岐阜が移住に人気?ドラマや50歳の仕事、支援(暮らしのサポート)や体験(お試し移住)…補助金やおすすめの場所も紹介!デメリットで失敗したと後悔しないために


今、岐阜は移住者に注目されているエリア。

その割に移住の情報が少ない。

 

 

そこで、この記事では岐阜への移住について紹介。

 

支援策も用意されているので、

実際の移住者の話も参考に検討していただきたい。

 

 

 

岐阜で移住に人気の場所…おすすめは?ドラマにも登場?

 

岐阜で移住先として人気の場所は、

名古屋に近くて便利な「岐阜市」

 

刃物の「関市」

和紙の「美濃市」も人気だ。

 

 

観光気分を味わえる飛騨地方も風情があって癒される。

 

 

2017年放送された

「岐阜にイジュー!」というドラマでは、

加茂郡白川町が舞台となった。

 

 

岐阜県は田舎の風情を味わえ、

そこまで不自由がないという点に魅力を感じる人が多い。

 

 

岐阜に移住を考えるなら格安な賃貸や物件も多いが、

まずは「お試し住宅」を活用するのがおすすめだ。

 

月13000円~からの賃貸なので負担が少ない。

 

実際に住んでみると、

食の探しやすさや住みやすさなどを体感できて、

多くの気づきを得られる。

 

 

 

岐阜に移住、仕事の支援や補助金など移住支援について

 

移住者獲得に積極的な岐阜では、

移住体験者と話ができるバスツアーがある。

 

 

他にも岐阜に移住を考えている人向けのイベントが多い。

仕事を探すための体験イベントもあり、移住支援が充実している。

 

起業を考えている人向けの「ぎふ起業家育成塾」

 

信用保証協会の保証を利用する際の

信用保証料全額を県が補助する

「岐阜県中小企業資金融資制度(創業支援資金)」もある。

 

若年~中年サラリーマンの

第二の人生を応援する仕組みが用意されているのだ。

 

 

もちろん仕事だけでなく、住居も価格バリューが高い。

都心からの移住者が驚くような価格で賃貸や土地付き中古物件がある。

 

ある程度貯蓄があるなら「新築」「リフォーム」もおすすめだ。

岐阜では「木」を利用した「新築」「リフォーム」は、補助金が出る

 

ただし、年間に決まった数だけとなるので、早めの応募が必要だ。

 

 

 

岐阜に移住しても安定収入を得るには?

 

 

岐阜に移住した人の体験…失敗したと後悔しないために移住体験を知ろう

 

岐阜では、移住を推進するだけでなく、

長く定住してもらうために、

移住定住を目的としたサポートも用意されている。

 

 

長く定住してもらえる子育て世代にきてもらうため、

子供を育てやすい環境作りに力をいれている。

 

 

自然豊かな岐阜では、

昨今話題の「森のようちえん」や、

何歳でも参加可能な「プレーパーク」がある。

 

より自由な自然の中、

たくましく生きていける力を育めるとして人気だ。

 

 

他にも子育て世代に特典がある「ぎふっこカード」や、

子育てを応援するサイト運営なども用意されている。

 

 

岐阜の移住体験者のブログは子育て世代が多く、

3、4人の子供を育てている家庭も少なくない。

 

 

一方で、移住者に失敗したと感じる人もいる。

 

後悔の理由で多いのが

 

・気候

・地域コミュニティーへの参加

・想像を超える不便さ

 

など。

 

 

いかに移住しやすく人気がある岐阜でも、事前に

短期間の移住体験や、現地のイベントに参加するのは必須と言える。

 

しっかり事前準備をしてから行動に移すようにしよう。

 

 

わたしが『岐阜市での暮らし』に決めた理由

 

岐阜移住者インタビュー

 

 

 

まとめ。岐阜に移住し定住するために…

 

国内での移住を考えるなら、

飛騨高山が有名な岐阜はどうだろうか。

 

日本でも名水として有名な「長良川」があり、

名古屋にも近い場所でもある。

 

 

観光に力をいれる自治体も多いが、

最近の地方都市の自治体は

住民を増やそうと様々な工夫をしている。

 

 

特に岐阜は移住先に選んでもらうために、

移住ドラマの放送や仕事を通じての移住体験など、

各種イベントを開催して積極的に活動している。

 

 

岐阜県は年々移住者が増えている。

平成30年度は過去最高の1,519人。

 

特に20~30代の子育て世代が7割で、

人口は減少してはいるものの、

県の狙い通りの結果が出ている。

 

 

他の自治体以上にサイト運営にも力を入れている。

 

自治体のサイトに掲載されている移住体験者ブログが多いのも、

成功要因の一つだろう。

 

 

日本国内とはいえ、

地域によって「言葉」「生活習慣」「食べ物」などは違う。

 

 

受け入れ体制が整っているとはいえ、

体験者の言葉を聞き、実際に自分で体験し、

自分にとって最適な人生が過ごせるか見定めるのは重要である。

 

 

 

埼玉から岐阜にドカンと移住したのは、

自分と同じく太った猫好きのあかねさん(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ