ウズベキスタンの夜と女!タシケントの風俗とセックス、美人やラオスの置屋、海外売春セックスの美女と女性について


 

ウズベキスタンの夜の女を抱くつもりなら、

日本人や東南アジア女性とは違う「覚悟」が必須。

 

 

ウズベキスタンの夜遊びのより詳しい実情、

 

ウズベキスタンで風俗を楽しんでいる間も
入り続ける安定収入とは?

 

これを知りたいあなたは、

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

美人が多い国のウズベキスタンだが、

風俗などの夜遊びに関する情報が意外と少ない。

 

 

現地に行って、

売春する女性と夜遊びを楽しみたい・・・

 

そこで今回は、

ウズベキスタンの風俗について紹介していく。

 

 

 

ウズベキスタンの風俗!売春する夜の女とセックスするには?

 

ウズベキスタンの風俗について解説する前に、

ウズベキスタンの国について

知っておいてほしいことがあるので紹介する。

 

 

まず、ウズベキスタンは

国民の9割がイスラム教徒で、

売春や風俗はご法度だということ。

 

 

サマルカンドなどの観光地には、

風俗産業そのものがなかった。

 

しかし、首都のタシュケントでは

夜になると売春婦が立ちんぼでうろついている。

 

ウズベキスタンで風俗を楽しみたいなら、

しっかりと場所を選ぶ必要がある。

 

 

ウズベキスタンの風俗店や街中で夜の女として働く女性は、

ロシアやチェコ、韓国などから渡航してきた

出稼ぎの売春婦が多いとされている。

 

 

以前はネイティブの売春婦も多かったが、

現在は警察の取り締まりが厳しく、

ウズベキスタン人の売春婦はほとんどいない。

 

 

ウズベキスタンには2016年時点で、

22,000人のセックスワーカーがいて、

そのうちの2.9%がHIV陽性という結果が報告されている。

 

ウズベキスタンで夜の女と

セックスをするということは、

それなりのリスクがあるということを頭に入れておこう。

 

 

ウズベキスタンの風俗事情について解説してきたが、

売春に限らないのであれば、

ウズベキスタンの夜の遊びを楽しめる。

 

 

おすすめはレストランで楽しめる

水着美女のショーダンス。

 

可愛い女の子の胸元に

お札を差し込むこともできる。

 

 

ウズベキスタンの夜の遊びには、

様々な楽しみ方があるので色々探してみよう。

 

 

 

ウズベキスタン風俗なら…タシケント(タシュケント)、サマルカンドの風俗について

 

ウズベキスタンで風俗を楽しむなら、

首都のタシケント(タシュケント)がおすすめ。

 

タシュケントには、日本の置屋と

カラオケハウスを一緒にしたような風俗店があり、

可愛い女の子たちとの夜の営みを楽しむことができる。

 

 

女の子たちはロシア系や朝鮮系の子が多く、

皆若くて可愛らしい子ばかり揃っている。

 

 

基本的に、タシュケントの風俗店は

アパートの一室で営業していることが多く、

初めて挑戦するのには少し勇気がいるだろう。

 

 

友人や知人にタシュケントの風俗店に詳しい人がいたら、

初めて行くときは、その人に一緒に同行してもらって

一度様子を見てみるというのもあり。

 

 

タシュケントの夜の街並みの風景は独特で、

一度体験するとその魅力の虜になるはず。

 

 

夜のティムール広場から

ブロードウェイにかけて歩くと、

売春婦たちがたくさんいる。

 

 

男と女が指数字で性交渉をしている風景は、

日本ではそう簡単にはお目にかかれない。

 

でもこれが、ウズベキスタンの首都

タシュケントの日常風景。

 

ちなみに客はインド人が多い。

 

 

一方、青の街・サマルカンドや

ブハラなどの観光地には、風俗店や置屋がなく、

あったとしても違法な店の可能性が非常に高い。

 

そういった違法な商売をしている店に近づくのは、

やめておいた方が無難と言えるだろう。

 

 

どうせ楽しむなら

しっかりとした店の方が安心できる。

 

でも、何度も言うが、

ウズベキスタンの国民のほとんどがイスラム教徒だ。

 

売春の罪、1日5度の礼拝、酒と豚肉の禁止など、

一般的なイスラムの知識をあらかじめ

頭に入れておくことを忘れないようにしてほしい。

 

 

そして、治安は良いが、

スリや置き引きには気を付けるようにしてもらいたい。

 

 

 

ウズベキスタンの女は美人?美女が多い現地の女性

 

ウズベキスタン女性は

美人が多いと言われている。

 

 

特徴として

モデル体型で目力があり、

すっとした鼻筋。

 

セクシーな口元で

大人びた雰囲気をまとっている。

 

太まゆでメイクが濃いこともあり、

全体的にハッキリした

顔立ちであるといえる。

 

 

西洋と東洋のハーフが多く、

混血であることも

美人が多い理由と言われる。

 

 

ウズベキスタンの女性画像を

検索するとわかるが、

日本人のように童顔な女性は少ない。

 

年齢が若い女性であっても、

皆大人っぽく色気を感じる。

 

 

性格は礼儀正しくて

おおらかな人が多い。

 

 

ウズベキスタンの

文化に誇りを持っている。

 

母国が好きという気持ちは

他国の人と比べても強い。

 

 

お金には貪欲なところがある。

 

その理由は経済状況が

関係しているといわれている。

 

 

ウズベキスタンの女性は昔に比べ、

仕事に出れるようになったりと

変化はしている。

 

しかし、まだ地位は低く、

男性をたてる傾向がある。

 

 

そして女性からの恋愛はできず、

親が決めた人との結婚が一般的だ。

 

 

なので恋愛に

保守的な考えを持っている。

 

昔の日本に近い考えが

あるように感じてしまう。

 

 

宗教の関係で

肌出しはタブー。

 

常にストールを付け、

手首まで隠せるワンピースに長ズボンと、

肌や体のラインををしっかり隠している。

 

 

親日家が多い事でも有名だ。

 

日本の漫画やアニメが人気がある。

 

実はウズベキスタンの夜は

女の人を求めお店へ通う男性もいる。

 

宗教的に厳しそうではあるが、

経済的に、という事なのであろうか。

 

 

 

番外編:ラオスの置屋はどこ?海外売春セックス

 

ウズベキスタンは

イスラム教徒なので、

売春はタブーとされている。

 

しかし首都のタシケントは

あまり厳しい取り締まりは無いようだ。

 

夜になると女性が

フラフラ歩いているんだとか。

 

 

アジアで置屋というとラオス。

 

場所はビエンチャンに集中している。

 

相場は6,000円くらい。

 

 

システムは

ホテル置屋・食堂置屋・出会いバーと

種類がある。

 

だが、出会いバーは

声をかける勇気が必要だ。

 

 

ホテル置屋が

一番多くの人に利用されている。

 

これは、女の子を

見て選べるから安心

という声もある。

 

 

タクシーで場所を伝える際、

言葉が通じず困ったら

「ブンブン」と言うと良い。

 

理解してくれ、

その場所まで迷うことなく

連れて行ってくれる。

 

何かの合言葉のようで面白い。

 

 

 

まとめ。背が高くモデルのような美人もいるウズベキスタン女性

 

ウズベキスタンと言われても

正直なところ、明確にこれと特徴を

言うことができない。

 

 

イメージでいえば、神秘的な建物。

良い意味でオリエンタルな雰囲気な人々。

ちょっと治安的に怖そう。

 

こんなところだろうか。

 

 

首都はタシケントで、

ウズベク語が公用語だ。

 

あまり馴染みがないのは

自分だけだろうか。

 

 

今回は、そんなウズベキスタンの

女性について調べてみた。

 

 

 

モデルのように背が高く、

スタイルがいいウズベキスタンの女性。

 

 

親日家ということもあり、

日本の男性にとても好感を持っている。

 

日本人男性の誠実さと

シャイな性格が良いとのこと。

 

 

ウズベキスタンの女性と

親密になりたい。

 

そんな男性は、

軽い感じでグイグイ声をかけるよりも、

誠実に接したほうがうまくいくだろう。

 

 

ただし、宗教への理解がないと

結婚はもちろん、

恋人になるまでの壁も高いと言える。

 

しかし性格的には

日本の男性と合うのではないかと感じる。

 

 

見た目の美しさと色気と、

エキゾチックな魅力のある

ウズベキスタン女性。

 

美女を求め、

夜遊びに行く男性観光客は、

日本人に限らず多くいる。

 

見た目の良さだけでなく、

おっとりとした、優しい性格も含めて

求められるのであろう。

 

 

宗教で厳しい決まりがありそうな

ウズベキスタンの夜は

女の人を見かけるのだろうか。

 

 

ウズベキスタンにはとにかく色白美女が多く、

彼女たちとのナイトライフでは

つい羽目を外してしまいがち。

 

 

もちろん楽しむのは結構だが、

最低限のマナーと常識をしっかり守ること。

 

ウズベキスタンの国民の9割が

イスラム教徒だということを忘れないでほしい。

 

 

タシケントで道に迷って延々放浪していたのは、

自分と同じくシイタケ嫌いの赤城(笑)。

 

ウズベキスタンを始め、世界中の風俗を楽しむことが

彼の仕事のモチベーション。

 

 

どこにいてもオンラインで安定収入を得る方法については、

以下より無料で登録できるニュースレターで公開している。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは5件です

  1. ふじなな より:

    風俗で働く女性の2.9%がHIV陽性・・・多いような少ないような。
    リスクを冒してまで、外国人女性と遊びたいという気持ちがわからないです。
    水着美女のショーダンスで十分だと思うけど・・・

  2. さえ より:

    ウズベキスタンは売春や風俗はご法度なのですね。さすがイスラム教。
    でも楽しむ場はそれなりにあるということで、、笑

  3. いっくん より:

    イスラム教の国での風俗はちょっと怖いな。
    でも反面、宗教的に御法度なのに関係をもつのはスリリング。
    いけないことしてる感じがいいな。

  4. とも より:

    ウズベキスタンの女性は綺麗な方多いですよね。
    水着美女のショーダンスなんてあるんですか!女でも興味があります!!

  5. MUSASHI より:

    HIV陽性率2.9%って高いのか…?リスクがあることは確かだな。
    そんなリスクを負う勇気はいまいちないので、
    自分は水着ショーダンスで十分(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ