ウガンダの女性の名前は?女性差別と女性教育、コーヒーと美人の服装、女性議員やバッグなど…わがまま?脈ありのサインとベッドについて


 

ウガンダという国の名前は知っていても、

この国の文化や特徴を詳しく知る人は少ない。

 

そんなあなたのために、

今回はウガンダという国やウガンダ人の特徴、

主に女性についてみていこう。

 

 

 

ウガンダの女性は美人?性格は?ウガンダ女性の本音

 

まずはウガンダという国について。

 

正式名はウガンダ共和国。

首都はカンパラ。

 

 

アフリカの東部に位置し、

ケニア、タンザニア、ルワンダ、コンゴ、

南スーダンに囲まれたな内陸国である。

 

 

公用語は英語とスワヒリ語。

 

面積は約24万㎢。

 

日本に比べると小さな国で、

本州ほどの大きさ。

 

人口は約4,000万人。

 

 

以前は内戦が続く国であったが、

現在は復興が進んでいる。

 

 

治安の悪さを

心配する人もいるはずだが、

実際現地の治安は比較的良好である。

 

アフリカを

訪れたいと思っている人は、

ウガンダという国はおすすめだ。

 

 

次に、

ウガンダ人男性、

女性の名前について。

 

 

ウガンダ人の名前は

実に特徴的だ。

 

 

彼らは性と名の他に

クランと呼ばれる

名前を持っている。

 

 

クランは彼らが

所属している一族を表す。

 

クランが同じ人は

いわゆる親戚扱いとなる。

 

 

例外を除いて、

クランが同じ人同士で

結婚はできない。

 

 

また、ウガンダと言われると

コーヒーが思い浮かぶ人は

少なくないはずだ。

 

ウガンダでは女性が

コーヒー農家に

従事しているケースも多い。

 

 

そして、ウガンダは、

女性議員の割合が

比較的多い国でもある。

 

実に全議員の中の

約34.9%を占めている。

 

日本が約14.4%であるため、

2倍以上の割合だ。

 

 

これを聞くと、

ウガンダでの女性の権利が

十分保障されていそうに聞こえる。

 

だが、実際はウガンダ北部に住む

障害を持つ女性たちは、

女性差別の対象となっているという実態もある。

 

 

加えて、ウガンダの女性は

比較的早い時期から

結婚をして家庭を持つ人が多い。

 

そのためウガンダでは

十分な女性教育を施すことができない

という問題も抱えている。

 

 

また、ウガンダ人の性格は

比較的明るくて社交的な人が多いが、

のんびりした人もたくさんいる。

 

時間に対しての認識も

ゆったりしている。

 

 

そういった面は

時間に厳しい人が多い日本人から見ると、

時にはわがままに見えてしまう可能性もある。

 

 

加えてウガンダは

一夫多妻の婚姻率が高い。

 

 

気になる相手から

脈ありのサインを見つけて、

ベッドを共にする関係になった。

 

しかし実は相手には

他にも想いを寄せる人が

いる可能性はある。

 

 

そして、ウガンダには

美人がたくさんいる。

 

力強くて独特な雰囲気を

醸し出す彼女たちは

とても魅力的だ。

 

 

 

ウガンダの女性の服装は?

 

ウガンダにも代表的な

民族衣装がいくつかある。

 

 

ウガンダ中央部にある

ガンダという民族は

「ゴメス」という民族衣装を纏っている。

 

柄が入った裾の長い

ワンピースが特徴的な服装だ。

 

 

ウガンダには

キリスト教の信者も多い。

 

日曜になると正装で

ミサに行く人がたくさんいる。

 

 

しかし、一般的には

日本と同じようにTシャツやジーンズを

履いている人もたくさんいる。

 

 

反ポルノ法により

ミニスカートが規制されているので、

スカートは、膝下より長いものを履いている。

 

短い丈のスカートを

履く人はほとんどいない。

 

 

また、ウガンダでは

女性向けバッグを中心に展開している

ブランドの直営工場がある。

 

そこでは、ウガンダ人の

女性たちが中心に働いている。

 

作られているバッグは、

カラフルな生地でとてもおしゃれだ。

 

 

 

 

 

 

まとめ。ウガンダの女性について

 

いかがだっただろうか。

 

今回はウガンダという国と、

そこに住むウガンダ人について

詳しく見てきた。

 

 

ウガンダは隣接している

ケニアやタンザニアに劣ることない、

豊かな自然を保有している国だ。

 

ナイル川の源流である

ヴィクトリア湖なども、

この国に位置している。

 

 

サバンナなどの国立公園も複数あるため、

自然や動物と触れ合いたい人にとって

魅力的な国に違いない。

 

 

また、都市部は

近年の発達度合いがものすごい。

 

高層ビルや商業施設が

どんどん増えていっている。

 

 

想像しているほど

現地の滞在は不便に

感じることはないはずだ。

 

 

そして現地に住む人々は

明るく人懐っこい上、

治安も比較的良い国。

 

 

もちろんひったくりなどが

全く起きないわけではない。

 

だが、最低限の準備を施しておけば、

有意義な時間を過ごすことができる。

 

 

アフリカ滞在を考えている人は、

ウガンダを検討に

入れて見てはどうだろうか。

 

 

ウガンダになぜか不思議な興味を寄せる、乙部。

自分と同様、やはり人よりも自然が好きなロマンチスト(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ