レバノンの男性と恋愛?アプローチやキスは?


 

カルロス・ゴーン氏のニュースで

聞き覚えはあるものの、レバノンと聞いて

どんな国かパッと思い浮かぶ人は少ないだろう。

 

 

そこで、この記事ではレバノン人、

特にレバノンの男性はどんな特徴で、

どんな恋愛をするのか調べてみた。

 

 

 

レバノン男性の特徴は?外見や性格

 

レバノン共和国が正式名称。

 

アラビア語を公用語とし、

キリスト教・イスラム教など、

18もの宗派がある。

 

 

レバノンの95%は

アラブ人であるとも言われている。

 

 

中東と言われると、

治安の悪さと砂漠を

イメージするのではないだろうか。

 

しかし、レバノンは

中東で唯一砂漠がない。

 

中東のパリと呼べれる綺麗な街並みと、

中東のスイスと呼ばれる

自然豊かな景色が広がっていることで有名だ。

 

 

レバノンの男性は

アラビア語が公用語。

 

しかし、昔フランスに

統治されていたこともあり、

フランス語ができる人も多い。

 

一般的にギリシャ語やクルド語、

アルメリア語、英語など、

3か国語以上話すことができる。

 

 

農業に向いた土地ではなく、

国土も日本の岐阜県程度と小さいこともあり、

貿易が盛んである。

 

そのため語学は

必要不可欠だったと言えるだろう。

 

 

また貿易での商売上手さをみると、

頭の良さを感じさせる。

 

頭の良さでいうと、政治家や実業家など、

レバノン出身で世界的に

活躍している人もいる。

 

 

外見は彫が深く、

目鼻立ちがはっきりした

美男美女が多い。

 

レバノンの首都ベイルートの

北側にあるジュニエでは、

美男美女コンテストが開かれるほど。

 

出場者は皆、彫の深い顔立ち。

 

整えられ清潔感を感じさせる顎鬚。

 

鍛え上げられた体と、

かなりイケメン。

 

 

美男コンテストが開かれ、

レベルの高いイケメンが何人も集まるのだから、

レバノン全体の外見レベルは高そうだ。

 

 

性格は自己主張が強いので、

強欲で性格が悪いという印象を持つ人もいるが、

楽しいことが大好きで陽気、

 

綺麗好きで教育熱心だが、

時間にはルーズで

プライドが高いという特徴がある。

 

 

 

レバノン男性と海外生活を楽しむための

不安のない安定収入。そのつくり方とは?

 

 

レバノンの男性を彼氏にすると…結婚は?

 

レバノンの男性の恋愛は、

女性と恋愛を楽しむ事はせず、

交際をしたら結婚をするのが特徴。

 

彼らは信仰で、

清い交際をするよう教えられている。

 

結婚をするまでは、

キスはおろか手をつなぐことすらしない。

 

だから女性への免疫や慣れはない。

 

 

しかし意中の女性を見つけると、

情熱的で押しの強いアプローチをする。

 

 

最近の若い男性は

本気の女性には清い交際。

 

遊びの子には全く別の扱い、

なんて話も聞こえてくるが。

 

 

ある意味相手が自分に本気かどうか、

男性の行動で確認が

しやすいのではないだろうか。

 

 

ちなみに一夫多妻制。

 

現在は妻は1人でいいという

考えの男性が増えている。

 

だがその反面、今でも一夫多妻を貫く、

信仰の深い男性も根強くいるのは確かである。

 

 

レバノンの男性は

家族が第一という考え。

 

日本の男性のように、

家庭より仕事を優先させる事はない。

 

 

しかし考え方は

古風なのかではないかと感じる。

 

それは男性を

尊重するという昔からの風潮。

 

女性は男性に合わせなくてはならない、

いわゆる亭主関白というやつだ。

 

 

男性にリードしてもらいたいと

考えている女性に

レバノンの男性は合うだろう。

 

 

 

まとめ。レバノン男性はイケメンで家族思いだが亭主関白

 

いかがだっただろうか。

 

 

レバノンの男性の外見から、

性格・恋愛をまとめた。

 

 

全てのレバノンの男性が

当てはまるとは言えないが、

イケメンで知性的で仕事ができる。

 

 

現にレバノン出身で、

歌手や音楽家や政治家や実業家など。

 

幅広いジャンルで

世界的に活躍していて有名な人は数多くいる。

 

 

一夫多妻ではあるものの、

本気な女性への清い対応と

家族思いな所が良いとも思える。

 

 

亭主関白さの度合いが

どの程度かによっては、

少し結婚生活に窮屈さを感じそうではある。

 

だが、古風さと宗教への理解や、

一夫多妻制への理解がある人にとっては、

最高の彼氏・最高の夫となると言えそうだ。

 

 

 

レバノン情勢に詳しいのは、同じヤマ中出身の小山。

自分と同じく金髪美女に目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ