カッコいい口癖や良い口癖(いい口癖)!「そういうこと」「いわゆる」が口癖なら?性格の例(「いいなぁ」が口癖の人など)


 

無意識に出る口癖だが、いい口癖もあれば

良くない口癖もある。

 

では、どんな口癖が

いい口癖やカッコいい口癖なのだろうか。

 

 

今回はそんな口癖のなかでいい口癖と、

その口癖がもたらす効果について

見ていくことにしよう。

 

 

 

良い口癖(いい口癖)とは?言霊の効果…カッコいい口癖は?

 

口癖について、

どういうイメージを持っているだろうか。

 

 

中には口癖という言葉に対して

ネガティブな印象を持っている人もいるだろう。

 

その印象の通り口癖の中には、

当然ながら仕事や対人関係に対して

悪影響をもたらすようなものも存在している。

 

 

ただ、そんな口癖の中にも

直さなくていい口癖がある。

 

それがいわゆる良い口癖というものだ。

 

 

では、どんな口癖が

良い口癖というものなのか。

 

 

良い口癖の例としては

「おはようございます」のような挨拶。

 

「大丈夫」「うまくいく」という

ポジティブな内容の言葉。

 

「ご多用中失礼します」のような

クッションになる言葉などだ。

 

 

これらの口癖の例に共通するのは

一見すると口癖にはみえないような言葉だが、

相手を不機嫌にすることもない言葉

 

そういうものが良い口癖と言えるのだ。

 

 

では、良い口癖はどんな効果をもたらすのか。

 

言霊というものを知っているだろうか。

 

どんな言葉にも

言霊というエネルギーを持っている。

 

相手を不機嫌にすることのない内容の

いい口癖であれば、言霊も

ポジティブな影響を持ってきてくれる。

 

そうすると、

人生も良い方向に向かっていくのだ。

 

 

しかし、悪い口癖だと

ネガティブな印象を与えるため、

人生も思考もネガティブな方向にいってしまう。

 

 

経験上、ポジティブ思考になれば

やる気が起きて良い方向へと進みやすくなるが、

悪い口癖でネガティブ思考になれば閉じこもってしまう。

 

 

人生を考えれば、

良い口癖のほうがいいのだ。

 

 

そんな良い口癖の中にはカッコいい口癖もある。

 

どんな口癖かといえば、

やはりポジティブになる口癖だ。

 

「○○さんのおかげ」や「時間が大切だ」というような

周囲への感謝や前に進むような意味合いを持つものは

口癖としてもカッコいいし、仕事にもつながってくる。

 

 

 

「そういうこと」「いわゆる」が口癖なら性格は?

 

使っている口癖によって、

自分や周りの人の性格をざっくり

見られることをご存じだろうか。

 

 

まず初めに、

「そういうこと」と「いわゆる」

という口癖。

 

この2つが、どのような

性格を表すかを見てみよう。

 

 

例えば、人と話していて、

もやもやが解決した時など。

 

「あぁ、そういうこと」という

レスポンスをする人は

多いのではないだろうか。

 

 

自分自身ミステリーの犯人が分かったときなど

「そういうことだったのか」と一人でつぶやく。

 

 

また、人と話していて

結論を述べるとき。

 

「〇〇は、いわゆる△△なんだよ」

という人も多いのではないだろうか。

 

使い勝手が良く、

つい口癖になってしまう。

 

 

では、まず「そういうこと」という

口癖を使う人の性格から見ていこう。

 

 

「そういうこと」という口癖を使う人。

 

・素直に人の言うことに納得してしまうところがある

 

・プライドが高くて分からないことを聞けない

 

・人間関係において相手の心の中を読もうとする

 

・「思うようにならない」という気持ちを抱えている

 

・まるで他人ごとのように感じていて「無関心」である。

 

引用:「そういうこと」が口癖の人の心理や性格とは

 

という性格であるようだ。

 

 

では、続けて

「いわゆる」という口癖を使う人の

性格を見ていこう。

 

 

「いわゆる」という口癖を使う人。

 

自分の考え、意見に

しっかりとした根拠があります。

 

ゆえにこのような人には会話を仕切り、

話の中心になりたいというリーダ的、

もっというとナルシスト的な性格が多いです。

 

引用:相手の口癖から見抜け!ビジネスにおける人間関係タイプ別攻略法

 

 

このことから、それぞれの口癖は

長所と短所どちらも持っている。

 

その口癖をしている理由も、

これらを見たら

少し掴めることもあるのでは。

 

ぜひ参考にしてほしい。

 

 

 

口癖の例を紹介!あなたも当てはまる?

 

上記されている内容から、

口癖から性格を見ることが出来る

ということが分かっただろうか。

 

 

では、使っている人が

多いと思われる口癖の

例を挙げていく。

 

 

人と話すときに良い口癖や

嫌な口癖を見ていこう。

 

 

まずは、

人と話すときに良い口癖。

 

・「おはようございます」「お久しぶりです」

「今日は天気がいいですね」といった挨拶言葉

 

・「お忙しいところ失礼します」「お時間があるときに~」

「もしよろしければ~」といった適切なクッション言葉

 

・「そうですね」「なるほど」「うんうん」

といった相槌(あいづち)の言葉

 

・「さすがですね」「すごいですね」

「センスがいいですね」といった褒め言葉

 

・「大丈夫、大丈夫」「きっとうまくいくよ」

「あなたがいてくれてよかった」といったポジティブな口癖

 

引用:口癖には、2種類ある。良い口癖と悪い口癖。

 

などである。

 

 

次に、人と話すときに

嫌だなと思われやすい口癖。

 

・だから言ったのにと人の失敗時にマウントを取る

 

・わかる!私も~と人の話しに割って入り嫌がられる

 

・何かあるたびにでも、だって連発で人を不愉快にする

 

・ハイハイわかったわかったは高確率でイラッとされる

 

・っていうかさぁ~はとても否定的でネガティブな印象

 

・なんでもいいよの丸投げで相手を疲れさせている

 

・へーそれで?の返しで二度と話しかけられなくなる

 

・要するにとまとめて優位に立つとウザがられる

 

・これ無理のシャットダウンでもう会話が広がらない

 

引用:嫌われる人がよく使う口癖9つが危険!その言葉がチャンスを遠ざける

 

などである。

 

 

人と話すときの

良い口癖と嫌な口癖の例を挙げた。

 

皆さんが使っている

口癖はあっただろうか。

 

 

口癖一つで人は

ポジティブな気持ちや

ネガティブな気持ちになる。

 

ぜひとも、自分の口癖を

見直す機会にしてほしい。

 

 

 

いい口癖を味方にして

自由なライフスタイルを手にするには?

 

 

「いいなぁ」が口癖の人…その心理は?

 

口癖は人によって違うし、

口癖の効果はポジティブなものと

ネガティブなものがある。

 

 

そんな口癖の中でも、

「いいなぁ」と口癖で言う人も少なくない。

 

 

では、この「いいなぁ」

という口癖を言う人は一体

どんな心理で言っているのか。

 

 

ひとつは相手に対する嫉妬だ。

 

 

自分もしたいのに相手が先にしていた、

持っていないものを持っている

ということに対しての嫉妬。

 

恋人が欲しいのに友人にはいて

自分にはいないことの嫉妬。

 

もうひとつは相手に対する劣等感だ。

 

自分もやりたいのに

相手と違ってできないことへの劣等感。

 

相手のほうが先に出世したことの劣等感。

 

 

そういうことがあると

嫉妬や劣等感から無意識のうちに

「いいなぁ」と言ってしまう。

 

 

そして自分自身の評価を低くみている人ほど

相手への嫉妬や劣等感から「いいなぁ」と

口癖で言ってしまうのだ。

 

 

だが、「いいなぁ」という言葉は

相手からすればいい印象は受けない。

 

 

よくSNSでも使われている

「いいね」という言葉を言われると

「ありがとう」と返すこともできる。

 

しかし、「いいなぁ」という言葉からは

嫉妬や劣等感を感じてしまうのだ。

 

 

そういう印象を持つ言葉であれば、

対人関係でトラブルになってしまうこともあり、

いいものではない。

 

相手に対する印象を考えれば

「いいなぁ」という口癖は

直さないとダメなのだ。

 

 

嫉妬や劣等感というものは

どんな人でも少なからず持っているものだ。

 

だが、それを言葉にするときに

口にする単語次第で相手からの印象も

ガラリと変わってくる。

 

 

嫉妬や劣等感は持っていい。

 

 

しかし、「いいなぁ」という口癖は

「いいね」や「すごいね」、「素敵ですね」というように

ポジティブに捉えることができるものに直していこう。

 

 

 

まとめ…印象が変わってくる口癖。ポジティブな口癖で言霊効果も

 

人間誰でもしゃべり方には

癖があるものだ。

 

 

カッコいいしゃべり方や、

かわいいしゃべり方。

 

特徴的な口癖などしゃべり方は、

自分自身のキャラクターを表現する

大切な一部である。

 

 

そこで今回は、

口癖についてまとめてみた。

 

この記事を見て自分や周りの人の

キャラクターについて

考えてみてはいかがだろうか。

 

 

人の口癖から

性格がわかるのは驚きだ。

 

 

自分も口癖と性格を見直す

いい機会になったと思う。

 

ぜひ皆さんも、

自分を分析するためにも、

性格や口癖を見直してみてはいかがだろうか。

 

 

いい口癖を話すことで

相手からはいい印象を持たれる。

 

また、自分自身もポジティブになり

仕事などを前向きに進めることが

できるようになる。

 

 

ネガティブな印象を持たれてしまう口癖よりも

ポジティブな印象を持てる口癖にして、

人生を前向きに進めれるようにしていこう。

 

 

「結局」が口癖のまとめ上手、友澤。

自分と同じ元ネガティブだ(笑)。

 

 

彼がネガティブから脱却できたエピソード、

口癖を味方にする方法

以下の無料ニュースレターで紹介している。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. 空色朝顔 より:

    特に意識してこなかったけど「相手を不機嫌にすることがない言葉」って大切ですね。
    そういう言葉がさりげなく口から出るように心掛けたいです。

  2. とも より:

    良い口癖、考えたこともなかったです!
    常にポジティブな言葉を発しているだけで本当に人生変わるかもです!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ