人付き合いが面倒…更年期のせい?40代は人と関わりたくない、友達がめんどくさい、面倒になった。50代で人付き合いが苦手?


 

40代を迎えて、

急に人付き合いが面倒だと

感じる人が出てくる。

 

人付き合いを面倒だと感じる原因が

更年期にあったとしたら、

それを少しでも解消したい。

 

 

これからいずれ訪れる老後の生活を

楽しく送りたいと願うのは当たり前の感情。

 

そこで今回は更年期を迎え始める40代に焦点を当て、

人付き合いが面倒だと感じてしまう原因、

そういった場合の対処法について考えていく。

 

 

誰しもが訪れる更年期は、

身体的な苦痛を感じる人と同様に、

精神面でも辛い思いをする。

 

更年期が原因で人付き合いが面倒くさくなった結果、

孤独を感じてしまうようになってしまったら、

更年期の症状が緩和しても楽しみが見出せなくなってしまう。

 

 

そうならないためにも、

更年期の症状についてきちんと理解をし、

とるべき対策をしっかりとれるようにしておこう。

 

 

 

40代で人付き合いが面倒、更年期のせい?友達など人付き合いがめんどくさい(面倒臭い)、苦痛…

 

30代くらいまでは、

友達とランチに行ったり、遊びに行ったり、

初めて会う人とでも話がはずんだり。

 

それなりに人付き合いを楽しめていたはずなのに、

更年期に差し掛かる40代に突入すると、

だんだん人付き合いが面倒に感じ始める人が少なくない。

 

 

更年期の症状の現れ方は人それぞれだ。

 

話に聞くほど辛さを感じなかったという人もいれば、

症状が辛すぎて日常生活にまで

支障をきたしてしまう人もいる。

 

 

身体的に現れる症状も人それぞれで、

挙げだすとキリがない。

 

発汗、冷え、のぼせ、ほてり、

めまい、頭痛、耳鳴り、動機、不眠、

肩こり、腰痛、皮膚のかゆみ、湿疹など。

 

まだまだ他にもたくさんある。

 

 

更年期とは、

一般的に45歳〜55歳とおよそ10年間。

 

長い間、上に挙げた症状と戦う必要があり、

「更年期障害」とも呼ばれている。

 

 

ホルモンバランスが

乱れることが原因だが、

考えただけでも辛い期間である。

 

他人のことに気を配れる余裕を持てなくなって、

イライラを感じてしまう人が多いのだ。

 

 

そのせいでどうしても人付き合いを

面倒だと感じたり、

苦痛と捉えてしまいがちになる。

 

 

 

40代や50代で人付き合いが苦手…面倒で寂しいけれどめんどくさい人付き合い。人と関わりたくない、面倒くさい

 

更年期障害が原因で、人付き合いが苦手、

もしくは面倒と感じてしまうのは

仕方がないということを話してきた。

 

 

人と関わりたくないと感じてしまうのには、

きちんとした理由が存在するのだ。

 

 

だからといって

そのままで良いかというと、

そうではない。

 

 

人付き合いが希薄になることに不安を感じたり、

寂しいと思ってしまう人が

たくさんいるのも事実なのだ。

 

 

ここでは人付き合いの面倒くささを

少しでも解消する対策を紹介する。

 

 

 

今話している相手との関係はこれから先長く続くのか?

 

会社勤めをしていると、

毎日のように、人付き合いをする必要がある。

 

 

子供がいる場合は、

学校の先生や子供の友達の保護者等、

子供を通してさまざまな人との交流がある。

 

 

更年期障害に苦しんでいる人にとって、

絶え間なく人との交流を強いられる生活は辛いものだ。

 

 

しかし、よく考えてみてほしい。

 

 

今、目の前にいる人は、

今後も長く親密な関係を

築いていく人なのだろうか。

 

必ずしも全員がそうではないだろうし、

むしろそんな関係を築いていく人は

少数であることが多い。

 

 

心あたりがある場合は、

交友関係を少し見直して、

快適な生活環境を手に入れる必要がある。

 

 

誰にでも愛想を振りまく必要はない。

 

 

会社の同僚や子供を通じた知り合いは、

支障のない程度に

力を抜いて付き合っていけば良い。

 

 

今後も良い関係を続けたいと思う人とだけ、

親密な付き合いを心がけていけば良いのだ。

 

 

 

ひとりの時間を大切にして、自分を癒してあげられることをする

 

毎日会社やさまざま場所で人付き合いを頑張って、

更年期障害にも耐え続けているのだから、

自分にご褒美をあげよう。

 

 

自宅でゆっくりしたり、旅行にいってみたり、

なるべく自分ひとりだけで

過ごせるようなことをすると良い。

 

 

自分を癒して活力を得ないことには、

人と付き合っていても

気持ちが擦り切れていく一方だ。

 

 

大事な人と交流を持つ時間、

自分ひとりで癒される時間、

両方のバランスをうまくとっていこう。

 

 

 

人付き合いが面倒でも

自宅で完結した安定収入を得るには?

 

 

人付き合いが面倒で苦手…恋愛が急に面倒になったら

 

更年期を迎える年齢に差し掛かると、

バリバリ働いていた頃とは違い、

時間に少しゆとりが出てくることもある。

 

好きな人やパートナーとの

ゆったりとした時間を夢見たり、

新しい恋愛を求める人もいるはずだ。

 

 

ただ更年期を迎えると、

恋愛をすることが面倒だと

感じ始める人もいる。

 

 

理由は、更年期障害の症状に伴って、

人付き合いが面倒に感じてしまうからだ。

 

 

ただ、恋愛すらも面倒になってしまうのは

少しもったいないと自分は考えている。

 

 

恋愛をして、

パートナーと良好な関係を築いている人は、

更年期障害の症状が緩和されやすいという例もある。

 

 

恋愛もして、

更年期障害も乗り越えることができるなんて、

良いこと尽くめではないか。

 

 

この場合は相手との

程よい距離を見つけることが大事になる。

 

安定して長く付き合っていくために、

お互いが心地よいと思える関係性を保つのだ。

 

 

2人が居心地の悪さを感じてしまうのなら、

なにもいつも一緒に過ごす必要はない。

 

ちょうど良いと思える頻度で、

心地よいと思える会話や

スキンシップを楽しめば良い。

 

 

恋愛は自分と相手で

関係性を築き上げるものだ。

 

他の誰を気にするわけではなく、

お互いのことだけを思って、

一番良いと思える関係性を探しあってほしい。

 

 

 

まとめ

 

いかがだっただろうか。

 

 

今回は更年期によって

人付き合いが面倒に感じてしまう原因や、

その対策について考えてきた。

 

 

更年期を迎えると、

辛い症状がでることも多い。

 

自分のことで精一杯になりがちで、

いろいろなことが面倒に感じてくる。

 

 

だからといって、

更年期障害に何も対策をしないでいると、

日常生活を送ることすら辛く思えてきてしまう。

 

 

更年期を迎えることは

仕方がないことなのだ。

 

上手に更年期を過ごす方法を探って、

快適な40代、50代を過ごしてほしい。

 

 

更年期は、自分の人生や人間関係を

改めて見直す機会でもあるのではないだろうか。

 

 

一度自分の人生を振り返って、

いずれ訪れる老後を

楽しいものになるように準備をしよう。

 

 

人付き合いが苦手な日野。

自分と同じく、かなりのピータン好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. きよ より:

    人付き合い、面倒だと思ったことはあります。
    これから先も付き合っていきたいと思える人とだけ付き合っていきたいです。

  2. みまみま より:

    更年期がいつか来るのかと思うとイヤですね。
    母は更年期の時は、人付合いだけでなく全てが面倒くさいって言ってました。
    ホルモンのバランスが崩れるだけでこんな風になってしまうなんて、不思議です。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ