フィリピンハーフは性格悪い?いじめ…頭悪い?性格と察し、いじめられる女の特徴。イジメとフィリピン


 

フィリピンハーフのいじめは

見た目の違いと、その察しの悪さからくることが多い。

性格悪いかは人によるのだが。

 

いじめ社会の日本で育ったフィリピン人の子は

不幸だと、個人的に感じる。

 

 

フィリピンハーフのより詳しい情報、

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法

 

フィリピンで気楽に海外生活を楽しむための
安定収入構築法とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンハーフのいじめや

外国人いじめは、日本だけの話ではない。

 

 

「自分たちと違う=怖い」

 

そんな防衛反応からなのか、

時に子供たちは残酷だ。

 

 

フィリピンハーフがいじめられる理由は

水商売のフィリピン出稼ぎ女性が金目当てで

日本人と結婚した子供というイメージからなのか。

 

また、フィィリピンにいるフィリピンハーフも

同じようにいじめられているのだろうか。

 

 

この記事で紹介していこう。

 

 

 

フィリピンハーフは察しや性格悪い?フィリピン人は頭悪い?ハーフいじめの理由

 

 

フィリピンハーフは

察しが悪い、頭が悪いと思っているなら、

それは勘違いである。

 

 

日本人にも、

空気が読めない、

頭が悪い人間はいる。

 

 

日本は確かに察しの文化だ。

 

しかし、それを外国人に望むのは

間違っているのではないか。

 

もちろん、日本の文化を

けなしているわけではない。

 

むしろ人の心を汲み取るのは

一種のスキルである。

 

 

サービス業界、

ホスピタリティー、

会社の人間関係。

 

どれをとっても

病的なまでに空気を読む日本人。

 

 

ただ、空気が読めないのが

いじめの原因とは限らない。

 

 

いじめはフィリピンハーフに限らず、

普通の日本人にも起こる。

 

大人し、がり勉、同性愛者。

 

何か人と違う子がターゲットになる。

 

 

人と違うから芸能人になる確率が高いのか、

子供の頃いじめられていたと語る芸能人は多い。

 

 

「皆と同じ」が安全で、

「人と違う」と異端という風潮がある日本。

 

 

見た目が違うというだけで、

子供は違いを受け入れられず

拒絶反応を起こす。

 

授業参観でフィリピン人の母親が来れば

親たちも拒絶反応を起こし、

教師まで困った顔をする。

 

それをみる子供たちは、

親や先生に習えになる。

 

 

人は見た目ではないが、

第一印象はやはり見た目だ。

 

 

日本人は多種多様な免疫がかなり低い。

 

子供が自分と違う子を怖いと感じるのは、

人生経験が少ないからだ。

 

それを大人までも

一緒に怖がって拒絶すれば

子供は確信してしまう。

 

「皆と同じが正しい」ではなく

何が正しいのかをキチンと判断できる

子供に教育するのが大人の役目だ。

 

 

更に悲しいのが、

いじめを見ているだけの関わらない族と、

面白半分で見ている見物人たち。

 

 

子供が自殺に追い込まれるほど

目に見える深刻な問題になっていても

まだ日本人は空気を読むのだろうか。

 

 

 

フィリピンハーフといじめ、ハーフの女の性格…イジメはフィリピンでもある?

 

フィリピンハーフだから

いじめのターゲットになるのではなく、

フィリピンでも普通にいじめがある。

 

 

ただ、日本との違いは

フィリピンは人と違う事は

個性と受け取られる文化ということだ。

 

日本のように人と違う事で

いじめられたりはしない。

 

 

それよりも、プライドの高いフィリピン人は

他人の前で罵倒されたりするのを極端に嫌う。

 

強いグループが弱いものをいじめ、

それに逆らえない子供がそのグループに入って

一緒にいじめるというシンプルなものだ。

 

 

フィリピンの状況は家庭の事情もさまざまで、

日本のように皆が平均的に

普通の暮らしをしているわけではない。

 

 

気の弱い子や大人しい子が

いじめのターゲットになりやすい。

 

しかし、フィリピンは家族の絆が深いので

そういう問題があっても子供は

母親や家族、仲の良い友達に相談する。

 

 

日本のように引きこもって

誰にも相談できずに自殺に追い込まれるような

陰湿ないじめはフィリピンではない。

 

 

 

まとめ

 

グローバル化が進む現代だが、

先進国日本は、多種の人種との関係が

他の国に比べて遅いと感じる。

 

 

日本に移住する外国人が増え、

これからはハーフの人口も

増加していくだろう。

 

 

日本人が「皆と同じが安全で正しい」と言う風潮を破り、

一人一人の個性を尊重し寛容になることは

これからの時代に必要な考えだと言える。

 

他の国の人達との繋がりや文化を学ぶことが、

楽しくて素晴らしい事だと

大人から子供にキチンと伝えていくべきだ。

 

 

渋谷で一緒に仕事をしたフィリピンハーフのイケメン、ケンジ。

自分と同じくシイタケ嫌いなのを知って親近感を持った(笑)。

 

 

最後に、

 

常に感謝を忘れたくないあなたへ。

 

コンサルに参加して

時代に合わせて新しいビジネスを取り入れていきませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. るまんど より:

    日本では、ハーフの人は子どもの頃にいじめられたと言っている人が多いですね。
    多人種の国ではどうなんだろうと思っていましたが、ハーフだからといじめられることはないのですね。

  2. パート主婦 より:

    日本で生まれ育ったハーフの人もいるのに、察しが悪いと決めつけられるのはおかしいですよね。
    日本人にだって察しの悪い人はいるし。
    ただ、親の教えの差が子どもの頃には強く出るから、
    そのあたりが「違う」と思われてしまうのかもしれないですね。

  3. もこも子 より:

    ハーフの子に対するいじめってそんなに多いのかな?
    それって、子ども達のハーフの子に対する嫉妬のような気がする。
    思ってる以上に、子ども達は見た目がかわいい、かわいくないを気にしてますよ。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授