北海道に移住して後悔…失敗と現実!ランキングや50歳の仕事の支援(移住支援)、体験(移住体験)、農業の補助金、デメリットをブログで紹介【2020年最新】


 

北海道への移住が人気だが、

初めての場所であれば後悔することも

もちろんある。

 

 

では、後悔しないためにはどこに行けばいいのか

移住した後、仕事などはどうすればいいのか

 

北海道へ移住し後悔しないためにも、これらについて調べていこう。

 

 

 

北海道に移住…ランキングだとどこ?おすすめの場所も紹介。体験のツアーも?

 

 

北海道への移住を考えるとき、

どこに移住すればいいだろうか。

 

 

都会から移住するのであれば

おすすめの場所は県庁所在地の札幌市や旭川市といった都市になる。

 

少し都市から離れた田舎であれば

「住みたい田舎ランキング」の北海道エリアで紹介されている沼田町など。

 

このランキングには、

旭川市や深川市といった札幌市に比較的近い都市も入っている。

 

 

特に旭川市は札幌市からJRの特急で約1時間の北海道第2の都市で、

冬でも9割台の就航率を誇る空港があるなど、

首都圏からのアクセスもよく住みやすいのも魅力だ。

 

 

そんな北海道だが、

実際に移住するときに試すことはできないのだろうか。

 

実は、北海道には移住お試し体験住宅があり、

2019募集も行われた。

 

 

お試し募集をしているものの多くは郊外の市町村が多いが、

札幌市や旭川市からのアクセスが良い町の募集もある。

 

都市ではない郊外の市町村に移住を考えるのであれば、

こういうものに参加し、

実際に体験するのがギャップを埋めるのには重要だ。

 

 

このお試し移住は体験ツアーという形で募集していることもある。

一人でお試し移住をするのはちょっとという場合でも

体験ツアーであれば参加しやすいだろう。

 

住みたい田舎ランキング

 

 

 

北海道に移住して失敗したと後悔…費用は?その現実と体験(住宅などの体験談)は移住体験のブログや2chで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道への移住の現実はどうなのか。

 

北海道移住の2chまとめでも体験談がまとめられることがあるが、

そこも良いことばかりまとめられている訳ではない。

 

中には後悔することもあるが、

後悔の理由にはどのようなものがあるのか。

 

 

北海道への移住ブログでは冬に関する記述がやはり多い。

北海道は本州などと異なり冬は長く、雪も積もる。

最初は新鮮だが、やはり気が滅入ることも多い。

 

 

また、北海道の移住で気になる仕事だが、仕事はある。

仕事はあるのだが、給料が安いのだ。

 

北海道は基本的に給料は安い

 

しかし、本州並の給料がもらえる仕事がないだけで、

内容を選ばなければ普通に生活できるだけの仕事はある。

 

 

いわゆる移住となると長期的に住むというイメージだが、

季節限定の短期移住という方法もある。

 

北海道に短期移住したブログもあるが、

本州では暑い夏に涼しい北海道への短期移住というのが主な内容だ。

 

 

今では別荘を所有するのではなく、

借りるサービスがあるので

所有するよりも費用は安くなる。

 

 

もちろん仕事の問題はあるが、

冬に当たらなければ

過ごしやすく後悔もないだろう。

 

 

北海道の東川町では

移住体験という形で住居の貸し出しも行っている。

 

長期的な移住をする前にこれらのサービスを利用して

短期で季節限定の移住からはじめれば後悔することもないのだ。

 

 

 

北海道に移住しても

長期的に安定収入が得られる方法とは?

 

 

北海道に移住、仕事の支援は?札幌や農業の仕事など移住支援や支援金(補助金)など支援制度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道移住は明治時代の開拓からはじまったものだ。

 

北海道移住は明治時代に香川県や広島県など各地から入植し、

札幌に近い北広島のように

地名にも出身地の地名を取り入れたものが多いのがその名残だ。

 

 

そんな北海道移住だが、支援は手厚いことが多い

それだけ北海道への移住支援を充実させることで、

人を呼び込もうとしているのだ。

 

 

例えば、黒松内町であれば

基幹産業の農業を守るために、

農業の担い手には補助金を出している。

 

 

また、雇用機会の創出を目的とした支援を行うことで

北海道の田舎へ移住しても仕事があるという状況を作っている。

 

また、移住先として人気の北海道の東川町では

移住し仕事をする際にも農業だけでなく

新規事業に対しても支援を行っている。

 

もともと旭川市に近い町ではあるが、

この制度を活用することで仕事をすることが可能になる。

 

 

ただし、飲食店などは夜が苦戦している上に

もともとのパイも小さい。

 

現地で新規に仕事をするのであれば

何も考えずにするのはダメだ。

 

 

一方、東川町は水道代がかからないなど

生活費も抑えられるのが人気の理由となっている。

 

 

 

まとめ…季節限定移住などで体験してから本格的に移住しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道への移住はいいこともあれば後悔することもある。

 

後悔しないために、

体験ツアーや季節限定の短期移住を行い、

実際に体験したうえで本格的に移住するのがおすすめだ。

 

 

また、自治体によっては補助金も得られる。

しっかり情報を仕入れて有効活用しよう。

 

 

 

北海道にバコンと移住したのは、

自分の周りでは同じ太った猫好きの根本だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. まや より:

    北海道は今リアルタイムでかなり大変なことになっていますね。
    南に住んでいる私には、寒い冬を越すのが自信ないです。

  2. さなえ より:

    子どもの頃は転勤族だったので、北海道にも住んでいました。
    札幌と旭川。都市部でしたが、母はもう二度と住むのは勘弁って言っています。
    とにかく冬の雪かきがイヤでイヤで仕方なかったそう。
    移住するなら、冬の体験移住は必須ですよ。

  3. ふじなな より:

    北海道移住こそ絶対体験をした方がいいと思う。しかも冬にやるべき。
    美容師をしている北海道在住の友達は、毎年冬に
    「美容師なんだか土木作業員なんだかわからない・・・」とラインしてきます。
    それぐらい毎日雪かきしてるそう。

  4. あん より:

    北海道は賃金が安いんですか。
    やはり農業などが安定なんですかね?
    沖縄や北海道は季節労働が多いイメージです!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ