徳島移住に失敗?移住と仕事、移住ランキング…家賃など支援は?古民家で後悔?移住者のコーディネーターをブログで紹介


 

徳島移住で失敗した多くの人が、

車社会に適応できなかったと語る。

 

日本の多くの地方がそうであるように、

車に頼ることになる負担だ。

 

 

徳島移住のより詳しい情報、

 

徳島に移住しても、オンラインで

長期的に安定収入が得られる方法とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

徳島県に移住したいと考えているなら・・・

 

古民家で失敗して後悔した体験談や

仕事の支援・移住支援、移住者のコーディネーター、

補助金や家賃など、徳島に移住するための情報は必須。

 

 

この記事で紹介する情報は、都会で疲れた体を癒すために

徳島でのゆったりとした生活を楽しみたいという

あなたの徳島移住に役に立つ。

 

 

 

徳島移住で失敗!古民家で後悔した移住者…家賃は?ブログをチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島に移住する魅力を感じて徳島に来たものの、

失敗してしまったというケースもある。

 

例えば

 

・前以上に生活が苦しくなった

・車社会である

・想像していた生活と実際の生活が違っていた

 

など。

 

 

しかし、それらはデメリットにも成り得るし、

少し変えればメリットにもなる。

 

それをどう考えるかは移住者次第であると言えるのだ。

 

また、徳島に移住するあたり

古民家で失敗した……と感じることもある。

 

年季が入りすぎているといった問題もあるのだ。

 

こちらに関しても心配はない。

後悔をしても一瞬。

 

最近ではリノベーションをして

うまく暮らしていくという方法があるため、

古民家を移住者の憩いの地として活用している人もいる。

 

 

このように失敗しても

メリットになることもあるわけだ。

 

家賃3万円で露天風呂付き古民家を借りることができたり、

築150年以上、これぞ日本の古民家といった家が800万円で

購入できることもある。

 

 

徳島県への移住を考えているなら、

移住者のブログや空き家バンクなども活用して

費用を安く抑えて生活をすることも可能である。

 

 

【徳島県へ移住して田舎暮らし、第二の人生】

 

 

 

徳島に移住するならおすすめの仕事や場所は?支援(コーディネーターやコンシェルジェ)や補助金など移住支援

 

 

徳島県の移住サポートは非常に充実している。

 

その理由が徳島の移住支援として

徳島移住ツアーがあることだ。

 

 

「とくしま移住実現サポートツアー」という

本気で徳島県に移住したいと考えている人にとって

嬉しいツアーとなっている。

 

その中身は古民家見学と昼食、

移住者による取り組みで全国から注目を集めるエリアの神山見学ツアー、

地域の食材を使った夕食など。

 

徳島県を十分に堪能できる2泊3日のツアーだ。

 

こういったツアーは何度か開催されているため

「住んでみんで徳島で!」のサイトをチェックしてほしい。

 

 

こうした取り組みもあってか、

徳島県の移住者数は、2017年度で1,200人(2018年6月情報)。

 

特に阿南市については

県外からの移住者が約200人ほどだ。

 

 

阿南市については仕事が多く、

子育て支援や定住促進課、移住コーディネーターといった移住支援サポートの

窓口が設けられていることから前年度に比べ県外からの移住者も増加。

 

 

徳島の移住をサポートする心強い味方がいるのは、

移住コンシェルジュが在籍している

徳島県の移住せんなー(とくしま移住交流促進センター)。

 

その名の通り、徳島へ移住希望の方の相談に乗ってくれる。

 

コンシェルジュによって徳島へ移住する計画をすぐに立てられ、

同フロアにはジョブステーション、

ハローワークなどもあるため就職相談もできる。

 

すぐにでも仕事の相談ができることもおすすめの理由だ。

 

 

徳島県には移住者がスタッフとして働いている移住者カフェの求人もあり、

移住者の方も大歓迎の趣ある「ハレとケデザイン舎」もある。

 

廃校を利用した異世界空間の漂うカフェで、

ノスタルジーな雰囲気を味わうことができる。

 

徳島県の移住サポートの中には

 

・東京23区に5年以上連続して住んでいた

・「ジョブナビとくしま」掲載の「移住支援金対象事業」の企業に就職している

・その他の起業予定者への補助金制度

 

などがある。

 

 

それぞれに条件があるため、

詳しくは移住支援情報をチェックしていただきたい。

 

移住支援情報【住んでみんで徳島で!】

 

 

 

まとめ…徳島の移住ランキングを過信しない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引退後は田舎での生活を考えている人や、

都会での生活に疲れたからどこか離れたところに行きたい人も

優しく迎えてくれるのが徳島だといえる。

 

支援サポートも整っており、

さらに移住者に向けた就職サポートやジョブステーションもある。

 

 

いつ行くにしても遅いということはない。

 

地方で自分の生きたいように生きてみたいのであれば、

徳島県はおすすめの地域だ。

 

 

そう・・・自分と同じマザコンのあつもとが

45を過ぎて移住したように(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは4件です

  1. さら より:

    前以上に生活が苦しくなったもいうのはどうしてでしょうか??
    古民家も一見響きはいいですが、修繕が大変そうですよね。

  2. ふじなな より:

    日本全国いろいろなところで移住体験ツアーってあるんですね。
    そのうち体験移住が趣味なんて人が出てきたりして。
    もしかしてもうやってるブログとかあるかな?

  3. さなえ より:

    都内育ちのいとこは転勤で地方に行って、車社会で困ったと言っていました。
    免許はもってるけど使うことなくペーパードライバーだったため、
    慣れるまで時間がかかったそうです。
    徳島も車社会だろうから、そのあたりは良く検討した方がいいですね。

  4. さえ より:

    徳島はある意味海に囲まれているので、ちょっと閉鎖的な感じがします。
    築150年以上の古民家気になります。笑

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ