京都に移住、50歳の仕事は?計画やコンシェルジェ、おすすめの場所や田村篤史のブログについて…補助金などの支援、デメリットで失敗したと後悔しないために


 

旅行先としてだけではなく、

移住先としても注目を浴びている京都。

 

ただし、観光地としてのデメリットも・・・

 

 

そこで今回は、京都への移住に関する詳しい情報をお伝えしていきたい。

 

 

 

京都に移住、仕事や補助金など支援は?コンシェルジェも活用!

 

 

昔から人々の関心を惹く京都は移住先としても人気がある。

 

近年では、移住ブームの流れを受け、

京都府により京都移住促進プロジェクトが立ち上げられた。

 

移住の際の案内人として

京都移住コンシェルジュが配置されており、

これまでに2000人以上の相談に対応した実績がある。

 

 

では、京都移住コンシェルジュ活用のプロセスを見ていこう。

 

まず、大阪・東京・京都にある相談窓口宛に

電話かメールで相談予約を入れる。

 

 

次に、予約日に現地の窓口で

相談員から直接話を聞くことができる。

 

その後、現地での案内や移住後の生活相談なども

手厚くサポートしてくれる。

 

 

なお遠方で窓口まで行けない人は、

電話かメールでの相談も受け付けているようだ。

京都に移住したいと思ったら、まずはこちらに相談してみるといいだろう。

https://concierge.kyoto-iju.com/

 

その他に移住を考え始めた際にオススメなサイトが、

京都移住計画サポートセンターの

「住むなら京都(みやこ)」だ。

 

移住に関する情報や、体験談も掲載されており、

移住を考え始めたらチェックしてみるといいだろう。

https://cocoronosousei.com/

 

他県では、移住に伴い

各種補助制度が導入されていることが多い。

 

京都でも移住の際には、

指定の地域への移住者について様々な補助がある。

 

 

市によっては空き家に入居する際の引っ越し費用や、

改修費用などの補助金が出ることもある。

 

移住したい地域や

住む家によって補助の有無や内容が変わるため、

イメージを明確にしておく必要がある。

 

 

また京都に移住する際の交通費の補助の有無についても

地域ごとに異なるため確認が必要だ。

 

そして京都に移住するのなら、

やはり重要なのが仕事探し。

 

中心部ならともかく、

京都の田舎の方に移住したい場合、

仕事があるのかどうかも気になるところ。

 

 

京都府では移住者向けの就職支援も行われている

移住希望地域での仕事探しにも親身になってくれるだろう。

 

移住に伴い起業を考えている人向けの支援センターもあるため

キャリアに応じて活用したい。

 

 

また家族で京都に移住するなら気になるのは子育てについて。

京都では各種子育て支援も充実しており、子連れの移住にも安心だ。

 

内容は移住先の地域や条件により異なるため、

あらかじめ確認しておきたい。

 

 

では京都へ移住することの

メリットやデメリットはどんなものがあるのか、

いくつか挙げてみよう。

 

 

まずメリットとしては、

京都の歴史や文化に間近に触れられるところ。

 

観光スポットにもアクセスしやすいところが魅力的なポイントだ。

 

 

逆にデメリットに挙げられるのが京都の夏の暑さ。

京都は地形上、気温が上がりやすい。

また湿度も高いため、夏の間は一日中じっとりした暑さが続くことも。

 

自分も京都に訪れたことがあるが、夏はとにかく暑い。

さらに冬は底冷えし、とてつもなく寒い。

 

京都に住むなら、このことを覚悟しておいたほうがいいだろう。

 

 

 

京都に移住しても

長期的に安定収入が得られる方法とは?

 

 

京都に移住するならおすすめは?計画を田村篤史のブログで…失敗したと後悔しないために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な見どころがある京都は移住した芸能人も多い。

 

女優の本上まなみ、

最近では安室奈美恵が京都に移住したことで話題になった。

 

 

では実際に住むにはどこがいいのだろうか。

移住にオススメな場所の一つが、

京都移住計画三和町のコラムでも紹介されている福知山市の三和町。

 

町の人たちが優しく田舎独特の疎外感もないため

移住者も多く、若者や家族連れに人気のエリアとなっている。

 

お試し移住として、タイミングが合えば

期間限定で現地の住宅に住むこともできるため、

興味のある人は考えてみてもいいだろう。

 

 

やはり旅行で行くのと実際に住むのとでは大きな違いがあり、

実際に住んでみないと分からないこともある。

 

移住した人の後悔の理由としては、

土地や人に馴染めなかったというものもあるようだ。

 

そうならないために、

事前に相談会や体験ツアーに参加し、

移住後のイメージを掴んでおくことが大切だ。

 

 

そこで注目したい団体が京都移住計画だ。

京都移住計画は、

京都に住みたい人向けに様々な活動を行っている任意団体だ。

 

代表の田村篤史氏は京都出身。

数々のプロジェクトを主催し、人と地域とをつなぐ役割を担っている。

 

 

京都移住計画の所属メンバーである藤本和志氏は広島県出身で、

京都移住コンシェルジュの一人。

 

移住に関して質問や悩みがあるときは

一度相談してみることをオススメする。

 

この京都移住計画は、

京都の見どころの他に、移住者向けに求人や物件も紹介している。

 

 

その他に移住者や移住希望者の交流の場として

「京都移住茶論」というイベントを定期的に開催している。

 

実際に移住した人の生の声を聞くことで

移住後のリアルな生活を想像しやすい。

 

 

過去に開催されたイベントは

京都移住計画のアンケートでも好評だ。

 

京都移住計画のサイトの情報を活用し

疑問や不安点を解消しておくことで、

失敗リスクを減らしておくことにもつながるだろう。

https://kyoto-iju.com/

 

 

では、最後に移住を考えている人におすすめのブログをいくつかご紹介したい。

 

 

京都を見つける
2018年に移住した方のブログ。京都ならではの神社仏閣めぐりをはじめ、

イベントや飲食店情報が詳しく記されている。

 

京都暮らしdiary☆
京都在住歴5年の女性のブログ。京都での日常が写真つきで見られるため、

移住後の生活の参考になるだろう。

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都は有名な観光スポットがあり、

重要文化財も数多く残っている。

 

古き良き町並みや独特の文化に魅せられ、

国内だけでなく海外からも注目されている。

 

昔からの歴史と文化が未だ強く残っており、

独特の空気感を感じられる京都。

 

当然だが旅行で訪れるのと

実際に住むのとでは全く違うことだ。

 

移住するまで分からない部分ももちろんあるだろう。

わからないことは、既にその土地で暮らす人に聞くのが一番。

 

コンシェルジュの人々や、

実際に移住した先輩たちが支えになってくれるはずだ。

 

 

なぜ自分が京都に移住するのか理由を明確にしておくことも大切である。

後悔しないためにも移住計画や準備は念入りに行い、

憧れの京都生活をスタートさせたいものだ。

 

 

 

セブに住んだ自分だが、京都のように高い観光地には

とても住めない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. さくら より:

    京都はすてきな所ですが、移住するのはちょっと難しそう。
    よく京都の怖いマナーとか、空気がよめないと生き残れないとか言われますよね。
    人付合いが独特な気がするのですが、どうなんでしょうか。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ