長野に移住…後悔と失敗の理由は?おすすめの物件や50歳の仕事、ランキングや支援(移住支援)、移住体験、デメリットをブログで紹介


 

長野と言えば、移住先として常に人気の場所。

 

ただ、合わない人もいて後悔の声も聞く。

 

 

この記事では、長野への移住で人気の地域やその理由、

 

長野の魅力、移住者の為の支援、田舎への移住、

後悔したと思った理由、など

移住者のブログとあわせて紹介していく。

 

 

 

長野県に移住…人気の理由とおすすめの場所、ランキングを紹介!物件や仕事は?

 

長野への移住が人気なのは、

首都圏へも出やすく、自然も豊かで、

観光名所が多いことが理由に挙げられている。

 

 

長野といえば軽井沢

避暑地・別荘地として人気で憧れる人も多い。

 

 

しかし、交通の便も良く、にぎやかで、

住みやすいことから松本市がおすすめの場所のようだ。

 

 

不動産・住宅サイトのSUUMOが紹介している

長野県に住む人たちが選ぶ「県内で住みたい市郡」ランキング

では約6割の支持で一位を獲得している。

 

 

移住するにはまず、物件探しからだ。

 

自営や就職先が決まっているのでなければ、

合わせて仕事も見つけなければならない。

 

スミナビではこれから移住を考えている人のために、

移住のための物件と仕事をセットとする

家付きの仕事求人も紹介されている。

 

 

 

長野県に移住、支援(移住支援)は?上田に移住、セミナーなどイベントでの相談、助成金…移住を体験できる住宅が長野にも

 

長野では子育てや開業・就農支援など、

広く市民を支援する制度がある

 

 

また長野への移住希望者に対しても、

多くの自治体が支援制度を準備している。

 

 

例を挙げると、

上田市はでは上田市空き家情報バンク制度を実施し、

地域の活性化を図っている。

 

空き家の売却・賃貸を希望してい所有者から

提供された物件情報を有効活用し、

都市部からの移住を促進している。

 

長野へ移住すると受けられる支援金の他、

移住を検討されている方を対象とした

移住お試し住宅もある。

 

 

長野県立科町の移住施設は利用料が無料となっている。

 

こういった移住体験施設は

長野県内に多数ある。

 

 

また、さまざまな地域への移住体験ツアーもあり、

長野の魅力を感じてみるのも良いのではないだろうか。

 

長野県の移住ポータルサイト「楽園信州」では

イベントとして長野への移住希望者を対象としたセミナーが

東京、大阪、名古屋などでも開催されている。

 

長野へ移住すると受けられる支援や仕事探しなど、

長野まで足を運ばなくても相談することが可能だ。

 

 

 

長野に住んで安定収入を得ながら

のんびり暮らすには?

 

 

長野県に移住した人の移住体験…失敗したと後悔しないためにブログでチェック

 

移住体験者のブログから、

思い描いたような暮らしができ満足できるのだろうか?

 

移住の魅力や、

失敗だと思うことはないのだろうか?

 

後悔の理由や注意点を探ってみる。

 

 

長野県には山、川、湖、があり

自然に恵まれている。

 

標高が高く、

夏涼しく過ごしやすいことが魅力だ。

 

 

また、北陸新幹線も開通しており、

都市へも出やすい。

 

都内で仕事をし、週末は長野で田舎暮らしをするという

二地域居住ができることも魅力の一つなようだ。

 

 

しかし、中心部から離れると、

駅が少なく、バスの本数も少ないなど、

交通手段に不便を感じたりもする。

 

夏が涼しい反面、冬は零下になる。

 

水道管が凍結しないよう、

断熱器具を使用するなど光熱費もかかる。

 

また除雪も大きな負担となっている。

 

他にも

 

・地域住民との関わり方をストレスに感じる

・求人が少ないため自身の望むような仕事がみつからない

 

なども後悔の理由の一つだ。

 

 

地域考察メディア「KAYAKURA」では

移住後の注意点や後悔の理由、

解決策など具体的に紹介されている。

 

これから移住を考える人におすすめしたい。

 

 

また、念願の田舎暮らしが実現した

えふでさんのブログも、田舎暮らしならではの

あれこれが紹介されており、とても参考になる。

 

 

 

まとめ

 

長野への移住は、自然が豊富なことなど、

憧れ描いていたような良い面だけでなく、

仕事や生活での失敗や後悔なども多々あるようだ。

 

 

同じ長野へ移住を考えている人でも、

理想はそれぞれ違う。

 

 

移住者のブログなどを参考に、

立地をよく検討するなど、下調べをちゃんとして、

自分に合った移住先を見つけることが大切だ。

 

 

 

長野の松本で長らく暮らしていたのは、

元自衛隊で自分と同じお焼きが大好物の昭雄(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. まな より:

    長野といえば軽井沢ですね!
    移住お試し住宅とは気になりました。
    でも冬はかなり寒そうですよね。凍結とかキツいです。

  2. satomin より:

    えふでさんのブログ、参考になります!
    下準備を十分してきて、それなりの覚悟もしてきたけど、
    やっぱり実際に暮らすとなると全く違うものなんですね!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ