人と話す仕事の種類!喋る仕事、人前で話す仕事…話すのが得意なら。英語を話す仕事、求人シニアも紹介


 

「人と話すことが楽しい」

 

そんな素晴らしい『話す』という

スキルを活かせる種類の仕事があるのか、

話すのが得意な人ほど気になるはず。

 

 

人と話すことが得意というだけでは、

一見大したスキルではないと思われがちだ。

 

しかし、「コミュ障」という言葉があるくらい、

人と話したり交流したりすることを

苦手に感じている人は多い。

 

 

そんな中、

人と話すことが得意だというのは

ひとつの光る才能。

 

巧みな話術で相手の考えていることを

「上手に引き出せる」「交渉術を持っている」

とも考えられる。

 

 

実際に人と話すことが得意、

相手を説得させられる話術を持っている人材を

欲している企業はたくさんあるのだ。

 

 

今回は人と話すのが得意な人が

活躍していける職種や業界について考えていこう。

 

 

 

人と話す仕事の種類!人と話すのが好き、話すのが得意…話すことが好きなら人と喋る仕事(喋る職業、話す職業)を。1対1で話す仕事なら?

 

まずは人と話す仕事の中でも、

相手と1対1で話をすることが多い

業種、業界の種類を主に見ていこう。

 

1人1人と向かい合って話をするため、

相手のことをより深くまで理解することが

得意な人にとっては良い仕事と言える。

 

 

【アパレル店員として服を紹介する】

 

人と話すのが好きで、

ファッションにも精通しているなら

アパレル業界を検討に入れてみると良い。

 

客は大抵自分の好みを持っていたり、

理想のファッションスタイルを

想像して来店する。

 

 

アパレル店員は、そんな客の要望を

1対1で向き合いながら上手く聞き出して、

理想のファッションを作り出していく。

 

 

もし人と話すのが得意なら、

そんな仕事も苦になることなく、

店の売り上げにも貢献できること間違いなしだ。

 

 

【コーチングで専門スキルを伝授する】

 

何か得意なことがあるのなら、

コーチングを始めるという手もある。

 

 

誰もがそのスキルを求めているわけではない。

 

しかし、インターネットが普及しているこの時代なら、

上手く宣伝活動できれば、そのスキルを

求めている人も少なからず見つかるだろう。

 

 

相手との交流の中で現状を把握し、

スキルを身につけてもらうための手法を

上手く伝える必要がある。

 

難しい業種の一つではあるが、

やりがいのある仕事に違いない。

 

 

相手と1対1で向かい合って

仕事をする業種はたくさんある。

 

自分のスキルと照らし合わせながら、

向いている仕事を探してみると良い。

 

 

 

人前で話す仕事の求人!得意な仕事は見つかる?

 

今度は上に挙げたものとは別に、

複数人前で話す仕事の種類や

特徴を紹介していこう。

 

 

1対1のみならず人前で話すのが得意な人、

緊張することがないという人に

ぜひ参考にしてもらいたい。

 

 

【結婚式の司会で、新郎新婦の思い出に残る式を作り上げる】

 

結婚式の司会進行役。

 

これはとても責任のある仕事の一つだ。

 

 

夫婦にとって一生に一度の大イベントであり、

新しく始まる2人の生活の大切な門出となる。

 

新郎にも新婦にもこだわりがたくさんあり、

その2人のこだわりが共通していないこともある。

 

 

結婚式の進行役は、

そんな2人の式に対する要望を上

手く融合させてあげる必要もある。

 

 

当日は式を進行する仕事が待っており、

来客全員にできるだけ

満足してもらわなければいけない。

 

 

もちろん、司会なのだから

自分が主役となってはいけない。

 

新郎新婦を引き立てなければならないのだ。

 

 

もし話すことが好きだというなら、

結婚式の司会のように

責任のある職を目指してみるのも良い。

 

 

【塾講師として将来への道の手伝いをする】

 

得意科目があるなら、

話術を活かして塾講師として

働くという選択肢もある。

 

 

塾講師というのは、

ただ頭が良ければいいというものではない。

 

 

多様にいるタイプの生徒全員に、

わかりやすく勉強内容を伝える必要がある。

 

 

塾に来ているからといって、

全員が勉強に対して熱心な

姿勢を持っているわけではない。

 

中には親に勧められて

仕方なく通っている生徒だっている。

 

 

そんな環境の中、

塾講師は生徒全員の成績を

上げる必要があるのだ。

 

 

そのためには生徒一人一人と交流し、

苦手科目や得意科目の把握、生徒のやる気の引き出し方など、

様々なアプローチの手法を身につける必要がある。

 

話すことが大好きで、

人の面倒を見るのが苦にならない人にとっては

向いている業種のひとつだ。

 

 

以下に、人前で話す仕事の求人を取り扱っている

求人サイトをまとめているので、参考にしてほしい。

 

 

indeed

 

CMも多く出している求人検索サイトだ。

 

上記に挙げた

結婚式の司会業の求人も

多く扱っている。

 

 

塾講師ナビ

 

全国の塾講師の求人をまとめてある

求人検索サイトで、

大手塾の求人も多数紹介している。

 

 

 

人と話すことが得意でも苦手でも・・

オンラインを活用して安定収入を得る方法とは?

 

 

英語を話す仕事、求人シニアを紹介!

 

人と話すことが好きで、

かつ英語のスキルもあるなら、

仕事の幅は大きく広がる。

 

 

日本語のみならず

英語を話す仕事ができると、

その分仕事も顧客も増えるのだ。

 

 

ただ、採用の条件として

一定の英語力を

設定しているところも多い。

 

 

自分の理想の仕事を獲得するには、

ある程度会話レベルを

向上させる必要はある。

 

 

しかし、英語力を持っていると、

シニア世代だとしても

仕事が得やすくなる可能性がある。

 

 

ここではシニア向けの

英語を話す仕事の一例を見ていこう。

 

 

【ツアーガイドとして旅の思い出作りの手伝いをする】

 

シニア世代なら、

ツアーガイドという

仕事を検討してみてほしい。

 

 

長い年月をかけて

経験してきた日本文化を、

英語で外国人に伝えるのだ。

 

 

日本に訪れる外国人は、

今の日本文化にも興味はあるが、

伝統文化にだって興味があるものだ。

 

 

土地のリアルな伝統文化を伝えられるなら、

その土地を訪れた観光客は

満足して帰ることができるはずだ。

 

 

【ホテルや民泊の受付で外国人客を受け入れる】

 

海外から日本に旅行に来ると、

大抵の人は見知らぬ土地に来るのだから

緊張していることが多い。

 

せめて泊まる場所でくらい

母国語が通じると安心するものだ。

 

 

英語が話せるなら、

宿泊施設の受付の仕事を

検討してみるのも良い。

 

 

近隣の土地や文化に詳しいのなら、

観光客におすすめの観光スポットを提示して、

より旅を満足したものにする手伝いができる。

 

 

海外の日系企業に

直接雇用してもらう、

現地採用もシニア層の求人は多い。

 

 

以下サイトでは、

英語を話す仕事の

シニア向け求人を取り扱っている。

 

自分に合った求人を探してみてほしい。

 

求人ボックス

 

大手求人検索サイトのひとつであるが、

シニア歓迎という求人を多く扱っており、

英語を話す仕事も多数紹介している。

 

 

 

逆に人と話すのが苦手…仕事は何がいい?

 

人と話すことが好きな人に

焦点を当てて話してきたが、

逆に人と話すのが苦手な人もいる。

 

 

そういった人は、

出来る限り人と関わる機会の少ない

仕事の種類の方が気になるはずだ。

 

 

現在ではインターネットも普及している。

 

そういった人に

うってつけの仕事もたくさんある。

 

ここでは、

人と話すのが苦手な人向けの

仕事の種類や特徴を紹介していく。

 

 

【ネットショップを持って自分の興味のある商品を売る】

 

インターネットが普及している現在では、

物を売りたいと思った時に

必ずしも実店舗を準備する必要はない。

 

 

インターネット上だけに自分の店を構え、

自分が気に入った物やハンドメイド品を

売るということができるのだ。

 

 

既存のオンライン決済システムを利用すれば、

自分の手で全てを作り上げる必要もない。

 

 

もちろん、人から気に入ってもらえる

商品の作成、選定や、認知度を上げるための宣伝等、

努力が必要な部分は多々ある。

 

 

しかし、人と話すのが苦手な人にとっては、

実際に相手と顔を突き合わせて話す必要がないので、

苦痛は大きく軽減するはずだ。

 

 

 

まとめ

 

いかがだっただろうか。

 

 

今回は人と話すのが好きな人向け、

また、逆に苦手な人向けの

仕事の種類や特徴について話してきた。

 

 

人と話すのが好きというスキルはわかりづらく、

一定の物差しで測れるものでないため

評価されづらいものではある。

 

 

しかし、話すスキルを

必要としている業界は多数ある。

 

 

話すことが得意なら、

ぜひその素晴らしいスキルをアピールして、

理想の仕事を手に入れてほしい。

 

 

逆に人と話すのが苦手だとしても、

今のご時世において

仕事に困ることはないはずだ。

 

仕事と言われると、

就職活動をして企業等に

就職することをイメージしがちだ。

 

 

しかし、やろうと思えば

自分でオンライン上で

仕事をすることだって可能なのだ。

 

 

世の中には

さまざまな形態の仕事がある。

 

 

固定概念にとらわれず、

柔軟に自分に合った仕事を見つけて、

後悔しない人生を送ってほしい。

 

 

 

人と話すのを天職として楽しんでいた、監査法人時代のトミー。

自分と同じく元ネガティブ出身の男だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. きよ より:

    人と話すのは苦手ではありませんが、前にdanさんがおっしゃっていた落ち着いた話し方ではないので後悔することが多いです。。

  2. さくら より:

    話すことは大の苦手です。いわゆるコミュ障です。
    話すのが得意、好き、営業職ができる人は宇宙人のように思えます。
    人と話すのが得意でも不得意でも仕事はありますが、やはり得意な方が有利だと思います。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ