イギリスの就職率!日本人の就職活動など就職事情…就職のエージェントと新卒の活動、就職難。就職先で人気なのは?


 

日本人が住みたい国の一つイギリスだが・・・

英語ネイティブの国だけに、就職となると

いかにもハードルが高く感じる。

 

 

例えば、イギリスで

日本人が就職するためには

どんなことをしたらいいのか。

 

どんな企業に就職ができるのか。

 

現地の大学生の就職事情と、

人気のある企業とは。

 

 

ビザの取得方法を交えながら、

就職活動に便利なエージェントを紹介していこう。

 

 

 

イギリスは就職難?就職と新卒の就職率

 

イギリスの大卒の就職率が

そこまで高くないことは

聞いたことがあるだろう。

 

 

実は、イギリスはヨーロッパに限らず、

世界的に見ても求職者たちに人気が高いのだ。

 

そのため若い世代の

就職難につながっている。

 

 

そもそもイギリスは

新卒という扱いはなく、

常に即戦力になる人材が求められる。

 

大学在学中にインターンシップを行い、

能力をかわれたり、専門的な知識を身につけて

就職活動をするのだ。

 

 

大卒の就職率は、

高いときで75%ほどだ。

 

そのほとんどが専門職に就く。

 

 

特にそのなかでも、

イギリスの就職先で人気なのがGoogleだ。

 

これはイギリスに限らず、

どの国でも就職する人には人気であるが。

 

 

専攻別に人気な企業を挙げると、

工業系やIT系はアップルや自動車メーカー。

 

医療系は国民保健サービスや製薬会社。

 

文系にはBBC(公共放送局)や

公務員が人気だ。

 

 

実績がともなわなければ、

契約解除をすることも少なくない。

 

 

イギリスは、

日本で就職活動をするよりも

よほど厳しいと言わざるを得ない。

 

そのため、多くの人が

3~4年に1度は転職をしているという。

 

 

 

イギリスで就職…日本人の活動は?就職活動など就職事情

 

イギリスで

就職活動をするにあたって、

重要なのは面接だろう。

 

 

取得したいビザによっては、

語学力を問われるものもある。

 

現地の企業も

英語が話せることを重要視する。

 

 

日本人だからといって、

日本語だけで就職できるところを

探すのは厳しいのだ。

 

 

一般的に、イギリスは

ビザの取得条件や就労規制が厳しく、

就職することは難しいとされている。

 

しかし逆に、

ビザさえあれば、

就職事情はそこまで厳しくない。

 

 

なぜならビザの取得の難しさから、

日系企業や日本語を必要とする企業は

常に人手不足だからだ。

 

 

イギリスにある日本の企業に就職活動をし、

その企業から内定とスポンサーシップレターをもらえば、

ワークパーミッドというビザを発行することもできる。

 

 

イギリスで就職をするのなら、

常に人手不足な

IT企業や技術職が就職しやすい。

 

他にも、日本人が働いている主な企業は

日本食レストランや日系スーパー、

時には美容師などもある。

 

 

もし語学に自信があるのなら、

カスタマーサービスや

日系企業の事務・経理などもおすすめである。

 

 

日本語を必要としている企業は

意外と多いのだ。

 

 

 

イギリスで就職以外にも

安定収入を確保するには?

 

 

イギリスで就職、ビザのサポートは?エージェントを紹介

 

イギリスで就職するには

ビザが必要だ。

 

ビザはいくつか種類があるが、

そのなかで就労できるビザは2種類ある。

 

 

1つは「Tier2」という

ワークパーミッドと呼ばれるビザだ。

 

このビザでイギリスに就職するのなら、

IELTSというテスト。

 

もしくは英語圏の大学を卒業することで、

CEFRE B1レベル以上の

英語力が証明されなければならない。

 

スポンサーライセンスをもつ企業に内定をもらい、

スポンサーシップレターを

出してもらう必要もある。

 

 

他にも条件がいくつかあるが、

ビザの取得条件は変わることが多い。

 

公式のHPを事前に

確認したほうがいいだろう。

 

 

もう1つはTier5という

YMSビザと呼ばれるものだ。

 

ワーキングホリデーともいう。

 

18歳以上30歳以下が

取得できるビザで、

2年間有効だ。

 

 

こちらは

ワークパーミッドビザと違い

英語力は必要とされない。

 

しかし、定員1,000名の狭き門だ。

 

 

どちらのビザを収得するにも、

イギリスで働くにはエージェントを頼って

就職活動をするのがいいだろう。

 

転職エージェントのなかには、

ビザ取得や面接を

サポートしてくれる企業もある。

 

 

日本国内で経営している

大手のエージェントといえば、

リクルートエージェントだ。

 

リクルートエージェント

 

非公開の求人もあるため、

1度登録してみるといいだろう。

 

登録する費用はかからない。

 

 

他にもイギリスにある

日系の転職エージェントがあるので

紹介する。

 

JACリクルートメント

 

centrepeople

 

ACCESS APPOINTMENTS

 

 

 

まとめ。ビザを取得できればイギリスで就職できる

 

イギリスに就職するのには、

ビザ取得と英語力が重要だ。

 

 

現地の企業に就職したければ、

なおのこと英語は当たり前。

 

即戦力であることも

重要になってくる。

 

 

世界的に人気の高いイギリスで

就職活動をするのは

厳しいところもあるだろう。

 

いろんな転職エージェントに登録して、

自分にあった企業を探してみるのもいいだろう。

 

 

 

ロンドンへの移住を計画している裕子。

自分と同じく、霊感もないのに生まれ変わりを信じる女性(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ