沖縄に移住、50歳の仕事…40代でも?後悔は費用で…老後の現実と失敗。物件など移住者の支援(移住支援)をブログで紹介


 

沖縄への移住は常に人気だが、

実はデメリットを知らず後悔する人が多い。

 

 

そもそも、

 

・移住先として沖縄のどの町が人気なのか

・移住後どんな仕事があるのか

・どのくらいの費用がかかるのか

 

これらを知らないことには

一歩を踏み出しにくい。

 

 

今回は沖縄の移住の現状についてみていこう。

 

 

 

沖縄が移住におすすめの理由!離島など移住におすすめの地域は?

 

沖縄への移住者は何を理由に移住をしたのか。

 

人気の理由の一つは、やはり綺麗な海だろう。

海が見える場所は沖縄以外にももちろんあるが、

一番の魅力は綺麗な海だろう。

 

特に沖縄の離島であれば

より綺麗な海を身近にみることができるので、

おすすめの地域といえる。

 

 

2017年に調査された

沖縄への移住者数の推移を市町村別でみると、

離島の石垣島が、男女ともに本島の那覇市についで多い。

 

石垣島の次に多いは宮古島だ。

 

他にも竹富島などが上位にきているが、

本島以外で一番人気なのは石垣島だ。

 

移住先としては石垣島は13%台だが、

他は割合では1桁台と差がある。

 

 

石垣島は移住先に人気であり、

大阪などからの直行便も運行されるなど利便性もいい。

おすすめの地域のひとつであるのだ。

 

 

 

沖縄に移住して仕事をする50歳の女…仕事探しは30代・40代・50代でも可能?

 

移住先を沖縄にするとして、どんな内容の仕事があるのか。

 

残念ながら、

沖縄の求人倍率は全国でもワースト1、2を争う

正社員となると仕事は探しにくい。

 

だが、アルバイトなら仕事は探しやすい。

 

加えて、沖縄にはアメリカ軍の基地があり、

英語力があれば30代以降でも採用される

 

 

沖縄はアメリカ人が多いので、

英語力は基地以外でも、飲食業などで活かすことができる。

 

英語ができれば沖縄では年齢関係なく働くことができるのだ。

 

 

沖縄は全国平均よりも賃金が低いのがデメリットだ。

 

しかし、これを逆手に取り、

沖縄以外に拠点を置く企業が人件費を抑えるために

沖縄にコールセンターを設置していることがある。

 

コールセンタースタッフは女性が採用されやすい。

 

業務内容が電話対応であることから、

40代や50代の女性でも働けるケースがあるのだ。

 

 

 

沖縄に移住して物件を賃貸!引っ越しや生活の費用…一人暮らしならどれくらい?

 

沖縄へ移住する費用は、一人でも

引っ越しの費用や敷金、礼金、契約時の渡航費用などで

少なくとも50万円はかかると考えなければいけない。

 

一人でこれだけの費用がかかるので、

家族で沖縄に移住するとなると、

費用は倍の100万円以上になると考える必要があるだろう。

 

家族の人数によっては

引っ越しだけで200万円近い金額になる場合もあるのだ。

 

 

沖縄移住で賃貸契約をするなら

地元の不動産業者へあらかじめ連絡したうえで

渡航し契約すると、費用を少し抑えることができる。

 

 

今ではネットを利用して

移住先の物件を写真付きでみることもできる。

 

いいと思った物件を扱っている不動産屋に連絡してから

渡航すれば費用を抑えられるだろう。

 

 

物件情報は「グーホーム」などを参考にして探すといい。

 

グーホーム

 

 

 

沖縄に移住しても低賃金に困らない。

安定収入をオンラインで得るには?

 

 

沖縄への移住者のための移住支援。支援の制度(就職など)…支援センターの口コミは?

 

沖縄への移住や就職への支援制度を紹介する。

 

県全体で行っているわけではないが、

結婚による移住や新規で農業を始めるといった場合に

補助金を出している自治体もある。

 

 

経験上、引っ越し代も含め移住にはかなりの費用がかかる。

 

移住先がなんらかの支援制度を設けているなら

積極的に活用したいところだ。

 

 

NPOの移住支援センターによるセミナーも行われている。

 

このセミナーは移住を検討している人に対する

情報提供を目的としているものだ。

 

開催は不定期なので、

支援センターのサイトを確認しなければいけないが、

口コミ情報を含めた生の情報に触れられる。

 

少しでも移住を考えているのであれば

参加することをおすすめする。

 

 

 

老後に沖縄に移住して後悔…失敗の理由は費用?老後の厳しい現実…失敗談を紹介

 

沖縄への移住がおすすめできない場合もある。

 

 

ひとつは、引っ越し代以外にも何かと費用がかかること。

 

例としては、宅配便の送料だ。

通信販売などを使用するときに発生する送料だが、

沖縄に送る際は送料が北海道宛と同じく、他よりも高くなる。

 

これは運搬手段が海を隔てるために

限られることが大きな理由だが、

これが後悔の理由になることもあるのだ。

 

 

公共交通機関も本州に比べ利便性が悪く、渋滞も多い。

 

 

老後の移住であれば仕事については心配ないかもしれないが、

公共交通機関の利便性が悪いことが後悔の理由や

失敗談として語られることも多い。

 

 

 

沖縄に移住した女子や看護師のブログで家族の様子などをチェック。ランキングも紹介!

 

沖縄への移住に失敗したとブログで書かれることも多い。

 

 

一人で移住し失敗したケースも、

家族での移住に失敗したというケースもある。

 

 

もちろん移住し、定住したことを記しているブログもある。

 

 

沖縄への移住をブログで書いている

新潟から移住した家族のブログには、

日々の沖縄での生活が綴られている。

 

 

また、沖縄移住ブログを書いていた

エバという会社を経営している女性もいる。

 

こちらは現在閲覧は制限されているものの、

沖縄でどのような生活を送っていたかを

個人の視点で綴っていたものだ。

 

 

他にも沖縄に応援の看護師として滞在し、

そのまま移住した女性のブログもある。

 

 

沖縄への移住者が綴るブログのランキング

「人気ブログランキング 沖縄」がある。

 

このランキングからブログを閲覧すれば、

どのような生活を送っているのかを知ることができるだろう。

 

人気ブログランキング 沖縄

 

 

 

まとめ…必ず成功するわけではない移住。しっかり情報を得てから移住しよう

 

沖縄への移住は必ずしも成功するわけではない。

 

失敗し戻ってくる人もいる。

 

 

移住を成功させるためには、

どのくらい費用がかかるのかなどを

あらかじめ知っておくことが重要だ。

 

 

支援制度をうまく活用することでも成功に近づける。

 

仕事探しも含め、しっかりとした情報収集をすることが必要だ。

 

 

 

沖縄に移住した後に後悔して埼玉に戻ってきたのは、

自分と同じ太った猫好きの妹リエだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ