アルバニア人の顔や宗教の特徴!英語や性格、アルバニア人と結婚…そもそもアルバニア人とは?アルバニア人民共和国の人口も紹介


 

日本人にはあまり馴染みがないアルバニア人。

 

 

アルバニア人の性格として、表面上は親しみやすいが、

自分の領域に入られることを嫌うという特徴がある。

 

そのため、仲良くなりたいのに

なかなか親密になることができないと

感じるケースも少なくないようだ。

 

 

しかし、それは自分の考えを持っていて、

誰にも邪魔されたくないという

固い意志があるということでもある。

 

きっちりとした性格だと考えてもいいだろう。

 

 

今回はこうしたアルバニア人の性格だけではなく、

アルバニア人の人口や宗教、

言語といったことについても紹介していく。

 

 

 

アルバニア人とは?アルバニア人口はどれくらい?アルバニア人民共和国の人口について

 

アルバニア人とは、

アルバニア人民共和国やコソボといった

バルカン半島に住む民族である。

 

 

バルカン半島の国である

アルバニアに暮らすアルバニア人の人口は

2017年1月時点で287.7万人。

 

 

今はアルバニアと呼ばれているが、

1976年までの国号は

アルバニア人民共和国だった。

 

 

『奴隷にされたソフィー-見知らぬ国の路上で売られたある女性の物語』

という本がある。

 

イギリス人女性の書者自身の

実体験を元にしたノンフィクション作品で、

アルバニア人が登場している。

 

ごく普通の女性であった著者が、

親友と思っていたアルバニア人男性・カスに

会うためにイタリアへ訪れたが、カスが豹変。

 

暴行を受け、強制売春を

させられるといった内容だ。

 

 

邦題には「奴隷」とあるが、原題は「人身取引(Trafficked)」

という単語が使われているので、

一般的にイメージする奴隷とは少し異なる。

 

 

アルバニアについて知りたいなら、

この本だけでなくアルバニアに関する本を読めば、

アルバニアの歴史やアルバニア人の特徴を学ぶことができる。

 

 

動画ではアルバニア人民軍パレード

といったものもあるため、

興味のある方は視聴していただきたい。

 

 

 

アルバニア人パートナーと

現地で楽しく暮らす手段とは?

 

 

アルバニア人の特徴!顔や性格、宗教や英語…女性は美人?アルバニア人と結婚

 

アルバニア人と結婚がしたいが、

言語が気になることだろう。

 

アルバニア人は英語を使うのかについてだが、

人によっては英語を話すことができる。

 

しかし、ほとんどが

アルバニア語を使用している。

 

 

アルバニアでの主な宗教はイスラム教で、

ムスリムが多数派を占めている。

 

 

アルバニア人の有名人といえば、

サッカー選手のトーマス・ストラコシャや、

オペラ歌手のインヴァ・ムラ。

 

政治家なら、ラミズ・アリアなどが挙げられる。

 

 

また、アルバニア系の人物として、

修道女で慈善活動家のマザー・テレサ、

サッカー選手のローナルド・ゲルサリウなどが挙げられる。

 

 

サッカー選手として活動している、

または活動していた人が多い印象だ。

 

 

アルバニア人男性の名前には、

神は私の審判ですという意味の「Daniel」、

兵士という意味の「Troi」、勇敢という意味の「Roland」などがある。

 

女性は、ワインの神という意味の「Dionis」、

つらい思いをしているという意味の「Mirel」、

神は誓ったという意味の「Elsa」などがある。

 

 

アルバニア人の性格の特徴は、

表面上は親しみやすく

人に支配されないといったものがある。

 

また、その分

意思が固いといった特徴がある。

 

自分の考えを曲げないというのは、

真っ直ぐ芯が通っているということでもある。

 

 

アルバニア人女性は美人だと

話題になっている。

 

顔立ちとしては、

目鼻がすっきりしており、

整っている顔であること。

 

 

もし美人と結婚したいなら、

美人な女性の多いアルバニア人との

結婚をおすすめしたい。

 

 

 

まとめ

 

今回は、アルバニア人の顔の特徴や、

宗教、英語や性格について紹介してきた。

 

 

アルバニア人との接点はないから

関係ないと考えている人も

いるかもしれない。

 

しかし、最近はSNSやネットでのお見合いもあるので、

アルバニア人に運命の人がいる可能性はある。

 

 

アルバニア人は親しみやすいといった特徴の他に、

自分の物や他人の物をみんなで

シェアし合うといったことも多い。

 

個人のものは個人で管理する日本からすれば

考えにくいことだが、そういった珍しい文化が

好きなら楽しく付き合えるだろう。

 

 

 

アルバニアにハマっているのは、

そういえば自分と同じピータン好きの増本だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. さくら より:

    アルバニアはほとんど情報がないですね。ニュースでも国名を聞きません。
    ヨーロッパ最貧国と言われてるそうですね。
    あとイケメンが多そうです(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ