ボリビア人食い鉱山って?ボリビア人の性格や顔の特徴…英語や男性と女性、ナイトスクープ(逮捕)や人口(ボリビア人口)、ボリビア人形など


 

ボリビアが南アメリカ大陸にあるのは知っていても、

そこに住むボリビア人がどのような特徴を持っているのか

いまいち分からない。

 

 

そこでこの記事では、ボリビアという国の人口や

言葉などについて、今回はみていくことにしよう。

 

 

 

ボリビアの人口は?ボリビア人口の他にボリビア人食い鉱山や人形(ボリビア人形)についても紹介

 

ボリビアの人口推移は

この20年間で増加している。

 

ただし、ボリビアの人口増加率は

減少傾向を示しているのだ。

 

人口増加率は現在は1.5%だが、

以前は2%近い増加率を示していたので、

人口そのものは増えている。

 

その増え方が、以前より

緩やかになっているということだ。

 

 

ボリビアの人口密度は10.33人/km2で、

国際ランキング上でかなり下位に位置している。

 

 

ボリビアの人口分布は

日本と異なる傾向を示している。

 

 

ボリビアの人口ピラミッドは

綺麗なピラミッド型になっている。

 

ボリビアの人口構成をみると

若年層が多く高齢者は少ないのだ。

 

 

そんなボリビアだが、

エケコという祭りの時に売られる人形が有名だ。

 

現在では祭りの時以外にも

観光客へのお土産としても販売されており、

日本のテレビ番組でも取り上げられたことがある。

 

 

ボリビア人食い鉱山という名で呼ばれる鉱山がある。

 

この鉱山の特徴は、

落盤事故や窒息性のガス事故などで

毎月多くの人が亡くなっていることだ。

 

鉱山が拓かれてから現在まで

800万人亡くなっていることから付けられたのが

人食い鉱山という別名だ。

 

もちろん観光客向けの場所ではないので、

有名なところだが用事がないのなら近づかないほうがいい。

 

 

 

ボリビア人の特徴!男性や女性の性格や顔、英語や名前について…逮捕?ナイトスクープの画像など

 

ボリビア人のことを、

英語でバァリィヴィアンという。

 

ボリビア人を英語で発音する時には

アを曖昧に言うなど注意しなければいけない。

 

そんなボリビア人の特徴は、

先住民であるインディオの影響が大きい。

 

 

また、キリスト教の精神と通じていて、

助けて分け合うことが豊かさだとしている他、

素朴な性格で忍耐力もある。

 

 

そんなボリビア人には、

イケメンが多いのも特徴だ。

 

女性はミスコンの常連で、

男性もコンテストに出ることが多い。

 

ミスコン常連のボリビア人女性の性格は、

恋愛では束縛が強く、普段はシャイだが

恋人同士なら性に対して解放的になる。

 

 

ボリビア人は英語よりも、

公用語であるスペイン語を使う。

 

英語が通じるところは、

ボリビア国内には基本的にないといっていい。

 

 

 

ボリビア人と現地を楽しんでいる間も

尽きない収入とは?

 

 

 

ボリビア人の有名人には革命家もいれば、

日本人とのハーフのテニスプレイヤーなどもおり、

実は日本人にとっても身近な部分があるのだ。

 

しかし、ボリビア人がどのくらい

日本にいるのかを知らない人は多い。

 

ボリビア人協会が、

広報活動を積極的にしているというのが現状だ。

 

日本でボリビア人が2番目に多いのが三重県。

 

ボリビア人協会も三重県で

特に積極的に活動を行っている。

 

 

そんなボリビア人だが、

詐欺で日本で逮捕される件も起きている。

 

その際に名前が出ることになるが、

ボリビアにはバカという苗字が多い。

 

スペイン語のバカは「牛」を意味するが、

スペインの植民地になった際に

ボリビアで広まったと考えられている。

 

日本人からみると変わった名前が多いが、

相手の名前について変に考えず

理解することが重要なのだ。

 

 

過去に、探偵ナイトスクープという番組で、

子供にボリビア人だと嘘をついてしまった

日本人の母親も話題になった。

 

カミングアウトして大団円となったが、

嘘をついたときの代償についても

教訓となる回だ。

 

 

 

まとめ…英語は通じないが、素朴な人が多いボリビア人。日本にも多く在住

 

ボリビアでは公用語の関係で英語が通じないが、

ボリビア人自体は素朴な人が多いのが特徴だ。

 

また、ボリビア人は日本にも多く在住しているので、

触れ合う機会も実は多いと。

 

三重県には日本で2番目に多くボリビア人が住んでいるので、

機会があれば触れ合ってみるといいだろう。

 

 

 

ボリビア人に興味を持ち始めたのが、

自分と同じ極度のゴキブリ嫌いの川上だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ