福岡に移住!補助金は?後悔した芸能人…なぜ失敗?おすすめの人気の場所や支援(移住支援)、移住したい場合の50歳の仕事や計画、デメリットをブログで紹介


 

福岡へ移住を考える人が増えているのは、

都市であると同時に利便性がいいから。

 

芸能人でも移住する人が多い。

 

 

一方、当然後悔する人もいるが、

なぜそうなったのか。

 

ここでは、福岡の特徴を中心に

移住に失敗しない方法をみていこう。

 

 

 

福岡に移住したい!おすすめの理由…人気の場所は?福岡に移住した芸能人って?

 

 

福岡への移住がおすすめの理由の1つは、

なんと言っても交通機関の利便性の良さだ。

 

なかでも特徴的なのは空港の立地。

東京や大阪と違い、国際空港が都市の中心部に近く、

地下鉄1本で行けるなどアクセスが良い。

 

JRの中心駅で新幹線が発着する博多駅からでも地下鉄で5分程度。

市の中心部からでも15分程度で空港に行けるのは

東京や大阪などでは考えられない。

 

 

また、空港や博多駅からは

バスが頻繁に出発しているのも福岡の特徴だ。

 

飛行機や新幹線で到着してから

観光で人気の場所にバスで行く時にも

待ち時間を気にすることなく移動できる。

 

特に博多駅では次々にバスがやってくるので

利便性はかなりいいのだ。

 

ただし、バスは多くやってくるが

それぞれ目的地は異なっているので、

どこに行くかは注意が必要だ。

 

なんとなく来たバスに乗ると別の場所に行ってしまう。

確認を怠らないようにすべきだろう。

 

 

そんな利便性の良さもあり、

福岡に移住した芸能人も多い。

 

元モーニング娘。のリーダーだった中澤裕子や、

映画評論家のおすぎなど。

福岡に移住し地元テレビ局で活躍する芸能人も多くいる。

 

 

 

福岡に移住、補助金は?支援制度…転職と仕事、家族の支援など移住支援についてのセミナーも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡への移住の理由は様々だ。

 

転職など仕事の都合で

単身または家族で移住することもある。

 

 

福岡県が開設している福岡移住を支援するサイトでは

求人についても検索することが可能だ。

 

また、各地から福岡県への移住にあわせて

移住支援金という補助金を受けることも可能だ。

 

この支援金を受け取るには、

指定の市町に移住し、支援金の対象となっている企業に就職するか、

地域活性化などの社会的事業分野で起業することが必要となる。

 

 

金額は家族であれば100万円、

単身では60万円となっている。

 

条件は少々厳しいかもしれないが、

対象となっている場合は積極的に利用するのがいい。

 

 

また、各自治体が移住希望者を対象とした

移住セミナーを開催していることがある。

 

これは移住に関する情報を扱うNPO法人のサイトで

情報が定期的に更新されている。

 

場合によっては各自治体が広報していることもあるので、

チェックしてみるのもいい。

 

 

 

福岡に移住しても

長期的に安定収入が得られる方法とは?

 

 

福岡に移住して後悔…失敗の理由をブログでチェック。楽しいだけではない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡へ移住した人の中には後悔する人もいる。

 

 

その後悔の理由としては主に

 

・東京などと比較すれば年収が低い

・祭りなどで人との繋がりが濃い

・東京や大阪とは違う食文化がある

 

など。

 

 

特に祭りは全国的にも有名などんたくや山笠があるが、

街が一体となって準備をしている分、

それだけ地域との関わりが強くなる。

 

祭りに参加できるのは魅力であり楽しいものだが、

人付き合いが苦手な場合これは大きなデメリットである。

 

 

食文化も、東京の薄味と異なり

甘い醤油を使って刺し身を食べたり、

コシがないうどんだったりと大きく異なる。

 

豚骨などは有名だが、

醤油なども含め、東京や大阪とは異なるので、

移住するにはこれに慣れる必要もある。

 

 

実際に移住した結果については、

各地を移住してきた人が

 

福岡に移住して約2年たったので住み心地などの感想をまとめる

 

という形でブログ化しているので、

参考にすることをおすすめする。

 

 

 

福岡移住計画と言えば須賀さん?求人も?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡移住計画というものがある。

 

この福岡移住計画とは

福岡に移住し暮らしたいと考えている人を支援する

任意団体のことだ。

 

この団体を率いている須賀さん自身が

東京から移住してきた人で、

移住者向けの求人も案内している。

 

この福岡移住計画はイベントも行っており、

イベント開催が決まればサイト上で告知される。

 

この福岡移住計画はママリボンという

母親と子どものために活動している団体と共同で

企画を行うこともある。

 

この企画は福岡移住計画のサイト上でも

その経過を見ることが可能だ。

 

家族での移住などを考えているのであれば、

一度見てみると参考になる。

 

 

 

まとめ…利便性は抜群。制度や文化を理解して移住しよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡は利便性が高い都市だ。

 

移住に際して利用できる制度をうまく活用できればお得だが、

東京や大阪と異なる文化があるのも事実。

 

制度や文化について理解したうえで移住すれば

失敗することはない。

 

 

情報をしっかり収集してから移住するようにしよう。

 

 

 

福岡に移住した知人と言えば、自分の身近では

同じ元ネガティブの小林だろう(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. パッタイ より:

    最近では「福岡=修羅の国」って揶揄されてますね(笑)
    紹介されていたブログに「都会と田舎の中間っていうほどよさ」とあったけど、
    それなりに都市で、でもちょっと走ると田舎っていうのが、
    暮らしには一番いい場所だと思います。

  2. るまんど より:

    福岡に転勤で引っ越した友だちがいます。
    九州は暖かいというイメージだったけど、
    「日本海側のせいか寒い! 雪が降る!」とメールが来て意外でした。
    思っていたのと違う!ってことは結構あると思うので、
    お試し移住は体験した方がいいと思いますね。

  3. あん より:

    福岡は九州の中では一番の都会なので、九州人は憧れている人が多いと思います!
    ただ、場所によって住みやすさが全然違うと聞きました!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ