バゴーン(フィリピン)の使い方!bagoongはフィリピンではどんな位置づけ?


 

バゴーンを使ったフィリピン料理は多いが、

まずは米にバゴーンをかけるだけ

シンプルな食べ方から試してほしい。

 

 

現地在住者によるフィリピンのバゴーンなど生活情報、

フィリピン料理を現地で楽しんでいる間も

尽きない収入とは?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

フィリピン人は米が好きだが、その中でもバゴーンは

フィリピンではなくてはならない醗酵調味料。

 

日本人には、意外とその正しい食べ方が知られていない。

 

 

そこで今回は、フィリピンの

バゴーンの使い方を紹介しよう。

 

 

 

バゴーンのフィリピンでの使い方は?愛される食材バゴーン

 

バゴーンは小エビ(エビ、またはアミエビ)を

塩漬けにして作られた発酵調味料だ。

 

 

フィリピンのバゴーンの使い方は、

青いマンゴーにつけて食べるのが一番多いが

ご飯のお供にも良い。

 

 

フィリピンのご飯は

パラパラのインディカ米。

 

日本の米とは少し違う食感だが、

日本の粘り気のあるお米と、のり佃煮を

食べる感覚でバゴーンを食べてみてほしい。

 

 

野菜炒めなどの炒め物に良し、チャーハンに良し、

付け合わせに良しと万能だが、

かなりしょっぱいので少しの量でいい。

 

日本だと塩辛がバゴーンに一番近いだろう。

 

 

東南アジア料理には、

魚醤や砂糖を使った料理や唐辛子がよく使われるが、

フィリピンは酸っぱい料理が多い。

 

スペインの植民地だったので

その影響からだろう。

 

 

フィリピン人は味覚が基本お子様だ。

 

全員とは言わないが。

 

 

フィリピン人は濃い目の味付けに

沢山の米を食べるのが好きで、

薄い味付けや出汁でとった繊細な味は好まない。

 

 

留学時代一緒にホームステイをしていた

マークというフィリピン男子生徒が

家族にふるまってくれた料理を紹介しよう。

 

 

カレカレ(Karekare)という料理で

黄色いシチューといった感じだ。

 

昔はお祭りやお祝いの時に作ったそうで、

味は甘じょっぱいピーナッツ味。

 

肉は牛肉、そしてテールや

胃袋と野菜が入っていた。

 

イギリス人の老夫婦のホストファミリーは

胃袋のワッフルみたいなビロビロのグロさと

独特の臭気のバゴーンにギョッとしていた(笑)。

 

このカレカレの付け合わせとして

バゴーンが出てくる。

 

カレーを頼むと

福神漬けが付いてくる感じだ。

 

 

画像をあげているブログがあるので

参考までに見てほしい。

 

ちょっとラー油に見た目が似ている。

 

 

島国フィリピン・マニラで出会ったローカルなごはんたち。

〜KitchHikeインターン生のフィリピン紀行〜

 

https://www.wantedly.com/companies/kitchhike/post_articles/54054

 

 

語学学校にいると、

多国籍料理を食べられる機会が多い。

 

 

バゴーンをマークに見せられた時に

思い出したのが、キムチに使うアミの塩辛だ。

 

セウジョッと韓国では呼ばれていて、

これも小エビの塩辛だ。

 

 

いずれにしても

塩づけにして熟成させると

旨味が出てくるのは間違いない。

 

 

最近世界の料理番組で

「UMAMI」という言葉を

よく聞くようになった。

 

西洋人にこの「UMAMI」が分かるのか、

料理番組を観ながら感じることがある。

 

 

 

bagoongと言えば…フィリピンではどのブランド?

 

バゴーン(bagoong)は、

結構ニオイがきつめだ。

 

韓国のアミの塩辛にしろ、バゴーンにしろ、

ホームステイ先のキッチンで瓶のふたを開けたら

物凄い勢いでハエが窓から入ってきたのを覚えている。

 

夏だったこともあるが、

ホストファリミーは絶対

腐ってると思っただろう(笑)。

 

 

このニオイにも好き嫌いはあるだろうが、

塩辛が好きな日本人ならバゴーンも好きだろう。

 

 

バゴーンはエビだけでなくカキやハマグリ、

魚など種類があるので、色々試して

好きな味を探してほしい。

 

自分はあちこちのブランドを

試したわけではないが

【BARRIO FIESTA】が一般的に使われている。

 

マークもそれを使っていた。

 

 

【BARRIO FIESTA】は

アマゾンで購入することができる。

 

グリーンのラベルが普通味で

辛めが好きな方は赤いラベル、

甘めが好きであれば黄色いラベルだ。

 

【KAMAYAN】のGisadong Bagoong Regularは

自分は試したことはないが、

これもアマゾンで買える。

 

 

2015年のブログなので多少古い情報だが、

ローカルのバゴーンについて書かれた

ブログがあるので紹介しておく。

 

プエルトガレラでフィリピンらしいおみやげを。

フィリピンの調味料、バゴーン!!

魚醤油を使用した塩辛の様な調味料

xn--icki7fqczejj.com/food/bagoong

 

 

まとめ

 

フィリピンのバゴーンは

好きな人はかなりハマる。

 

少しの量で色々作れる万能調味料だ。

 

ぜひ試してみてほしい。

 

 

バゴーンにバコンとハマったのは(笑)、

自分と同様ムカデが死ぬほど嫌いな細木だ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. まな より:

    バゴーンかけるのは日本米でもいいですか?笑
    美味しそうですが、米の美味しさもダイレクトにきそうな気がします、汗

  2. 栗山 より:

    パゴーンおいしそう。日本でも使えそうな調味料(?)ですね。酒のアテにもなりそう。でも臭いが独特なんですか? 一体どんな臭いなんだろう。蓋をあけたらハエが勢いよく入ってきたってエピソードおもしろい。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ