素質論の換算表を無料で!数字と生年月日統計学…素質論で調べる相性や計算。キャンコードも無料?


 

素質論というと何のことだかわからない人も多いだろう。

 

 

素質論は、その人が持つ素質を引き出し、

生かすことを目的にした研究で、

キャンコードと呼ばれる換算表を使用する。

 

 

根源になるのはその人の生年月日で、

スピリチュアルな要素のある、主に

人間関係の改善に役立つ学問と思ってもらえればいい。

 

 

ここでは、素質論の概要から始まり、

少し深掘りしつつ講座や

セミナーなどの紹介をする。

 

 

素質論、ベクトルの調べ方…セカンドエレメントやコアって?

 

素質論では、生年月日を元に、

その人の心的傾向を判定する。

 

その中でも素質のベクトルを

3つに分けるのが素質ベクトルと呼ばれ、

この分野を学習すると最初に学ぶことになる技法だ。

 

 

調べ方は簡単。

 

CANCODE(キャンコード)という

コミュニケーションツールから、

当てはまるコードを調べるだけだ。

 

 

ただ、生年月日から調べるのは簡易的な手法。

 

もう少し深く学ぶと、

エレメントという概念も出てくる。

 

 

エレメントは3つある。

 

 

最初の簡易的な調べ方で出てくるのは

ファーストエレメントで、

心が開かれている時の傾向を示す。

 

 

次に出てくる傾向はセカンド、

2番目のエレメントで、

対人関係のときに現れる傾向として認識される。

 

 

さらに3番目にはサードエレメントがあり、

これは追い込まれた時、

集中している時の性質だ。

 

 

ベクトルやエレメントといった

要素の他にも、コアという概念もある。

 

この素質論は、単に生年月日から

大きな傾向を分けるだけでなく、かなり細分化した

傾向把握ができることが特徴になっている。

 

 

素質論のアプリや資格は?

 

素質論は、まったく知らない人からすれば、

占いとまったく変わらない、うさんくさい印象を受ける。

 

だが、100万以上のバックデータから

傾向を把握している、いわば統計学といえる。

 

 

素質論は、わりあい誰にでも

利用できるというのが特徴なのだが、やはり複雑で、

ちょっとかじったくらいでは中々わかり辛い。

 

 

かといって、簡単にできるアプリはない。

 

素人には手を出しにくいと思いきや、

これだけ認知されているので、素質論資格者協会があり、

そこで資格認定が得られる仕組みがある。

 

 

資格を持つ人になら、傾向を

分析してもらうのも信用しやすい。

 

逆に自身が講師になりたいという場合も、

独学よりは資格を持てば、周りの人からの

信用も得られるというものだ。

 

 

ライトコーポレーションという会社では、

学習する側も講師になりたいという人にも

サービスがありおすすめだ。

 

 

素質論のセミナー!基礎理論の講座など

 

今はいろんな情報が手に入る時代なので、

ネットで検索すればある程度の知識は身に付く。

 

だが、素質論の資格取得も含めて、

独学ではない方法を希望するならセミナーもあり、

わりと多くの団体で扱っている。

 

 

内容としては、CANCODE(キャンコード)を利用して、

傾向が当たる、当たらないという、

参加者として楽しむような体験学習。

 

 

素質論の基礎を学ぶ初心者コース。

 

 

最終的には深い理論を身に付けて資格を取るなど。

 

 

ニーズに合わせたコースが用意されている。

 

 

講座の料金や時間も段階的に増えるが、

初心者向けであれば数時間1万円くらいで体験できるので、

そこまでハードルは高くない。

 

 

逆に、もっと知りたい人なら数万円超え。

 

何日かに渡るディープなコースもあり、

中にはビジネスとして

成立させている人もいるのがこの世界だ。

 

 

まとめ。素質論の換算表について

 

あまり聞き馴染みの無い素質論について紹介した。

 

 

こういったスピリチュアルな要素を好まない人は敬遠するだろうが、

広く需要があり有効に利用している人がいるのも事実で、

資格まであるのでちょっとバカにできない。

 

好き嫌いは分かれるところだが、

興味があるのなら、一度調べて

体験してみるのもいいだろう。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ