マレーシアのコールセンターの実態と評判!落ちた?海外のコールセンターの評判…服装や高卒の男、面接などをブログで紹介


 

マレーシアのコールセンターの実態は、

日本のコールセンターとあまり変わらない

 

日本人同士が集まるので、

海外とは言え当然のことだが・・・

 

面倒な人間関係が嫌なら

慎重に考えたほうがいいだろう。

 

 

長期滞在者によるマレーシア就労環境の詳細、

現地に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

日本語のみで仕事をするとなった場合、

真っ先に候補に上がるコールセンター。

 

 

だが実際のところ、

どういった評判があるのだろう。

 

また、必ずしも

受かるというわけではないことも

理解しておくべきだ。

 

 

マレーシアのコールセンターの実態に迫る。

 

また、落ちてしまわないように、

注意すべき点もまとめた。

 

 

 

マレーシアのコールセンターの実態…服装や高卒の男、給料は?海外移住した人の口コミ

 

マレーシアのコールセンターの

実態について少し見ていこう。

 

 

服装は私服で構わない。

 

日本のコールセンターと

同じようなイメージだ。

 

 

オフィスカジュアルを唱っていても、

結局普通の私服がほとんど。

 

チノパンにポロシャツだったり、

Tシャツという出で立ちだ。

 

 

立場上、スーツを着なければ

ならない人ももちろんいる。

 

だが男性の場合は、ほとんどが

ラフな格好をしている。

 

 

高卒でコールセンターで働いている人もいるが、

いきなりマレーシアに移住したわけではない。

 

学歴がない分、職歴や高給で

埋めなければならないのが一般的だ。

 

 

税をたくさん

納められるのであれば、

問題なく就職できる。

 

 

給料は約14万からとなる。

 

非常に高いというわけではないが、

日本人が必要なことと離職率が高いことから、

マレーシアではなかなか悪くない数値だ。

 

 

だが実際の口コミを見ると、

やはり仕事がハードである。

 

マニュアルを見ながらの

対応と言われることも多い。

 

 

だが、実際はそのマニュアルがないこともある。

 

コールセンターでは相手も人間なので、

マニュアル通りの質問をしてくれるとは限らない。

 

 

 

海外のコールセンターで働く!AEGISなどマレーシアのコールセンターの評判は?面接(AEGIS BPO MALAYSIAの面接内容)

 

海外のコールセンターで働くというのは

どういったイメージがあるだろう。

 

 

AEGISというマレーシアの

コールセンターを知っているだろうか。

 

 

まず、イージスは数ヵ国で

事業を行うBPO企業である。

 

マレーシアにもあり、コールセンターで

働きたい人はお世話になる可能性がある。

 

 

そんなAEGISの評判を少し見ていきたい。

 

 

マレーシアのビザが出るというのが、

大きな待遇の良さだ。

 

残業も多くはなく、

給料もそれほど悪くない。

 

 

ビザの取得のこともあり、

合否が出るのが早いのも特徴だ。

 

 

日本人が多いコールセンターだが、

人間関係はそれほど情に流されない。

 

 

デメリットとしては、

コールセンターは

勤続年数が短いのである。

 

せっかくビザを取得できたから

といっても、1~2年の契約が多い。

 

 

面接の内容は、AEGISは電話とSkypeが主。

 

もちろん、まずは

書類選考に通ってからの話となる。

 

 

英語で簡単な自己紹介ができたに

越したことはないが、

日本語でも対応してくれる。

 

 

 

マレーシアのコールセンターに落ちた?クビ(解雇)の理由はストレス?

 

マレーシアのコールセンターに

落ちた人ももちろんいる。

 

 

日本語のみでOKで、

日本人にとって

非常にありがたい仕事。

 

そして海外では、比較的

ハードルの低い仕事に落ちる人は

どういった人だろう。

 

 

ここでいうハードルの低さは、

仕事内容というわけではない。

 

 

母国を離れ、異国の地でしかも

母国語での求人という

「日本人が入りやすい仕事」という意味である。

 

決して「日本人なら誰でも受かる仕事」

というわけではない。

 

 

瞬発力や、機転が効くかを

見られているケースが多いのだ。

 

電話対応のため、その場で何か

言葉を返さなければならないからである。

 

 

その場ですぐ答えが出せなくとも、

何かしら反応する必要がある。

 

面接時によくあるロールプレイで、

長時間黙ってしまっては

落ちる可能性が高い。

 

 

また、無事に受かったものの

クビになる理由はなんなのか。

 

 

これはおそらく言葉のあやで、

「クビになりやすい」というよりも

自らの意思で辞めている。

 

企業からの解雇(クビ)というのは、

そう多いものではない。

 

 

実際は、仕事がストレスで

辞めていく人が大半なのである。

 

 

 

マレーシアのクアラルンプールで就職!マレーシアコールセンターのブログ…マレーシアのBPO

 

コールセンターで実際に

働いている人のブログなど参考になる。

 

 

「マレーシア移住してみたブログ」は

クアラルンプールでコールセンターの

仕事をしている人のブログだ。

 

 

コールセンターでの一日の流れや、

実際のクレーム内容など

丁寧にまとめられている。

 

辞めてしまったとのことだが、

正直に書いてくれている分、信憑性が高い。

 

 

マレーシアのBPO企業では、

どういったコールセンターの様子なのか。

 

 

海外は日本よりずっと、

業務内容が明確化されている。

 

そのため、何でもできる

総合職のポジションは少ない。

 

 

経験を積んだ上で、他の企業の

同じ職種につけば給与が上がる。

 

 

つまり、コールセンターでの仕事を経て、

次なるステップを目指す人が多いのだ。

 

 

 

マレーシアなど海外移住の仕事…マレーシアのコールセンターの求人、日本語のみの求人は?英語不要、高卒OKのコールセンターなど日本人のバイト

 

マレーシアに日本人の

バイトはあるのだろうか。

 

 

日本語のみの仕事となると、

一気に幅が狭まってくる。

 

しかし皆無というわけではない。

 

 

高卒オッケーのコールセンターなどは、

日本語のみでも通用する。

 

もちろん海外にいる場合、

英語が話せたに越したことはないが。

 

 

コールセンターは、日本からの

問い合わせに応えるという

仕事がメインになる。

 

そのため、日本で働くことと

さほど変わりがないと

感じている人も多い。

 

 

だが給与面では、製造業の方がおすすめである。

 

日系企業も進出しているため、

大手企業となると福利厚生も手厚い。

 

 

その分、就職へのハードルも上がるのだが、

コールセンターでは、やはり

スキルアップを目指す人が多い。

 

語学の勉強をしながら、まず

仕事を探すという意味で

本当におすすめである。

 

 

「マイナビ転職グローバル」など、

マレーシアのコールセンターの

求人を載せたサイトもある。

 

 

 

まとめ。マレーシアのコールセンターの実態について

 

マレーシアのコールセンターでの

仕事がイメージできただろうか。

 

 

日本人を求めている仕事のため、

日本人は採用されやすい。

 

だがその理由の裏には、離職率が

付きまとうことを考えた方がいい。

 

 

「日本でも営業経験がある」

 

「オペレーターとして自信がある」

 

 

そういった場合にも、やはり

毎回違う人間を相手にするのだ。

 

違った難しさがあることを

よく覚えておいてほしい。

 

 

クアラルンプールで孤独を感じている信夫。

自分と同様、かつては自分に自信がゼロだった男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ