ベネズエラの男性はイケメン?平均身長や恋愛のアプローチ、性格を紹介


 

ベネズエラといえば、

美女の多い国でも有名だが・・・

 

男性にもイケメンが多いことは

あまり知られていない。

 

 

2019年に行われた、

サッカーキリンチャレンジカップ。

 

日本 vs ベネズエラの

試合を見ていたが、

イケメン選手が目立っていた。

 

 

ここでは、

ベネズエラの男性の

性格や特徴。

 

恋愛や国の内情まで

幅広く、お伝えする。

 

 

 

ベネズエラの男性、外見はどう?

 

南アメリカ北部に

位置するベネズエラ。

 

ガイアナ、コロンビア、

ブラジルに囲まれた国で、

首都はカラカス。

 

 

公用語はスペイン語。

 

 

ベネズエラの男性は、なんと

イケメンランキング1位。

 

ミスターインターナショナルでの

優勝者も多い。

 

 

ちなみに、近ごろ人気急上昇の

ジャニーズ「Snow Man」のラウールは、

10代イケメンランキング2位。

 

日本人の母と、

ベネズエラ人の父をもつハーフだ。

 

 

彼の身長は185cm。

 

うわさによると、

ベネズエラ人の父の身長は、

190cm近くあるという。

 

 

さぞかしベネズエラの男性は

背が高いのかと思うが、

意外にも平均身長は169cmと低め。

 

ちなみに、日本人男性の

平均は171cmだ。

 

 

外見は、彫りが深くて甘い、

濃い南米の特徴的な顔。

 

横浜DeNA

アレックス・ラミレス新監督の顔を

思い出してほしい。

 

 

そして、日本人との違いは、

人種が多様だということ。

 

 

人口の半分は、

ヨーロッパ系移民、アフリカ人、

アメリカ先住民からなるメスチーゾ。

 

残りがアラブ人、黒人系だ。

 

 

いろんな国の、

さまざまなに異なる遺伝子が混ざり合って、

美男美女が生まれたのだろう。

 

 

 

 

 

 

ベネズエラの男性の性格の特徴って?

 

ベネズエラの男性の性格は、

基本的にラテン気質だ。

 

明るくてにぎやかでオープン。

 

物怖じしない。

 

 

ベネズエラ人の夕食は、

午後9時近くから始まり、夜おそくまで、

仲間とワイワイするのが好きだ。

 

 

お金に対しては、

どんぶり勘定なところがある。

 

日本では正しい金額で

買い物をするのがあたりまえだ。

 

 

しかし、ベネズエラでは、

例えば1,290円だったら1,300円出してもいいし、

1,301円だったら1,300円でも構わない。

 

 

時間の感覚もアバウト。

 

バスや電車も時間通りにこないので、

仕事に遅れるのも日常茶飯事だ。

 

 

ベネズエラの男性は、

レディファーストで、

女性にやさしい。

 

店に入るときも、

エレベーターものるときも、

「お先に、どうぞ。」と紳士的である。

 

 

しかし、彼らにとっては、

キスやハグ、ボディータッチは

挨拶として当たり前。

 

ナンパも日常茶飯事だ。

 

 

日本人の女性に対しても、

積極的に声をかけて、

アプローチしてくる。

 

 

恋愛の形として、

日本人との違いは、

男女関係がかなりゆるいことだ。

 

 

ただの友達でも、

かなり親密。

 

焼きもきさせられることが

多いだろう。

 

 

もしベネズエラの男性と本気で恋愛するなら、

遊びなのか本気なのか、

きちんと見極めたほうがよさそうだ。

 

 

自由な恋愛を楽しむ一方で、

ベネズエラでは、

低年齢での妊娠が多い。

 

ほかの南米の国と比べてみても、

高い傾向にある。

 

 

10代半ばといえば、

まだ中学生。

 

低年齢での妊娠・出産は、

身体的、精神的にも負担が大きく、

社会的な問題となっている。

 

 

タブーとされていた子供たちへの

性教育や道徳も、ベネズエラ教育問題点として

向き合うべきである。

 

 

 

まとめ。ベネズエラの男性について

 

近年のベネズエラの経済は

かなり悪化している。

 

食料や薬が不足し、

医療は破綻している。

 

 

そのため奪略、犯罪が

横行しているのが現状だ。

 

 

ベネズエラの人々は明るくて、

自由な人が多いが、

東洋人に対する差別もみられる。

 

言葉、文化、環境の違いは、

いろいろと問題もおきやすい。

 

 

それでも、その違いを受け入れて理解し、

相手を尊重できれば

国を超えた恋愛は可能だろう。

 

 

ベネズエラを放浪していた怖いもの知らずの藤田。

それでも、自分と同じくゴキブリが嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ