カナダに移住…後悔は?職業リスト(50歳の仕事など)と失敗、デメリットなど…移住するには条件は?費用や方法をブログで紹介!


 

カナダは移住先候補地として人気で、

毎年多くの人たちがカナダに移住する。

 

しかし、カナダ移住における

メリットやデメリットが

意外と知られていないことも事実。

 

 

今回は、移住してから後悔しないために、

実際にカナダでの生活を見てみよう。

 

 

 

カナダ移住の後悔とは?カナダに移住して失敗…後悔した理由とデメリット。メリットは何?

 

カナダ移住のメリットは、

広大な自然が広がっていること。

 

 

日本とは違い、自然との距離が近いので、

ハイキングやスキーなどの

アウトドアスポーツを気軽に楽しむことができる。

 

毎日おいしい空気を吸いながら

快適に過ごせるのはうれしいポイント。

 

 

治安も比較的良く、

カナダに暮らす人たちは

皆親切でフレンドリー。

 

 

仕事面においては、

残業や休日出勤が基本的にないので、

労働環境が優れている。

 

 

もちろんデメリットもある。

 

日本からカナダに移住した人が

失敗したと感じることが、

新しく移民になったことで年収が下がること。

 

カナダにおいて、

移民の年収がカナダ人の年収を

上回ることはないことを覚えておこう。

 

 

カナダは先進国なので、

税金はもちろん高い。

 

しっかりと仕事を確保して、

生活の収入源を得られるように

する必要がある。

 

 

日本人がカナダに移住して

後悔することで多いのが、

日本の食品が手に入りにくいこと。

 

もし手に入ったとしても、

日本の食品は値段が高いので、

気楽に買うことができない。

 

和食を好む人はカナダに移住する前に、

日本食を買える店をリサーチしておくべきだ。

 

 

 

カナダに移住、40代や50歳でも仕事はある?日本人の職業リストを紹介…看護師やエンジニアなど

 

海外に移住した日本人に人気の仕事は、

コンサルタントやwebデザイナーなど、

インターネット環境を利用した職業だ。

 

 

カナダはIT系企業が多い。

 

アメリカの会社がカナダのバンクーバーに

積極的に支店を出していて、

エンジニア不足に悩んでいるからだ。

 

 

カナダでは仕事における年齢差別がないので、

40代や50代の人でも仕事が見つかりやすい。

 

また、若い人たちとは違って、

40代や50代の人は自分の得意分野と

苦手分野を知っている。

 

それを強みに、

適正な職業に就きやすいとも言える。

 

 

カナダの永住権を取得した日本人に

人気のある職業リストを紹介する。

 

・食品関係

・料理人

・情報システム

・アナリスト

・ソフトウェアエンジニア

・コンピュータープログラマー

・大学教授、先生

・グラフィックデザイナー

・金融投資アナリスト、FXなどのトレーダー

 

 

日本で看護師の免許を持っていると、

カナダの永住権を取得できれば

看護師資格の試験を受験することができる。

 

免除される項目もあるので、

看護師の資格を持っている人は挑戦してみよう。

 

 

 

カナダに移住しても高い物価に困らない

安定収入を得る方法とは?

 

 

カナダに移住するには…移住条件や移住方法を紹介。ビザの条件や費用、IELTSの相談などカナダに移住する方法

 

カナダに移住して永住権を取得するためには、

IELTSという英語試験に合格する必要がある。

 

 

英語試験は、

 

・リスニング

・リーディング

・ライティング

・スピーキング

 

以上、4つのセクションで構成されている。

 

一定の点数を取ることが条件だが、

はっきりとした合格点があるわけではなく、

年齢や学歴などを加味しながら合格の有無が決まる。

 

 

IELTSの受験に必要な費用は会場によって異なるが、

安いところで304ドル、もしくは309ドル程度。

 

会場となるのは大学や専門学校な、

他にも様々な場所で頻繁に行われている。

 

カナダだけではなく、

日本でも試験を受けられるので

積極的に挑戦したい。

 

 

IELTSの相談については、

IELTSの公式ホームページ上で行われている。

 

IELTSの試験の予約をしたい場合は、

公式ホームページから行う。

 

 

ワーキングホリデービザで

カナダに滞在しているときに結婚をした人や、

カナダ人と結婚した人は、結婚移民として永住権を申請する。

 

 

カナダに移住して

永住権を取得する場合、

結婚移民の枠が一番簡単だ。

 

 

結婚移民の場合は

英語の試験が免除されるのがうれしい。

 

 

デメリットもあって、ハードルが低いので

結婚詐欺による永住権取得が多発しており、

申請してから受理されるまでの時間がかなり長い。

 

 

 

海外に移住する方法や費用は、カナダに住んでいる人のブログで!移住した後の年金についても紹介

 

カナダに移住する方法だが、

数年ではなく永住権を取得して暮らし続けるなら、

数多くのプログラムを受ける必要がある。

 

とは言っても、カナダは

他の国と比べると移民のハードルは低く、

自分の希望する移住のスタイルを選ぶことができる。

 

 

日本人移住者にポピュラーなビザは

 

・コモンロー

・ケアギバー

・スタートアップビザプログラム

・スキルドイミグランツ

 

などがある。

 

 

コモンローは事実婚のことで、

ハードルの低いビザ取得方法といえる。

 

 

ケアギバーは、永住権を申請するまでに、

カナダで介護の仕事などで働いた経験が必要だ。

 

幼児、高齢者や障害者、住み込みでの介護

または介助のいずれかの中から永住権を申請できる。

 

 

スタートアップビザプログラムは

2013年に導入されたシステムで、

ビジネスの計画を承認されればビザが取得できる。

 

 

スキルドイミグランツは、

専門的な技術を必要とする

仕事に就く人に向けたビザ。

 

 

いずれにしても、

ある程度の語学力は必要とされるので、

しっかりと勉強しておきたい。

 

 

ビザの種類によって費用は異なるが、

カナダの永住権を取得するための費用は、

全部あわせると1,200ドル程度。

 

 

内訳としては、就労許可証160ドル、

永住権1,000ドル、電子渡航認証7ドル。

 

 

もちろん、この他にも

引っ越し費用や渡航費用、生活費用が発生する。

 

 

移住目的なら早めにカナダで働いて

年金を納めるのが良いが、

30代以上の人が不利かと言えばそうとも限らない。

 

永住者や就労ビザがあれば、

条件こそ厳しいが

子供手当があるし医療費も無料。

 

子育て環境として、

カナダは最適な場所と言える。

 

 

日本人移住者のブログを紹介するので、

参考にしてほしい。

 

海外生活ハックのブログ

 

 

 

まとめ

 

カナダの魅力はなんと言っても

広大な自然に囲まれた環境。

 

 

毎日の暮らしが、今まで以上に

楽しくて快適なものになるだろう。

 

 

一方で、物価が日本と比べて割高なことや、

物件が高いといったデメリットも存在する。

 

仕事面に関しても、

移民の場合は年収が下がるなどと、

カナダ人男性との格差が大きい。

 

カナダに移住して

ずっと暮らし続けていくなら

計画性が大事になる。

 

 

頭の中で、カナダでの暮らしを想像しながら、

楽しい移住計画を立ててみてほしい。

 

 

 

バンクーバーに移住した韓国人のハト。

自分と同じく白子が大嫌いな女性だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. きよ より:

    こんなにはっきり、移民の年収がカナダ人の年収を上回ることはないと言うってことは紛れもない事実なんですね。

  2. みっちょん より:

    事実婚でもビザが取得できて、結婚移民は英語の試験免除になるなんてハードルが低すぎですねぇ。
    取得した永住権は、もし離婚してしまってもはく奪されることはないのですか?

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ