フィンランドで就職、仕事は?フィンランドで働く…日本人とフィンランド仕事、マリメッコとフィンランド就職、求人も紹介


 

憧れる日本人も多い北欧だが・・・フィンランドで就職となると

身近に経験した人はさすがに少なく、情報は少ない。

 

そこで今回は、日本人の

フィンランドでの仕事について紹介する。

 

 

 

フィンランドで働くには?日本人のフィンランド仕事と就職…日本人も可能?

 

フィンランドで働くには、

まずそれ相応の言語力が必要となる。

 

 

北欧に進出している日本企業は

非常に少ないのが現状だ。

 

 

英語はもちろん、

それだけでは足りない。

 

フィンランド語にも

精通していなければならないのだ。

 

 

そして日本人の仕事と言うと、

一気に門が狭くなる。

 

もちろん、

就職できないと

言うわけではない。

 

 

求められるスキルさえあれば、

日本人の仕事もある。

 

 

ただ、我々が思い描くほど

ヨーロッパから日本の認知度は高くない。

 

現地の人から見た日本人は、

アジア人として

ひとくくりにされるのである。

 

 

そのため、比較的

他の国の人と競合する仕事ばかりとなる。

 

 

その中で

自分がおすすめしたいのは、

プログラミングスキルだ。

 

 

今や一家に一台は

当たり前のようにあるパソコン。

 

パソコンスキルは、

他の国では重宝される。

 

プログラミングスキルを磨けば、

仕事面で有利になることは間違いない。

 

 

 

北欧ならマリメッコ?フィンランドで就職…日本人の移住と仕事、フィンランド就職と転職

 

北欧で有名なマリメッコは、

今や日本人の生活に浸透している。

 

フィンランドのアパレルブランドとして、

日本で爆発的な人気を引き起こした。

 

 

フィンランド転職として、

マリメッコを憧れて向かう

日本人もいるほどだ。

 

 

デザイナーを志望し向かう人もいるが、

アパレルメーカーの翻訳や

コーディネーターとしての仕事もある。

 

 

日本人の移住としては、

料理人をしている人も多い。

 

男女の差が

比較的落ち着いていることも特徴だ。

 

 

完全なる男尊女卑では、

女性は転職もままならないだろうが。

 

 

看護やITなど、

日本人の得意とする分野の

スキルを持っていることは強い。

 

特に看護は、

フィンランドでも

転職しやすい仕事なのだ。

 

 

移住してしまえば、

学歴などそれほど意味がない。

 

個人のスキルを磨くことが

何よりも必要不可欠となるのだ。

 

 

 

フィンランド、日本人学校などの求人は?日本人の仕事の探し方、日本語のみの求人

 

では、フィンランドの

日本人学校での求人はあるのか。

 

 

結論からいうと、

ゼロではない。

 

 

ただし

英語が出来ること前提であったり、

経験者が優遇される。

 

日本語のみの仕事を探すとなると、

桁違いに難易度が上がる。

 

 

仕事の探し方としては、

ハローワークやネットや

雑誌での求人広告が主だろう。

 

 

手っ取り早く探すには、

コネが一番なのは言うまでもない。

 

 

日本人観光客向けのガイドなど、

日本語を使用する仕事もある。

 

しかしながら、

やはり日本語のみ

というわけにはいかない。

 

 

フィンランドでは

どういった求人があるのか、

下調べをしてほしい。

 

 

 

フィンランドで就職以外に

オンラインから安定収入を得る方法とは?

 

 

 

どちらにせよ、何度も言うが

日本語のみの仕事を探すことは至難の技。

 

英語力だけでなく現地の言葉、

そしてコミュニケーション能力が必要となる。

 

 

日本のいい大学を

卒業したからといって、

フィンランドでは通用しない。

 

 

 

フィンランドに住みたい…フィンランドに移住するには?フィンランドに住むには?子連れでのフィンランド移住と仕事、老後など

 

それでは、

フィンランドに住むには

どうすればいいのだろうか。

 

 

子育てしやすいと

フィンランド式の教育は

日本でも話題となった。

 

教育の質の高さが

子育て世代には人気だ。

 

 

しかしそれを理由に

簡単に移住できる国なのだろうか。

 

移住ということは

仕事を探さなければならない。

 

 

先に述べた通り、

日本人向けの求人は

限られている。

 

食品工場や飲食店など、

シェフとしての人材は

常に求められている。

 

日本料理、寿司屋なども

未だ欧州では人気である。

 

そういった仕事を選ぶ

という選択肢も悪くはない。

 

 

しかし老後のことを考えると、

物価の高いフィンランドは

おすすめと太鼓判を押すには難しい。

 

資金ができたからと

老後に簡単に移住できる国でもない。

 

 

ロングステイを楽しむ分にはおすすめだが、

永住権をわざわざ得る必要があるのか。

 

そう考えると難しいところだ。

 

 

 

フィンランドで働きたいけど…フィンランド移住は大変?フィンランド式教育などフィンランドに住むデメリット

 

フィンランドに移住する理由として、

フィンランド式教育が注目されている。

 

教育だけでなく、

整った医療なども

現地人に言わせると自慢だ。

 

 

しかしそんなフィンランドへ

移住となるとどうだろう。

 

移住がとても大変で、

苦労しているという人が多いはずだ。

 

 

まず仕事を

探すことの難しさ。

 

そして日本からの距離を考えると、

気軽に帰れる距離でもない。

 

 

家族での移住となると、

当然その分の物価と高さから

生活費もかかる。

 

お金に余裕のある

富裕層が住むのなら、

楽しめる国だ。

 

 

自分には、

デメリットの方が

多いように思えた。

 

 

仕事を探すことが難しい時点で、

安易に転職という選択肢を

選べないからである。

 

 

それだけの言語力、

コミュニケーション能力に自信があれば、

挑戦してみることも夢がある。

 

 

 

まとめ。フィンランド語が話せないと就職は難しい

 

フィンランドでの就職と言うと、

まず何を思い浮かべるだろうか。

 

 

フィンランドは、

自分は寒い国での

オーロラ鑑賞のイメージが強い。

 

その影響か、

観光業が真っ先に思い浮かぶのだが、

どうだろう。

 

 

また、フィンランドの移住を検討するにあたり

どういった印象を受けただろうか。

 

マリメッコで

人気を風靡した北欧は、

日本人の憧れだ。

 

 

しかしながら、

簡単に就職できる企業はない。

 

 

看護やITなどの話もしたが、

いずれにせよ、それ相応の英語や

現地語が必要となる。

 

 

就職するには、SNSを通じて

現地の知り合いを作っておくことも大切だ。

 

そういったところで、

コミュニケーション能力も試される。

 

 

だが、旅行に行くには

申し分のない国である。

 

就職を考えなければ、

ぜひ楽しんで滞在したい。

 

 

 

ヘルシンキへの移住を決めたディエゴ。

自分と同じ、決して軽くはないマザコンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ