シンガポールに移住、子連れで失敗?条件や50歳の仕事、メリットをブログで紹介!投資家や芸能人、税金など費用…移住するには?デメリットと後悔


最近日本で注目を集めているのが、

シンガポールへの移住。

 

テレビでも取り上げられることがあるが、

メリットとデメリットにはどんなものがあるのか

イマイチ見えてこない。

 

 

そこでこの記事では、

移住に必要な費用や条件など、

移住を後悔しないために何をするべきかをみていこう。

 

 

 

シンガポールに移住するには?条件を紹介

 

日本人がシンガポールへ移住するには

どうすればいいのだろうか。

 

 

まず、短期の移住なのか

永住するのかで条件は変わってくる。

 

 

なかでもシンガポールの永住権は、

シンガポール人の配偶者がいるなどの条件がある。

 

それらの条件にひとつでも当てはまると

申請することが可能となので、

申請の難易度は必ずしも高くはない。

 

 

条件のなかには

就労ビザを保持しているという項目があるので、

ビザさえあれば申請は可能だ。

 

 

ただし、この条件に当てはまるから

永住権がすんなりもらえるというわけではない。

 

 

就労ビザで永住権を申請した人の多くが、

大学院卒だったりと難易度は高いので

注意しなければいけないのだ。

 

 

他にも永住権の注意点としては

選挙権がなかったり国籍取得を期待されるなど。

 

 

永住権の申請そのものは

条件にひとつでも当てはまれば可能なので、

トライしてみるといい。

 

 

 

シンガポールに移住するメリットは税金?費用と失敗

 

では、シンガポールに移住する

メリットとデメリットはなんなのか。

 

 

メリットとして大きいのは

なんといっても税金の安さだ。

 

 

タックスヘイブンとしても

有名なシンガポール。

 

日本やアメリカなどと比べて、

税率はとても安いのだ。

 

 

例として所得税でいえば、

最高税率は20%と日本の税率の半分程度。

 

他の税金、例えば住民税や贈与税といった

日本ではポピュラーな税金もシンガポールではない。

 

株などへの課税もないので、

少しでも納税額を減らしたいならうってつけだ。

 

 

一方、東南アジア諸国は

物価が安いという先入観があるが、

シンガポールの物価は日本とあまり変わらない。

 

東京と同じくらいで、

下手すれば東京よりも

費用がかかることもあるのだ。

 

 

物価が安いと思って

シンガポールに移住すると失敗するので、

この部分は注意しなければいけない。

 

 

 

シンガポールに移住しても尽きない

安定収入を得る方法とは?

 

 

シンガポールに移住、仕事は?子連れも大丈夫?

 

シンガポールへの移住は女性でも多いが、

子連れでも大丈夫なのか。

 

 

結論からいえば、

シンガポールへの子連れ移住も大丈夫だ。

 

 

シンガポールには

日本人向けの幼稚園もあれば、

現地のローカルな幼稚園もある。

 

費用はローカルな幼稚園のほうが安くなるが、

子供を預けることができるので、

仕事をしていても問題はない。

 

 

では、海外へ移住したときの仕事は

シンガポールではどんなものがあるのか。

 

 

ひとつは駐在員として

シンガポールに赴任するもので、

ふたつめのパターンは現地企業に就職するもの。

 

あとは自ら起業するパターンだ。

 

 

現地で働くためには就労ビザが必要になるが、

この就労ビザは学歴がいいほど

取得しやすいので確認しておこう。

 

 

また、老後の移住で問題になるのは資金。

 

 

過不足なく老後の生活をするには

1億円以上必要と

日本よりハードルが高くなる。

 

 

リタイア後の移住を考えているのであれば、

資金面でクリアできることを

確認してからでないとダメなのだ。

 

 

 

シンガポールに移住した投資家や芸能人!ブログも紹介

 

日本人のシンガポールへの移住者は

一般人だけではなく、

有名人にも多いのが特徴だ。

 

 

シンガポールに在住の日本人が

繁華街などで日本の芸能人を

目撃することもしばしばある。

 

そして、そのような目撃情報は

すぐにネットに拡散されるのだ。

 

 

シンガポールへ移住した有名人でいえば、

一時的なものだったが、

元フジテレビアナウンサーの結婚後移住。

 

他にも女性歌手やタレントが

シンガポールに移住していたこともあった。

 

倒産危機で話題にもなった投資家が

シンガポールへ移住していたことも

日本のメディアで話題となった。

 

 

このように日本人の有名人にも

移住者が多いシンガポールだが、

現地での実際の生活はどうなのか。

 

 

これはブログで確認するのが一番だ。

 

 

なかでも「シンガポール駐在員ブログ」では

シンガポールでの暮らしに

役立つ情報が掲載されている。

 

移住を考えている人にはおすすめだ。

 

予め情報を仕入れておくと、いいことが多い。

 

シンガポール駐在員ブログ

 

 

 

まとめ…永住権取得にはハードルもある。物価は安くはないので注意

 

シンガポールへ移住で

ハードルとなるのは永住権だ。

 

 

また、税金は安いが物価は高いので、

生活費は日本並にかかる可能性がある。

 

 

一方で有名人も移住していたり、

子連れでも移住は可能だ。

 

条件さえクリアしているのであれば

シンガポールへの移住も考えてみてほしい。

 

 

 

シンガポールで美容師をする慎太郎。

自分と同じゴキブリ嫌いとして有名(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ