中高年の失業は地獄?50代の派遣の失業のブログ、派遣地獄と40代の失業のブログ…貧困の理由と原因、失業率の国際比較と失業生活


 

結論から言おう。

 

中高年失業が地獄と感じているなら、

オンラインビジネスで復活するしかない。

 

 

中高年が失業しても
オンラインを活用して起死回生するには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

リストラなどで中高年の失業が増えており

中高年で失業すると地獄とも言われるが・・・

 

中高年で失業したときに直面する

貧困やその原因とは何なのか、どこか曖昧なまま。

 

 

そこでこの記事では、実際の様子や失業したときの手当、

国際的にみて失業率はどうなのかなどについて

見ていくことにしよう。

 

 

 

中高年失業…50代、40代など中高年の派遣が失業?地獄の様子をブログで。派遣地獄や50代リストラのブログ

 

ある程度働き、定年も見えてきた40代後半や、

50代などの中高年が早期定年退職や

リストラなどにより失業することも増えてきた。

 

 

海外企業との競争力や、人件費などの問題で、

比較的給与が高い中高年が

失業の対象となることが多いのだ。

 

 

また、リストラなどで失業した

中高年が派遣として働いていても、

就業先の状況などで失業してしまうこともある。

 

更に、法律を逆手に取る

派遣切りも多発しているのが現状で、

地獄とも形容されているのだ。

 

 

中高年の派遣社員が年々増加している。

 

しかし、若手の正社員から罵倒されたり、

役員からのセクハラがあったりと、待遇としては

ブラックであることも多いのが実情なのだ。

 

 

派遣社員として働いている中高年のブログ

 

【キースの派遣社員生活日記】

 

 

就活や派遣社員として就業した

後の様子が日常生活と

あわせて書かれている。

 

 

 

中高年のうつが失業…50代のニート(無職)、引きこもりの日記も紹介

 

中高年で失業したり、派遣社員として働いていると、

不安定な状況からうつになる人も一定数いる。

 

中高年がうつ病になって

失業してしまうことも、

現在の日本では多くなっているのだ。

 

 

うつ病になる原因は人により様々だ。

 

職場環境や業績などで上司からのプレッシャー、

中間管理職の場合は部下からの突き上げ、

親の介護など。

 

中高年にはうつになる要因が

多く存在している。

 

 

うつ病は、近年増加している

中高年の引きこもりの原因の

ひとつとしても知られている。

 

内閣府の調査では「中高年のひきこもり」が

推計で61万人以上全国に

存在するとされているほどだ。

 

 

引きこもりになってしまうと、

外に出てくることはなくなってくる。

 

引きこもりでも

投資などで生計を立てることは可能だ。

 

 

そんな引きこもりの人が

日記としてブログを

書いていることも増えてきた。

 

「暇が好きな無職のブログ」では、

引きこもりの筆者の日常が描かれている。

 

 

 

中高年の失業と失業生活…貧困の理由と原因は?50代派遣(派遣社員)の地獄とブログ

 

中高年がリストラなどで失業したら、

どうやって失業生活を

送るのかという問題が生じてくる。

 

 

失業すると貧困に

悩まされることも多くなるが、

それはどういう理由からなのか。

 

 

貧困になる原因のひとつは

失業給付のタイミングだ。

 

特に自己都合退職であった場合は

タイムラグが生じてくるので、

無収入状態になる期間が生じてしまう。

 

 

再就職に対しても、

理想と現実のギャップを埋められず

プライドが邪魔をすることも。

 

体調を崩して

活動できなくなるというのも

貧困に陥ってしまう理由となってくる。

 

 

そういう負のスパイラルに陥ると

抜け出すことは容易ではない。

 

失業した後に再就職ができずに

貧困に陥らないようにするためにも、

プライドよりも現実を直視しないとダメなのだ。

 

 

 

中高年の失業率を国際比較!日本は?再就職についても紹介

 

ここまで日本の中高年の

失業についてみてきたが、

海外では中高年の失業率はどのくらいなのか。

 

 

日本における40代後半以降の

中高年の失業率は、リーマンショックがあった

2009年頃に比べれば改善している。

 

それでも3%近い失業率となっている。

 

 

日本と海外は統計のとり方が

異なる部分もあるので、

一概に国際比較できない。

 

しかし、海外における

中高年の失業率は

日本と同じくらいの国が多い。

 

ヨーロッパの中にはドイツのように

日本よりも中高年の失業率が

高い国も存在している。

 

 

全体でみれば

日本の失業率は比較的

低い分類に入るのだ。

 

 

では、失業している中高年の

再就職はどうなのか。

 

 

海外では個人の能力が評価されるので

希望の職種につくことも可能だ。

 

だが、日本ではそれまでの経歴と

異なる分野での再就職が多い。

 

日本で再就職先を探すのであれば、

求人サイトやセミナーへの

参加などが重要になってくる。

 

 

 

中高年の失業と求人、失業手当について

 

中高年が失業したときに

もらえるもののひとつが失業手当だ。

 

失業保険と呼ばれる

公的制度のひとつ。

 

どのような理由でも、

次の職場がみつかるまでの間、

失業手当を受給することが可能となる。

 

 

ただし、失業手当は誰もが

無条件に受給できるわけではない。

 

以前勤めていた勤務先が

雇用保険に加入し、

一定の条件を満たしている必要がある。

 

失業手当を受けている間に

次の職場を決めるために、

求人情報を閲覧し就活をすることになる。

 

求人情報は失業手当を申請する

ハローワークで閲覧することもできるが、

ハローワークの求人は給与が低いことも多い。

 

 

中高年となれば出費も多く、

一定の収入は確保したいところだ。

 

そのような場合に使えるのが

【From40】

という40代、50代向けの転職サイトだ。

 

このサイトにはスカウトサービスもあるので、

掘り出し物の求人に出会える

可能性もあるのが特徴だ。

 

ただ、スカウトサービスにも

当たり外れがあるので気をつけよう。

 

 

 

まとめ…失業率は低いが派遣は厳しい。しっかりしたサポートで再就職へ

 

日本の失業率は

海外に比べれば低い。

 

それでも中高年で

派遣社員となると厳しいのが現実だ。

 

 

公的制度として失業手当もあるので、

手当を受け取りながら再就職を目指し

就活することで、新しいステージへと進める。

 

しっかりと情報を集めて行動しよう。

 

 

失業を機にオンラインビジネスを立ち上げ、見事な復活を果たした小重。

自分と同じ元神経質だったりする(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. さえ より:

    50代で派遣社員、、なかなか大変ですね。
    失業保険は失業して少ししないと貰えないのは知っていました。
    ただその間の蓄えくらいはしておくべきですよね。

  2. さなえ より:

    コロナショックによる世界経済の失速は、これから影響してくるでしょうね。
    また不況がやってきそうです。
    キースさんのブログにあるように、中高年はとにかく派遣でもいいから会社に潜り込むべきですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ