高知に移住した有名人は?補助金や50歳の仕事、移住支援や移住コンシェルジュ、失敗して後悔の移住体験やデメリットをブログで紹介!


 

高知は移住促進強化や移住支援などにより

年々移住者が増えているが、

移住者の中には失敗してしまった方も。

 

その多くは、

あまり深く考えずに

いきなり移住してしまうことにある。

 

 

高知に移住するなら、まずは入念な下調べが必要。

 

移住して後悔を生まないために、

高知に移住した方の意見も聞きながら、

移住先として自分に合っているか確認していこう。

 

 

今回は高知移住支援と促進や

高知に移住した有名人ブロガーについて紹介。

 

 

 

高知県に移住、支援や促進は?移住促進をするコンシェルジュ(移住コンシェルジュ)、促進課の移住支援や補助金など

 

高知の移住者数は平成29年度に1,198人と

目標にしていた数を上回った。

 

しかし2013年以前は人口の減少に悩まされていた。

 

2009年にできた移住相談の総合窓口

「移住・交流コンシェルジュ」や移住ポータルサイトなどの

情報提供の場が増えたことにより移住者が増加した。

 

 

また平成29年に一般社団法人の

高知移住促進人材確保センター設立もした。

 

 

高知移住促進センターや

移住促進課方々の移住支援や補助金などにより

移住促進を強化している。

 

 

その結果、高知の移住者は2012年は

200人台を推移していたが、2013年から増加し、

年々移住者が増えていった。

 

 

「移住・交流コンシェルジュ」では

移住者交流会が行われたりしているので、

高知に誰も知っている人がいなくてもチャンスがある。

 

 

移住支援については市町村によって

仕事・医療・子育てなど様々あるので確認しよう。

 

市町村の移住支援制度

 

 

 

高知に住んでも

オンラインで安定収入を得るには?

 

 

高知に移住して失敗したと後悔?仕事や移住体験を移住者のブログで…動画を配信する有名人のブロガーも

 

高知に移住した動画配信なども行っている

有名人ブロガーのイケダハヤトさんという方がいる。

 

イケダハヤトさんは一度社会人になったものの

その後フリーランスになり、

挑発的なスタイルで読者の心を掴むブロガー。

 

またブログで稼ぐための方法や

情報商材などを販売している。

 

高知移住者のイケダハヤトさんのブログ

まだ仮想通貨持っていないの?

 

 

イケダハヤトさんはまず高知市に移住し、

その後「本山町」に移り、ブログでもその様子や

メリット、デメリットなども紹介している。

 

東京で暮らしてたときよりもずっと仕事に集中できるし、

何もしなくても周りの人から色んなことが学べたと言っている。

 

また仕事も探せば思っていたよりも多い様子。

 

 

しかし移住してきた中には

失敗してしまった方もいる。

 

高知県制作の動画「#田舎は甘くない」では

そんな失敗を生まないために

段階移住というのを紹介している。

 

 

高知に移住してきた東京人が

田舎の人との価値観の違いに苦しみ、

誰もが宇宙人に見えてしまうという斬新な動画。

 

移住に対して甘くない現実を教えつつも、

二段階移住というのをオススメしている。

 

 

二段階移住とは、

まず高知市に移住または滞在し、県内を巡りながら

自分に合った移住先を探す新しい移住のかたち。

 

 

地方都市は店も多いし、

少し車を走らせば豊かな自然を感じることもできる。

 

いきなりド田舎に移住すると

都会住みの人にとっては不便だと感じることも多い。

 

徐々に慣れさせていくことで

その県のことをもっと深く知ることができて良い。

 

 

先ほど紹介したイケダハヤトさんも

このかたちで移住に成功している。

 

ブログ内でも、

移住でやってはいけないのは「いきなり移住する」こと

と語っている。

 

 

失敗した人の多くは

あまり深く考えずに移住してしまうことにある。

 

だから二段階移住は

田舎暮らしに慣れていない人にとって

最適なかたちと言える。

 

また下調べはもちろんのこと

自分の足でその地に滞在しないと、

自分にホントに合った場所なのかは誰にも分からないのだ。

 

 

 

まとめ

 

移住コンシェルジュや有名ブロガーなど

いろんな面から高知移住について紹介してきた。

 

都会で暮らしている人は

地方移住は憧れる人も多く、

自分もその一人だ。

 

 

しかしあまり調べずに

簡単に移住先を決めてしまうと

失敗してしまうこともある。

 

 

そこで大切なのは

自分で住みたい地域について入念に下調べをすること。

 

 

調べた結果、

希望する移住先に行って

自分の目で見ることで失敗も少なくなるだろう。

 

 

また二段階移住という

新しいかたちの移住もあるので、

それも踏まえて考えよう。

 

自分のような都会住みの人にとっては

より適している方法だったので、

二段階移住についても視野に入れるといいだろう。

 

 

 

イケハヤさんの家からそう遠くない場所で

やはりオンラインで稼いでいるのは、自分と同じ

太った猫好きの柏木だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ