台湾パブは日本なら?名古屋や横浜(関内)、東京や大阪、神奈川…ルールとできることも紹介


 

台湾パブとはその名の通り、

台湾人がいるパブのことだが・・・

 

他のパブと比べると

知名度は必ずしも高くはない。

 

 

そんな台湾パブは

日本にはどこにあり、

どんなことができるのか。

 

今回は台湾パブについて紹介していく。

 

 

 

台湾パブ、日本でのルールやできることは…楽しみ方、枕など

 

日本には様々な国の

パブが存在する。

 

台湾パブもそんな

パブのなかのひとつ。

 

「台湾パブ画像」という

キーワードで検索すると、店員をはじめ

多くの画像がヒットするのだ。

 

 

日本での台湾パブの中には

台湾出身ではなく、対岸の福建省や上海など、

中国出身の店員が働いていることも。

 

しかし基本的には

他のパブと同じように

台湾出身者が働いているのが台湾パブだ。

 

 

そんな台湾パブの店内で

できることにはどんなものがあるのか。

 

 

基本的には台湾パブも

他のパブとルールは同じだ。

 

カラオケを行っている店であれば

カラオケを歌うことはできるし、

パブなので普通に飲むことも当然できる。

 

 

一方でパブなので、

店員へのお触りはタブーだし、

店員を退店時に連れ出したりすることもできない。

 

 

そういうルールを破ってしまえば、

店側にマークされ、

最悪入店できなくなる。

 

 

店内の様子を写真に撮るのも、

勝手にするのはタブーだ。

 

どうしても撮りたいのであれば

店側に話をしたうえで

撮るようにしよう。

 

 

他のパブでもそうだが、

ルールを守ることで、楽しく話をしたり

飲んだりすることができるのだ。

 

 

 

台湾パブ、東京や横浜、名古屋や大阪でおすすめは?

 

台湾パブは日本に多くあるが、

各地におすすめのお店がある。

 

 

東京であれば、

池袋や赤羽といった場所に行くと

台湾パブを見かけやすい。

 

 

ただし、経験上池袋は中国人が多い。

 

池袋駅北口側にある台湾パブと

その付近に多い中国パブを

間違えないようにしないといけない。

 

 

慣れていないと見分けはつきにくいので、

あらかじめ調べてから行かないと、

台湾パブでなく中国パブに入ってしまう。

 

池袋で台湾パブに行くためには

調べてから行くのがおすすめだ。

 

 

そんな池袋や赤羽であれば、

赤羽駅前にある「パブひまわり」が、

台湾パブ初心者にはおすすめの店になる。

 

他にも池袋駅北口近くのビルにある台湾パブは

元ミスのママがいるので、

こちらも行ってみるといい。

 

 

 

台湾パブを楽しんでいても尽きない

安定収入のつくり方とは?

 

 

 

東京の隣は神奈川県だが、

台湾パブは神奈川にも多い。

 

台湾パブは

横浜の関内ーなのだ。

 

 

特に、関内駅の近くにある台湾パブの「三姉妹」は、

全員台湾出身の女性が応対してくれる店で、

初めてでも行きやすいパブだ。

 

この台湾パブの特徴だが、

カラオケを歌うこともできれば、

女子会プランも用意されている。

 

女子も行きやすい

珍しい店でもあるのだ。

 

 

首都圏以外の人が

台湾パブに行くには

どこの店がいいのか。

 

 

名古屋の場合、中国パブは多いが

台湾パブはほぼないのが現状だ。

 

中国パブで台湾人が

働いていることもゼロではないが、

基本的にはないと考えるのがいい。

 

名古屋は台湾パブだけでなく

台湾料理を出す店も少ない。

 

名古屋付近の人が

台湾パブに行きたい場合は、

首都圏などへ遠征する必要がある。

 

 

そんな名古屋から

更に西に進んだ

大阪の場合はどうか。

 

いわゆるクラブであれば、

数は少ないが大阪にも

台湾系の店はある。

 

しかし、パブとなると、

大阪も中国パブのほうが多い。

 

東京や神奈川のように、

店を選ぶということはできない。

 

大阪の場合も名古屋と同じように、

台湾パブに行きたいのであれば、

首都圏に行く必要がある。

 

ただし、大阪であれば

関西国際空港からLCCも多く各地に飛んでいる。

 

関空から台湾に飛んで、

本場の店に行くことも

選択肢のひとつになる。

 

 

 

まとめ。首都圏に多い台湾パブはルールを守って楽しむ

 

日本で台湾パブは

主に首都圏に多い。

 

中国パブと間違えないよう

気をつける必要があるが、

台湾パブのルールは他のパブと同じだ。

 

 

きちんとルールを守れば

楽しく飲むことができる。

 

しっかりと下調べをしたうえで、

店を訪れるようにしよう。

 

 

 

台湾パブのリンにドハマりした小池。

元々は自分と同じく、金髪美女に目がなかったはずだが(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. もよこ より:

    台湾パブと中国パブの見分けなんてつかないですよね。
    「三姉妹」の女子会プラン気になります!
    パブには行ったことがないけど、台湾のおつまみならおいしそうだし、
    行ってみたい。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ