40代で無職は死ぬしかない?40代無職・独身の過ごし方…50代で無職、貯金なしも死ぬしかない?お先真っ暗と絶望する必要がない理由


 

「40代で無職になったら死ぬしかない」なんて

悲痛な声を耳にする。

 

 

確かに、今のご時世

昨日まで会社で仕事を頑張っていたつもりが

会社の業績不信や家族の介護。

 

自身の体調不良などで

職を失うのは誰しも起こりえること。

 

 

40代で無職になったら

死ぬしかないのか?

 

絶望しなくてもいいのか考察してみる。

 

 

 

40代で無職は死ぬしかない?貯金なしでお先真っ暗と絶望…リストラされた無職や職歴なしでも就職できる?40代無職の再就職についてブログで紹介

 

もしも自分がリストラなどで40代無職、

貯金なしなどの状況になれば絶望し、

お先真っ暗で死ぬしかないんじゃないか。

 

 

実際、その状況を話だけ聞くと

お先真っ暗でそれから将来どうするのかと

心配と不安を抱く人が多い。

 

特に、これといった職歴なし、

自身の体調が原因の場合、

再就職は難しい。

 

 

企業側からすると40代は

20代と違い育成する年代ではない。

 

即戦力であったり、

中間管理職ができる能力を

求めている企業が多いためである。

 

職歴があったしても、リストラされた人間は

何かしら能力や人間性に問題があるのではないかと

勘繰られることもある。

 

40代以降、

一度無職になってしまった場合の

再就職は難しいとされている。

 

 

40代無職のブログを紹介する。

 

https://neet3.hatenablog.jp/

 

 

 

40代で無職、仕事以外の生活は?過ごし方や生き方について

 

40代で無職になった人の

日々の生活や過ごし方などは様々である。

 

 

良いほうに考えると

その後自分がどのように過ごすか

生き方を考える良い期間でもある。

 

 

都会であせくせ働いて、

会社の業績不振のしわ寄せによりリストラ。

 

それをきっかけに、

忙しくてできていなかった趣味を突き詰めたり、

やりたかった仕事をするための勉強を始める人など。

 

前向きに生き方を考える人もいる。

 

 

一方で、後ろ向きな人もいる。

 

リストラをきっかけに

自分は必要のない人間だと思い

自分自身の価値を見出さなくなる。

 

再就職も難航し、余計に自分にレッテルを貼り、

そのまま精神的に追い込まれてしまったり、

引きこもりになってしまうということもある。

 

中高年からの引きこもりは

一時社会現象にもなったほどである。

 

 

 

40代で無職になっても

オンラインで起死回生するには?

 

 

40代で独身、無職…40代無職独身の男。40無職(40歳で無職)の独身はどうする?

 

リストラで初めに対象となるのは

やはり独身者である。

 

 

家族がいて一家の大黒柱よりも

独り身のほうが圧倒的対象者になりやすい。

 

 

40代で無職になった人のなかには

独身の人の割合も多少いる。

 

現代は、男女共に

晩婚化が進んでいるので

40歳男性が独身でもさほど珍しくない。

 

仕事がおちついたら、良い人がいれば、

落ち着きたくなったらなどの様々な理由で

結婚を先延ばしにしてきた。

 

結婚願望が少なからずある男性だとすれば

リストラで無職になったと

いうことはとても痛手である。

 

 

女性側からしても

よっぽど好きなどの理由がない限り

無職との結婚は避けて通りたいところである。

 

なので婚活市場にも出れない状況になる。

 

 

これからずっと独り身かもと

絶望する人もいるかもしれないが、

結婚は特に視野に入れず、したいことをする。

 

どうしても結婚したいから

そのためにはまず再就職を頑張るなど、

これから自分の生き方を決めていくほうが良い。

 

 

 

40代(四十代)で無職の女性、楽しい無職の過ごし方…40代無職の無職生活

 

では40代で無職になった女性は

どのような無職生活を

送っているのか考察してみる。

 

 

絶望している人が

多いかというとそうでもない。

 

 

女性の場合、リストラというより

家族の介護などやむを得ない事情により

自ら退職しなければいけない人も少なからずいる。

 

その場合だと、毎日会社に通勤していたのが、

毎日親や家族の介護に変わっただけのことである。

 

 

むしろ会社務めの時よりも

身体的・精神的にはきつくなるかもしれない。

 

その中でも楽しい過ごし方を

模索している人は多い。

 

 

介護となると、

やはり自由に外に遊びに行けなくなる。

 

友人との食事に行くのも

少し制限かかりやすい。

 

 

その分家でできる新しい趣味や、

ハンドメイドなどをフリマプリなどで売ったり、

会社勤めのときはできなかったことをしている人も多い。

 

 

 

50代で無職も死ぬしかない?リストラされて絶望…無職で貯金なし、どうする?

 

50代でリストラされ無職になった。

 

そのうえ貯金なしとすると、

40代よりも再就職の難しさから

絶望したり死ぬしかないと思う人も多いだろう。

 

 

無職の中でも、

50代でリストラされた人の

自殺率は高くなっている。

 

 

ひきこもりになる率も高くなっている。

 

 

では、自殺したり

引きこもったりしないようにするには、

どうするのが得策なのか。

 

 

まずは自分の置かれている状況を

悲観しすぎないことが大事になってくる。

 

悲観しすぎると

前述したような最悪の事態に陥りやすく、

うつなどにもなりやすい。

 

 

なので再就職などが

難しいとしても、悲観しすぎず諦めず

就職活動を続けることが大事である。

 

そして再就職には妥協も必要である。

 

希望していた職種には

まずつけないと思ってもいい。

 

 

希望している職種じゃないから、

給料が低いからなどと

えり好みしていては、決まるものも決まらない。

 

 

そうして選んでいるうちに仕事は見つからず、

やる気もなくなってしまい

負のループに陥るということもありえる。

 

とにかく前向きに

仕事探しや日々の生活を

過ごすことが大事である。

 

 

 

まとめ

 

昨今ではいきなり職を失うことも珍しくない。

 

 

そのとき貯金がなければ絶望もするだろう。

 

 

そうならないために

働いてるうちに貯蓄しておくことが大事だ。

 

失業保険などの制度もあるので、

しっかりと制度を利用していけば、

少しでも希望を見出せるのではないだろうか。

 

 

 

まさに40代で無職になったのは、地元が近い五郎。

自分と同じマザコンの彼も、インターネットビジネスで

自由な生活を手に入れた。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. まな より:

    無職の40代は厳しいです。
    結婚なんて考えられない。
    次のステップアップの為に無職期間があるのさえも正直辛いです。

  2. RAMPAGE より:

    40代で無職になったら悲惨なイメージしかなかったけど、
    40代無職のブログを読んだらイメージ変わりました。
    セミリタイア生活もありだと思います。
    少し真剣に考えてみたい。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ