人口密度は10人/km2.で、

人口密度は低い。

 

 

トルクメニスタンの

人口ピラミッドは星型で、

都市型ともいえる形をしている。

 

 

労働人口の割合も

年少人口の割合も多く、

若者や働き手が多い国であるといえる。

 

 

トルクメニスタンは、

世界を旅する人々にとって

一度は行ってみたい国としてもあげられる。

 

しかしトルクメニスタンは

年間6,000人しか

外国人が入国できない制限がある。

 

そのため、簡単に行くことはできない。

 

 

日本人がトルクメニスタンに行くには、

トルクメニスタンの入国管理局から出された

招待状が必要になる。

 

この招待状がないと、

そもそもビザを発給してもらえないのだ。

 

 

招待状を手に入れるには、

トルクメニスタンの入国管理局に

申請が必要だ。

 

しかし、どういう基準で

申請が許可されるかなどの

詳細は分かっていない。

 

 

反対に、トルクメニスタン人が

日本を訪れたい場合は、

短期滞在ビザで入国が可能。

 

だが、トルクメニスタンの出国許可が必要で、

この許可がすぐにおりるのかは不明だ。

 

 

トルクメニスタンへ行ったことがある人は、

トルクメニスタンに着いても、

常に監視されているような雰囲気だったと言う。

 

外国人だから監視されているのではなく、

国民も同じような扱いを受けているようだ。

 

 

トルクメニスタンは

「世界で最も孤立した圧政国家のひとつ」

とも呼ばれている。

 

 

トルクメニスタンの

ベルディブハメドフ大統領が独裁を古い、

人々の暮らしは全てコントロールされているとも言う。

 

トルクメニスタンの情報は

厳しくコントロールされていて、

外からトルクメニスタンの実情を知ることは難しい。

 

 

それゆえトルクメニスタンの

実態は不明な点が多い。

 

中央アジアの北朝鮮と呼ばれる

理由が分かるだろう。

 

 

しかし、トルクメニスタン人の

人権が侵害されていることについて、

諸外国からの批判や注目は見受けられない。

 

 

それは、トルクメニスタンの所有する

豊富な天然ガスや石油が理由だ。

 

どの国もトルクメニスタン政府と

良好な関係を築き、資源へのアクセスや

インフラ整備事業への参入を狙っているのだ。

 

 

日本政府も同じく、

日本企業のさらなる進出のための

協定を結んでいる。

 

 

トルクメニスタン人の人権が

侵害されている問題については、

利害関係のない第三者の力が必要なのかもしれない。

 

 

 

まとめ。トルクメニスタン人の特徴

 

・トルクメニスタン人に英語は通じない。

トルクメン語又またはロシア語が通じる。

 

・トルクメニスタンの人口は520万人

 

・トルクメニスタンは美人が多い

 

・トルクメニスタンの名前の特徴は、

旧ソ連時代の名残で、

ロシア語風の姓名がある

 

・トルクメニスタンへの日本のビザは

トルクメニスタンの入国管理局からの招待状が必要

 

 

調べてみても

なかなか情報が得られない。

 

トルクメニスタンは、

本当に謎に包まれた国である

ということを実感した。

 

 

トルクメニスタンに興味が沸いた人は、

かなり高いハードルではあるが、

トルクメニスタンへの旅行に挑戦してみてほしい。

 

 

 

トルクメニスタンへの渡航を計画していたが、コロナでおじゃんになった木本。

自分と同じくフィリピンに下見なしでバコンと移住した男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ