ベネズエラは女性も危険?名前や性格、女性管理職や女性被害、特徴と結婚…歌手のスタイルは?わがまま?脈ありのサインとベッドなど


 

ベネズエラと日本は

原料の輸入、自動車の輸出で重要な関係国。

 

だが、日本にゆかりが深いわけではないので、

現地の女性について知る機会が少ない。

 

 

また、あまり知られていないが、

アジア人を好意的に見ていない。

 

特に中国人に対しては

差別的な思想を持っている人も多い。

 

 

ここでは

ベネズエラの女性にしぼって、

その性格や文化、考え方などを伝える。

 

 

 

ベネズエラの女性の性格って?ベネズエラ女性の本音

 

ベネズエラは野球で知られている。

 

日本やメジャーのリーグに

多くの選手が在籍。

 

日本では、

ベイスターズの監督、

ラミレスは特に知られている。

 

 

ベネズエラの女性というと、

ミスユニバースでの優勝者が多く、

美人の国という印象がある。

 

 

その他は、残念ながら治安の悪い国、

経済的に困窮しているなど、

あまりよくないイメージが先行してしまう。

 

 

ベネズエラの

女性の特徴としては、

なんといっても美人が多いこと。

 

 

ベネズエラは、

移民が行き来してきた時代背景から、

色んな民族の血が混ざっている。

 

各民族の良いとこ取りをした

美人が多いのだ。

 

 

なので、女性だけでなく、

男性もコンテスト入賞の

常連でもある。

 

 

そんな美しいベネズエラの女性だが、

結婚については、日本とはかなり

違った考え方を持っている。

 

 

ベネズエラの女性は、

スタイルも良く、美意識も高い。

 

そのせいか、相手の男性にも

ある程度見た目を期待するので、

身なりに気を遣わない男性は好まれない。

 

 

性格については南米らしく、

とにかく陽気で、

細かいことは気にしない。

 

また、自分の気持ちに素直なため、

喜怒哀楽がはっきりしている。

 

 

日本人のように、ある程度

感情を我慢することはないので、

わがままと感じることが多いはずだ。

 

 

男女の関係に関しては、

かなりオープン。

 

脈あり、脈なしと考えるのが

馬鹿らしくなるくらい

積極的な女性もいる。

 

 

お付き合いをしていても、

他の男性とベッドを共にすることも

あるかもしれないので覚悟しておいた方が良い。

 

 

ベネズエラ女性の本音としては、

「今を楽しむ」のが大切。

 

 

自分の感情の赴くままに行動するので、

日本らしさをもった男性では

手に負えないことになる。

 

 

 

ベネズエラの女性の名前の特徴は?

 

日本人にとって、

ベネズエラはなじみが薄いので、

詳しいことを知る機会は少ない。

 

 

例えば音楽一つをとっても、

ベネズエラの女性の歌手で

思い出せる人はほとんどいないだろう。

 

 

わりと知られているのは

セシリア・トッド。

 

クワトロという

南米の4弦の楽器を

演奏するシンガーだ。

 

国民的な歌手なので、

興味があれば調べてみてほしい。

 

 

また、隣国のコロンビアは、

女性の社会進出がめざましく、

女性の管理職割合が5割を超える。

 

ベネズエラでも、

女性管理職の割合は

3割を超えている。

 

日本が5%~6%とも

言われているので、

社会的には進んでいる。

 

 

文化の特徴の一つとして

多様性もある。

 

 

ベネズエラは移民が多く、

先住民族も相当数存在する。

 

公用語はスペイン語になっているが、

先住民族ごとの言語の使用も推奨している。

 

 

人の名前も、

表に出てこないだけで、

かなり多様だ。

 

 

ベネズエラの女性の有名人を検索すると、

スペイン語圏のわりに、ひと目で

スペイン語っぽい名前と分かることが少ない。

 

 

ベネズエラの女性にとっては、

色んな民族がいる社会が普通で、日本のように

少ない民族の社会は不思議に感じるだろう。

 

 

 

 

 

 

ベネズエラは女性も危険?

 

ベネズエラの治安の悪さは、

世界でも有名だ。

 

 

一部に悪い人が

いるというレベルではなく、

生活に困窮していることが普通。

 

すべての一般人が

人のものを奪うことが

特別ではない。

 

 

ベネズエラでは、

女性被害も深刻になっている。

 

金品を奪うだけでなく、

性的な被害もあるため、

女性が1人で訪れるような国ではない。

 

 

日本にいると分かりづらいが、

危険の度合いは、金品を奪われるとか

怪我をするレベルではなく、完全に命に関わる。

 

 

政府の注意点にも

「強盗に遭っても抵抗してはいけない」

とある。

 

 

抵抗すれば即

命を落とすということだ。

 

 

タブーな行為はたくさんあるが、

わかりやすいのは、

「歩いて行動すること」だ。

 

旅行者が歩いて移動していれば、

即座にターゲットにされて、

恐喝や強盗の被害に遭う。

 

 

そもそも、日本のように

悪いことをしたら取り締まってくれる警察、

助けてくれる人道的な考えは無い。

 

無法地帯に

足を踏み入れているのと

同じと思うべきだ。

 

 

 

まとめ。ベネズエラの女性について

 

ベネズエラの女性の魅力を伝えたかったが、

国としては崩壊寸前で、

どうしてもその無法ぶりが目立ってしまう。

 

 

現地や周辺国の人からすれば、

外国人のバックパッカーなどが、

ベネズエラを訪れることが不思議で仕方ないという。

 

たしかに、わざわざ危険を冒してまで

行きたいかといわれたら、

絶対に無理と思ってしまう。

 

 

そんな治安の悪さが

目立つベネズエラだが、

女性は美人が多くて魅力的だ。

 

 

本国を訪れるのは遠慮するが、

日本に来ていただく分には歓迎したい。

 

 

カラカスで危険な動画を撮っていたyoutuberのミキ。

自分と同様、霊感もないのに輪廻転生について疑わない男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ