レバノン人の性格は悪い?顔は?男性の有名人って?特徴や英語、ユダヤ人…レバノン人とは?人口は…日本にもいる?


 

レバノン人の女性の性格で意外なのは、

エンターテイメントが好きな人が多いこと。

 

 

レバノン人のより詳しい情報、

 

レバノン人と海外生活を楽しむための
安定収入構築法とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ニュースで話題になったレバノン。

記憶に新しいのはカルロス・ゴーンだが、

現地のレバノン人のことはよく分からない。

 

 

そこでこの記事では、

レバノン共和国の人口やレバノン人種、

レバノン人とはどのような性格なのかについて紹介。

 

レバノン人の顔、有名人についても触れよう。

 

 

 

レバノン人女性、性格は悪い?顔など男性の特徴!英語や有名人…レバノン人女性は美人?

 

レバノン人の気質として、

陽気、見栄を張りたい、プライドが高い、

綺麗好き、教育熱心、時間にルーズといった特徴がみられる。

 

 

そのため、レバノン人は性格が悪い、

レバノン人は強欲であるといった

感想を持つ方が多いようだ。

 

 

しかし裏を返せば、自分をしっかり持っており、

自分をよく見せるための努力を

欠かさないといった見方もできる。

 

人によって許せない範囲もあるとは思うが、

レバノン人が皆そうだというわけではないので、

そこだけはきちんと理解していただきたい。

 

 

レバノン人の男性の性格としては、

とにかく楽しいことが大好き

 

クラブに行けば飲む・食う・立ち上がって踊る、

ノリの良さがあると感じることもある。

 

 

レバノン人には美人が多いのか。

 

レバノン人の顔は超絶美女国と言われるくらい、

顔の掘りが濃い、目鼻立ちのはっきりとした

美人が多いと言えるだろう。

 

アラブ諸国を代表して

美人が多いと言われるくらいに

レバノンは美女が多い。

 

 

暗いニュースが多いレバノンだが、

外人っぽい顔をした綺麗な美人が好きなら

レバノンの女性もおすすめである。

 

 

レバノンの公用語はアラビア語だが、

レバノン人でも英語を流暢に

話すことができる方も多い。

 

 

他にもフランス語やアルメニア語、

ギリシャ語、クルド語、アラム語など

多くの言語が存在する。

 

 

ちなみに、レバノン人を英語で表すと

「Lebanese」となる。

 

レバノン人を英語で言うなら

「レバニーズ」とカタカナで表記できる。

 

 

レバノン人の有名人と言えば誰か。

 

多くの日本人が時事ネタで思い出すのが

レバノン人であるゴーン被告だろう。

 

ブラジルでレバノン人の両親から生まれたため、

レバノン人と言えるのかもしれない。

 

また、ゴーンの妻もレバノン人と言える。

 

妻・キャロルはゴーンと同じく

レバノンに国籍を置くものの、

人生のほとんどをニューヨークで過ごしていた。

 

 

 

レバノン人口!レバノン人とは…人口はどれくらい?日本にもいる?ユダヤ人なの?

 

レバノン人種、レバノン人とは

どういった人なのだろうか。

 

 

レバノン人とは、

レバノン共和国に暮らしている

もしくは出身である人のことを言う。

 

 

首都はベイルート。

 

 

1924年8月の時点で大レバノン域内に

居住していた住民をレバノン人とされたが、

国外に移民した人もレバノン国民とされた。

 

つまり、国内だけではなく

国外に移動した人もレバノン人とみなされる。

 

 

レバノンの人口は約610万人、

面積は10,452平方Kmと、

およそ日本の岐阜県程度の大きさである。

 

 

宗教に関しては、

国民の54%がイスラム教、

40.4%がキリスト教、その他宗教となっている。

 

 

レバノン以外に、パレスチナ、シリア、

イラク、エジプトといった国で、

ユダヤ人を含む様々な宗教コミュニティが混在している。

 

 

 

まとめ

 

話題になったニュースが

レバノン人のカルロス・ゴーンのニュースであったため、

レバノンに対していいイメージがないと思うかもしれない。

 

 

しかし、レバノンは

中東のパリ・中東のスイスと言われるほど

きれいな街の風景が多い場所でもある。

 

もし機会があれば、ぜひ一度行ってほしい。

 

 

物語の中に出てくるような光景が

広がる場所でもあるのだ。

 

 

特に

都市部であるベイルートは

その景観が多く見られる。

「海外に来た」という感覚を

強く感じることができるスポットだ。

 

 

その国の魅力や空気を感じ、

自分の中で改めて考えるこも

見つかるのではないだろうか。

 

 

レバノンについて、やたら詳しい移住仲間の谷氏。

自分と同じ元ネガティブ出身だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. あん より:

    地理は嫌いではないですが、国の名前も首都の名前も聞いたことがほとんどありませんでした。
    カルロス・ゴーンがレバノンの人というのも初めて知りました!

  2. とも より:

    レバノンといえば、去年日本を賑わせたカルロスゴーンさんですね。
    超絶美女国とは知りませんでした!素敵ですー!

  3. 皐月 より:

    レバノンと言えば、カルロス・ゴーンですね。
    「見栄っ張り」「プライドが高い」「強欲」だと言われると納得してしまいます。笑
    ベイルートのきれいな風景、見てみたいです。
    先日の大爆発の被害を受けていないといいですけど・・・

  4. ReiCo より:

    岐阜県くらいの面積で人口が610万人なのは驚きです。もっと大きな国だと思っていました。
    とても美しい国のようですが、日本ではゴーン氏のおかげでイメージダウンしているように思えます(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ