スウェーデンの教育水準は?スウェーデン教育の特徴と違い、教育制度…教育費は無料?スウェーデンの教育(英語教育)など


 

世界的に評価が高いスウェーデンの教育。

 

日本の教育と比べて良いのか、悪いのかはもう明確だが・・・

スウェーデン教育のデメリットは意外と知られていない。

 

 

スウェーデン教育のより詳しい情報、

現地に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、スウェーデンの

教育水準について説明する。

 

日本と比べながら読んでみてほしい。

 

 

 

スウェーデンの教育水準について。スウェーデンの教育、スウェーデン教育と日本の違い

 

スウェーデンの教育の水準はそれほど高くはない。

 

世界の学力調査では、読解力・科学など、

どの項目も20位以内には入っているが、

とびぬけて優秀な項目があるわけではない。

 

 

日本とは違い、学校の授業料は、

大学も含め全て無料。

 

 

また、進学の際は入学試験はなく、

学校の成績で進学先を決めるのだ。

 

 

スウェーデンの学校は休みが多い。

 

 

夏休みは2か月。

 

冬休みは3週間。

 

秋休み・イースター休み・スポーツ休みが

それぞれ1週間ずつある。

 

 

スウェーデンの学校には

競争原理が取り入れられており、

生徒は自由に学校を選ぶことができる。

 

当然、教育の質が高い学校が人気になるので、

教師の質や学校設備は良くなる。

 

 

日本のように、住んでいる場所で

自動的に入学する学校が決まらない。

 

 

幼いうちは親が受けさせたい教育の学校を選び、

成長してからは自分が勉強したい分野を

教えてくれる学校を選んでいく。

 

 

 

スウェーデンの教育の特徴…教育制度など。教育費は無料?

 

スウェーデンの教育の特徴は、

全ての学校で教育費が無料ということだ。

 

教育費が払えなくて進学をあきらめることは、

スウェーデンではありえない。

 

 

スウェーデンの教育制度は、

基礎学校9年・高校3年・大学3年だ。

 

 

基礎学校が義務教育で、

日本の小学校と中学校にあたる。

 

特に、高校と大学の教育費が

無料なのは魅力的だ。

 

 

スウェーデンでは大学の教育費が無料なので、

就職して数年働いた後で大学で学び直す人も多い。

 

 

スウェーデンは税金が高い代わりに、

国家が税金を福祉や教育に使っている。

 

 

日本のように、国が提供するのは最低限。

 

それ以上のものを望むなら

自分のお金でやってください

というスタンスではない。

 

 

子どもは親を選べない。

 

貧しい親の元に生まれたら教育を

満足に受けられないというのは不公平だと

スウェーデンでは考えられている。

 

 

自分も、全くその通りだと思う。

 

 

日本は義務教育の間は

授業料は無料だが、

給食や制服代はかかる。

 

 

自分の周りにも、とても優秀なのに、

教育費を気にして進学をあきらめたり、

教育費の安い進路を選んだ人もいた。

 

 

日本もいつかスウェーデンのように、

教育費が無料になる日が来ると良いと思う。

 

そのためなら喜んで税金を払いたい人もいる。

 

 

 

スウェーデンの英語教育はどう?

 

スウェーデンの英語教育のレベルはかなり高い。

 

英語圏ではない国では、

オランダと同じくらい英語力がある

トップレベルの国とされている。

 

 

その理由は、スウェーデンでは、

小学校1年生から英語の授業がある。

 

やはり幼いうちから学んだ方が

記憶力も優れているし、

発音も身につきやすい。

 

 

また、スウェーデンでは、会社でも

英語を公用語として使っている所も多い。

 

 

親も英語が話せると、子どもにも

自然に教えることができる。

 

 

スウェーデンでは英語の教育方法は

会話中心で実践的だ。

 

英語は他の人とコミュニケーションを

とるための道具だ、難しくないと、

スウェーデンの小学生は思って勉強を始める。

 

 

一方の日本では文法や単語を覚えたり、

勉強すべき教科として英語を

とらえている学生がほとんどだ。

 

 

最初の考え方の違いで英語の印象が全く変わってくる。

 

日本人が英語を学校で何年も勉強しても

苦手意識を持ってしまうのは、

「英語は勉強だ」と思っているからだ。

 

 

 

まとめ。スウェーデンの教育水準について

 

・スウェーデンの教育水準はそれほど高くない

 

・大学も含め、全ての学校が教育費無料

 

・スウェーデンの英語教育は、

小学校1年生から会話中心の

授業を行い、レベルが高い。

 

 

スウェーデンで息子を育てたいと語る由美子。

自分と同じくゴキブリがとにかく無理(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ