インドネシアパブならバロン?横浜や東京、名古屋(名古屋市)のインドネシアパブでおすすめは…ルールとできること


 

インドネシアパブにハマる人には、

ジャカルタなど夜遊びの穴場に実際に訪れ

その魅力を知った人が多い。

 

同じ東南アジアでも、

フィリピンパブとは違った魅力だ。

 

 

インドネシアパブの本当の楽しみ方、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

インドネシアパブは、日本ではフィリピンパブほど

有名ではないが・・・一部のインドネシア女性好きに人気がある。

 

ただ、行ったことがなければ

どんなものかよく分からない。

 

 

ということで今回は、

インドネシアパブについて紹介しよう。

 

 

国内にあるおすすめの

インドネシアパブやルール。

 

パブで出来ることなどを解説する。

 

 

インドネシアパブに行ったことがない人や

興味があるあなたは、ぜひ参考にしてほしい。

 

 

 

インドネシアパブならバロン?横浜や東京なら

 

インドネシア人女性は

色白な美人が多いと言われている。

 

 

性格も笑顔で明るくフレンドリー。

 

初対面でもすぐに

仲良くなれるぐらい外向的な人が多い。

 

 

外見も内面も魅力たっぷりな

インドネシア人女性。

 

 

出会ってみたいが、

インドネシアに行くのは難しいし、

マッチングサイトを使うのも気が引ける。

 

そんな人におススメなのが、

インドネシアパブだ。

 

インドネシア人女性たちとの

ひと時を過ごせるし、店によっては

リーズナブルな値段で楽しむことが出来る。

 

 

 

ここでは、東京圏にある

おすすめのインドネシアパブを紹介しよう。

 

 

東京でおすすめのインドネシアパブは、

文京区にある

「インドネシアパブ バロン」だ。

 

サイトに

住所と電話番号が掲載されている。

 

気になる人はこれを頼りに

訪れてみてはいかがだろうか。

 

 

横浜でおすすめのインドネシアパブを探した結果、

見当たらなかったが、代わりにこんな店を見つけた。

 

多国籍パブクラブ「CLUB CLOVER」だ。

 

 

こちらの店ではインドネシアの他に、

中国・タイ・フィリピンなど、

様々な国の女性キャストが働いている。

 

 

ホームページから

料金やシステムを確認できるのだが、

値段は少々高めに感じる。

 

だが、個人的に

こういった高級店では

ワンランク上の女性陣がいる。

 

 

丁寧なサービスが受けられたり、

上等なもてなしが受けられるイメージもある。

 

お金に余裕のある人は

行ってみてはどうだろう。

 

 

 

インドネシアパブ、名古屋なら?ルールとできること、楽しみ方、枕についても紹介

 

名古屋市にあるインドネシアパブで

おすすめなのが「チャンティック名古屋」だ。

 

店についての詳しい情報は

サイトでチェックできる。

 

 

もう1店、名古屋市の「バリアイランド」。

 

名前からして

インドネシアパブのように感じるパブだが、

実際はほとんどフィリピンパブだという。

 

だが、インドネシア人女性が

全くいない訳では無い。

 

気になった人はこちらの店にも

行ってみてはいかがだろうか。

 

 

次に、インドネシアパブで

できることとルールについて解説する。

 

 

インドネシアパブでできることは、

女性キャストと楽しく話したりお酒を飲んだりと、

基本的に他のパブと同じだ。

 

だが、ルールについては

他のパブより厳しいのではないかと思う。

 

 

というのも、インドネシア人は

ほとんどがイスラム教徒。

 

女性キャストも

 

イスラム教徒の可能性がある。

 

そして、日本では普通のことが

イスラム教徒にとっては

タブーとなる場合があるのだ。

 

・頭は神聖な身体の部位なので触ってはいけない

・左手は不浄の手とされているので使ってはいけないシーンがある

 

など。

 

 

他にもやってはいけないことや

マナーがいろいろある。

 

インドネシアの常識を

チェックしておくと安心だ。

 

 

 

まとめ。東京名古屋以外にインドネシアパブは少ない

 

今回はインドネシアパブについて

紹介したが、いかがだっただろうか。

 

 

個人的に、日本国内にある

インドネシアパブの数が、

思ったより少なかったと感じた。

 

読んでいる人の中にも

そう感じた人はいるのではないだろうか。

 

 

ネット上に情報が無いだけで、

町中をよくよく探してみれば

見つかるのかもしれない。

 

探してみてはいかがだろう。

 

もしかしたら意外な

穴場を発見できるかもしれない。

 

 

パブだけじゃ物足りないと感じた、

パブを通してインドネシアに興味がわいた。

 

そんな人は、是非

現地に訪れてみると良いだろう。

 

 

ただ、先ほど言った通り、

日本では常識でも

インドネシアでは非常識なものがある。

 

 

自分も相手も心地良く過ごすためにも、

マナーについては十分注意が必要だ。

 

 

インドネシアパブ「コイヤジャカルタ」にドハマりした靖。

自分と同じくシイタケが極端に嫌いな男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. 皐月 より:

    インドネシアパブは全く知りませんでした。
    インドネシアの女性がパブなどに働きに来ていることも知りませんでした。
    エキゾチックな人が多そうですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ