バングラデシュ人はイケメン?性格や英語の特徴、ローラや人口密度、美人との結婚やバングラデシュ人質事件、日本での仕事など


 

日本人の顔とはかけ離れた

端正な堀の深い顔立ち、

バングラデシュ人。

 

イケメンや美人に見える人も多いだろう。

 

 

国によって歴史や地理、

宗教や経済状況などで、

その国民の性格などが変わってくる。

 

バングラデシュ人はどうだろうか?

 

 

最近では

バングラデシュ人質事件などもあったが、

危険な地域なのか?

 

 

言語はベンガル語だが、英語のなまりや特徴、

経済状況や人口からみえてくるものなど。

 

結婚を考えている方も含めて

バングラデシュ人に興味のある人は、

今回の内容を参考にしてほしい。

 

 

 

バングラデシュの人口!バングラデシュ人口と密度(バングラデシュ人口密度)、推移やピラミッド

 

日本の4割しかない国土に、

人口1億6,365万人(2017年)

バングラデシュ人民共和国。

 

首都ダッカは特に人口密度が高く、

周りには人ばかりで

交通渋滞は終日起こっている。

 

 

人口ピラミッドは日本とは違い、

若者が多いピラミッド型に近い。

 

人口推移も長く右肩上がりで、

1998年に日本の人口を上回った。

 

 

イギリスの植民地時代から縫製工場があり、

現在は中国に次ぐアパレル大手の工場が

ひしめく国になったため、経済が急成長している。

 

 

その分、様々なひずみが生じた

問題点の一つとして、安価な賃金がある。

 

国の働きかけで賃金改善もしてはいるが、

労働者側の不満がありストライキなども発生している。

 

 

だが、若者が多いバングラデシュは活気もあり

世界的には労働力として注目を浴びている国だ。

 

 

そのため、今後の経済発展など

明るい未来も想像できる国に生きる人は、

やはり魅力的と言えるだろう。

 

 

 

バングラデシュ人民共和国の大使館、日本はどこに?日本で働く場合のビザや仕事、バングラデシュ人質事件など

 

バングラデシュ人民共和国の国旗は

日の丸を参考にしたと言われている。

 

 

日本の支援で多数の公共インフラが出来たり、

日本のことを学校で教えたりなど、かなり親日国だ。

 

 

バングラデシュ人民共和国の国旗の意味は、

緑の地は豊かな大地を差し、

赤い〇は太陽と独立革命で流れた血を表す。

 

 

バングラデシュ人民共和国の面積は

北海道と秋田県を足したぐらいのサイズ。

 

人口が多いため活気があるが、

バングラデシュ人民共和国の問題点は、

この人工密度が引き起こしているのも多分にある。

 

 

もちろん、バングラデシュ人民共和国の場所や

歴史の背景もあるが、かつて日本が高度成長に向け

人口が増えた時期に重なる分も多く感じる。

 

 

最近の怖い事件では、

バングラデシュ人質事件でasahiが報道した通り、

日本人7名が犠牲になった。

 

日本人だから安心ということはないと

認識させられた事件だ。

 

当時現場近くにいた邦人は、

バングラデシュ人質事件の生き残りとして

精神的に苦しんだ。

 

しかし、もう一度活動する事を決めた

経緯をブログに書いている。

 

人質事件は現在世界中で起きているテロだし、

今後も危険な事件が起こる可能性は否定できない。

 

 

他に考えられる事としては、バングラデシュ人民共和国でも

香港の中文大学での政府抗議のような

デモ活動が起こる可能性はある。

 

 

だが、バングラデシュ人は日本と同様で

農耕民族であるベンガル人が98%を占め、

基本的には温厚で真面目な人種だ。

 

日本の中で友好関係をもつことは

危険を伴わないし、おすすめしたい。

 

 

バングラデシュ人はそれほど多く

日本に在住はしていないが、

バングラデシュで出会い、日本に呼ぶことはできる。

 

その際はバングラデシュ人の

日本観光客としてビザをとれば良い。

 

日本人の手助けがあればビザ取得や

日本で仕事を探すこともたやすいだろう。

 

 

また、来日後は何かとお世話になる

バングラデシュ人民共和国大使館の住所だが、

当然東京にある。

 

バングラデシュ人民共和国大使館は

千代田区紀尾井町にあり、

永田町駅から徒歩9分の便利な場所だ。

 

 

ただし、無事に日本で愛を育み結婚となった際は、

一度バングラデシュに帰り、バングラデシュの

日本大使館での手続きが必要となる。

 

 

そういう煩雑なことを乗り越えて、

無事家庭を築くことができたら、

素敵な子供にも恵まれるだろう。

 

 

バングラデシュ人と日本人のハーフは、

きっと良い顔立ちの子供が生まれるに違いない。

 

 

では、日本に住んでくれる

バングラデシュ人を

どう探したら良いのだろうか。

 

 

親日と言われるバングラデシュ人民共和国では、

英語が一番人気で、つづいてフランス語、

ドイツ語、中国語、日本語だ。

 

日本語を学ぶ人が少数だということは、

逆に日本語を勉強している方は日本に思いが強い。

 

来日も積極的だろうし、

日本で生活をしたいなら、そういう相手の方が

上手くいく可能性が高いだろう。

 

 

 

バングラデシュ人とお金の不安なく

現地の生活を楽しむには?

 

 

バングラデシュ人にはイケメンや美人が多い?性格の特徴や英語、名前や結婚、ローラについて…画像も紹介

 

バングラデシュ人というと

芸能人のローラが思い浮かぶだろう。

 

 

堀の深い端正な顔立ちは、

日本人にとってはイケメンや美人の特徴でもあり、

結婚相手としても十分に魅力的だ。

 

 

ただ、いざ結婚となると

「バングラデシュ人の名前って?」「苗字は?」

となる。

 

 

例えば、バングラデシュ人の名前で

「md」というものがある。

 

これは「ムハンマド(Muhammad)」という

イスラム教の預言者の名前だ。

 

バングラデシュ人の名前の意味は、

このように宗教色が強いものも多い。

 

 

また、苗字は元来なかったようで、

父親などの名前や宗教的な名前を

苗字として使用している場合もある。

 

あまり決まりはないようだ。

 

 

バングラデシュ人は

イギリスの植民地だったことから、

公用的なものは英語表記が一般的だ。

 

バングラデシュ人の通訳は英語訳が多い。

 

ビジネスシーンでは、

バングラデシュ人は英語で会話し、

契約書などもバングラデシュ人は英語表記だ。

 

 

バングラデシュ人の英語なまりは

基本的にはないが、日本と同様スペル通りに発音するため

英語が伝わりにくい時がある。

 

日本以上にビジネス関係では英語が浸透しているが、

都市部では通じる英語も

地方ではベンガル語しか通じない場所もある。

 

基本的なベンガル語は覚えておくほうが良いだろう。

 

 

バングラデシュ人気質としては、

昭和初期からの古き良い日本人の気質に近い。

 

昭和生まれの日本人であれば

親世代になるので、理解しやすいだろう。

 

 

ただ、宗教的なことは、

しっかり理解しないと

上手くいかないため注意しよう。

 

 

美人なバングラデシュ人の写真はこちらから。

 

https://world-note.com/beautiful-bangladesh-women/

 

 

 

まとめ…バングラデシュ人の男性、女性との交際や結婚をするには…

 

バングラデシュ人はイスラム教の国だ。

 

厳格なイスラム教でないとしても、

宗教的、歴史的な背景を理解することで、

より親密な関係を築けるだろう。

 

 

親日国とはいえ、他国の方でも同様だが

国際結婚は離婚も多い。

 

お互いの理解を深めるために、

しっかりコミュニケーションをとり、

早めに誤解はとく方が良い。

 

 

恋愛は見た目が重要視されることも多いだろうが、

結婚は一緒に二人の文化を築く行為だ。

 

血のつながりがない分、

しっかり手をとりあって絆を深めていくことが、

幸せな結婚生活に繋がるだろう。

 

 

 

半分バングラデシュ人であるローラのファンなのは、

そういえば自分と同じ太った猫好きの細井だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは3件です

  1. あん より:

    バングラデシュといえば今日本ではローラでしょうね!
    あの顔立ちからして、バングラデシュの人はみんな美男美女なんでしょうね!

  2. まな より:

    バングラデシュといったらローラさんですが、お父様のこともあるのであまり大声では言えないですね。
    彫りが深くて美男美女なイメージです。

  3. みまみま より:

    バングラデシュはローラ以外に思い浮かぶことがありません。
    日本よりも人口が多いのに国土が4割とは驚きです。
    その分活気もありそうですが・・・

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ