フィリピンに仕送り、相場は?フィリピン人と結婚して仕送りするなら…現地在住者が紹介


 

フィリピンの仕送りの相場は、

家族構成にもよるが月3万ペソ程度。

 

あまりに少ないと文句が出るので(笑)、

取り決めはしっかりと。

 

 

現地在住者によるフィリピン仕送りの実情、

フィリピンに住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

日本にも多く出稼ぎにきているフィリピン人。

 

その多くが日本で結婚をして

永住している人も多い。

 

 

フィリピン人の仕送りの

相場などについて紹介する。

 

 

 

フィリピンに仕送り…相場はどれくらい?

 

日本には外国から多くの人が、

留学だったり就業だったりで

移住しにきている。

 

 

日本よりも物価の安い国の貧困層の人たちが

日本に出稼ぎに来るのも少なくはない。

 

フィリピンもそのうちのひとつである。

 

 

日本で働き先をみつけ、

働いたお金を母国の家族に仕送りする。

 

 

フィリピンの物価の相場は、

日本の三分の一から

四分の一くらいである。

 

一般家庭の平均月収はおおよそ

3万ペソで、日本円にして

6,000円ほどである。

 

 

これでは到底仕送りなしでは、

生活がままならない状態になってしまう。

 

最低限の生活ができるように

仕送りをしたいところである。

 

 

フィリピン人はとても家族を大切にする。

 

兄妹のなかでも年長者が日本に出稼ぎにきて、

妹や弟たちの面倒をみるという事例も少なくはない。

 

 

出稼ぎで日本に来なくとも、

フィリピンで働いてそのお金を

実家に仕送りしなければならない。

 

なので、基本的に

一人暮らしをするという

概念は基本的にはない。

 

 

結婚しても、実家で

親と共に暮らすというのが普通である。

 

 

仕送りするにあたり注意点もある。

 

 

日本からフィリピンに送金する場合、

税務署などが管理している場合があり、

贈与税がかかってしまう場合もある。

 

そのようなことに注意しながら、

フィリピンに仕送り

しなければならないのである。

 

 

 

フィリピン人と結婚。仕送りしないとどうなる?

 

前述したように、親兄弟家族のために

日本に出稼ぎにきているフィリピン人はとても多い。

 

 

そのフィリピン人たちは、

ある程度稼いだら自分の国へ帰る人。

 

日本でパートナーをみつけて結婚し、

日本に永住する人や結婚してから

フィリピンに帰る人。

 

さまざまにタイプは分かれる。

 

 

フィリピン人と結婚し、日本で住む場合に

問題視されるのは仕送り問題である。

 

 

日本人は親や家族に仕送りするという文化は、

今やほとんどないといってもいいだろう。

 

フィリピン人パートナーの本国の家族に

仕送りしないといけないという考えが、

あまりピンとこない。

 

 

結婚すれば夫婦が一番大事なので、

余力があれば仕送りすればいいと思うが、

フィリピン人はそうではない。

 

親兄弟の家族が第一優先のフィリピン人にとって、

親兄弟をないがしろにすることはタブーである。

 

 

この時点で夫婦間の考え方は

すれ違うので、離婚の原因にもなりうる。

 

 

はじめは、仕送りもよしとしていたが、

だんだんと終わりが見えず

我慢できなくなってしまう。

 

 

最低限の金額にしたところで

「弟が病気だ」

「お父さんがケガをしてしまった」など。

 

理由をつけて、仕送りのお金を

無心されることもあるほどである。

 

 

よっぽどのお金持ちでない限り、

いい加減にしろという気持ちになりえる。

 

 

ひどい話だと、そのような病気やケガの嘘に加えて、

親兄弟以外の親戚の分まで

仕送りをしてほしいといわれるケースまである。

 

 

一方で、少数派ではあるが、

結婚したあとは仕送りは

いらないといわれるパターンもある。

 

こうしなければならないという

決まりはないが、その家族の考え方による。

 

 

 

まとめ。フィリピンの仕送りの相場について

 

フィリピンは少し前の

日本のような家族形態である。

 

子だくさんで、長男長女の役割が大きく、

親の言うことが絶対で家族第一主義である。

 

 

戦後の日本も、田舎生まれの大家族の長男長女は、

家族のために都会に出稼ぎに来ていたということもある。

 

今の日本は少子化もあいまって、

そのような出稼ぎ文化は

ほとんどなくなってしまった。

 

 

しかし、それでいいと思う。

 

 

長男長女の負担を考えると、

先に生まれただけのに負担が大きすぎる。

 

ある程度、家計を支えて結婚をしたら、

個々の人生にために尽力すべきだ。

 

 

フィリピンにいる家族にせっせとお金を送る、笹塚のアンジェラ。

自分と同じく元神経質の珍しいフィリピーナ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ