ハイチ人、ムラートの有名人は?英語や人種の特徴、差別やヒーローズ。そもそもハイチ人とは…ハイチ人口についても紹介


 

世界で最も貧困な国と言われたハイチだが、

現在のハイチはどうなのか、またハイチに住んでいる

現在のハイチ人についても情報が少ない。

 

 

そこで今回は、ハイチ人について掘り下げよう。

 

 

 

ハイチ人とは?ムラートの有名人は誰?ヒーローズにも登場?

 

ハイチ人とは、ハイチ共和国の国民。

 

ハイチ共和国の隣は、

東にドミニカ共和国がある。

 

 

ハイチ人の人種は90%がアフリカ系。

 

残りの10%の人種はムラートと中東系。

ムラートは白人と黒人の混血だ。

 

中東系のハイチ人は少数。

 

 

ところでハイチ人で有名人はいるのだろうか。

 

テニスプレイヤーの

大坂なおみ選手の父がハイチ出身。

 

 

大坂なおみ選手の父がハイチ人と聞くと、

ハイチ人の運動能力が高いのか気になる。

 

 

ハイチ人の能力と言えば、

アメリカの映画に「heroes」がある。

 

heroesを調べてみると、

ハイチ人の役をしている人の名前があった。

 

ヒーローズに出ていた

ハイチ人役を演じた俳優の名前が

ジミー・ジャン=ルイ。

 

彼はハイチ出身の俳優だ。

 

彼の演じているヒーローズの

ハイチ人が持っている能力はすごい。

 

記憶を消したり能力を使わせないように

ブロックしたりする事が出来るのだ。

 

 

 

ハイチ人と現地の生活を楽しんでいる間も

尽きない収入とは?

 

 

ハイチの人種…ハイチ人口はどれくらい?人口と特徴…差別や英語など

 

ハイチとはどんな国なのだろうか。

 

 

ハイチの意味は、「山の多いところ」。

 

ハイチとは、正式に言うとハイチ共和国。

 

西インド諸島にある

エスパニューラ半島の西半分がハイチ領である。

 

 

ハイチはスペインの植民地になって、

その後フランスの植民地になった。

 

フランス植民地時代のハイチは、

サン=ドマンクと呼ばれていたのだ。

 

 

フランスからハイチが独立したのは1804年である。

 

 

フランスから独立した後も、

アメリカの軍政が敷かれた時期があった。

 

アメリカの軍政が終った後も、

ハイチは独裁政権が続き経済が悪化した。

 

 

まずハイチの人口を調べてみた。

 

ハイチの人口は約1,113万人。

 

面積は2万7,750平方キロメートルで

北海道の三分の一くらいだ。

 

 

ハイチの公用語は、

フランス語とハイチ・クレオール語である。

 

 

ハイチは世界で初めての黒人共和国。

 

そのため、ハイチ人は

トランプ大統領からの不適切な発言を、

黒人共和国に対する差別だと受け取っている。

 

 

トランプ大統領が発言した不適切な言葉は

「俺たちはなぜ肥溜めの国から来た人間を居させているんだ?」

 

これはあまりにもひどい。

 

トランプ大統領の差別発言は

これだけではない。

 

移民問題に腹が立っていても

言ってはいけない言葉がある。

 

 

また、ハイチ人にとって悲しい歴史がある。

 

もともとハイチ人には先住民がいたが、

スペインに支配されてから、

銀の採掘でこき使われ全滅してしまったのだ。

 

 

現在ハイチ人と言われている先祖は、

もともとアフリカから

奴隷として連れて来られた。

 

アフリカから連れて来られ、

ハイチで過酷の労働をさせられていたのだ。

 

こんな話を知ってしまうと

こちらが悲しくなってしまう。

 

 

ところでハイチの特徴を調べていたら、

ハイチでおいしいのは

ラム酒・ハイチビール・ハイチコーヒーとあった。

 

そんな記事を見たら、

ハイチに行ってみたくなった。

 

 

ハイチで英語が通じるのだろうか。

 

 

ハイチ人を英語で

なんて言うのか調べてみた。

 

ハイチ人を英語表記すると「Haitian」。

 

英語で発音すると、ヘイシャン(ヌ)だ。

 

 

ハイチ観光地では英語が通じる。

 

しかしハイチ人の公用語がフランス語なので、

観光地以外での英語は難しい。

 

 

ところでハイチ人には、

どんな名前を付けているのだろうか。

 

 

ハイチ人の名前は、

フランス人のような名前が多い。

 

 

 

まとめ…ハイチに行くならハイチ人の歴史を知っておこう

 

 

ハイチ人についてどれくらい知っていただろうか?

 

 

海外旅行へ行くとなれば、

一番気になるのは言葉や渡航先の国の文化。

 

 

言葉や渡航先の国の文化も大切だが、

渡航先である国の歴史も知っておく必要がある。

 

 

とくにハイチのような国では、

先住民が滅亡されたりアフリカから

奴隷として連れて来られたりした悲しい歴史がある。

 

 

ハイチは現在でも経済的に苦しい。

 

 

ハイチ人の識字率が約53%である事も

知っておいたほうがいい。

 

約40%のハイチ人が

字をわからないのだ。

 

子供の頃に学校に通っていなかったのが原因だ。

 

この事も覚えておこう。

 

 

何も知らないと、

うっかりした言葉がハイチの人を

傷つけてしまう恐れがある。

 

こちらは傷つけたつもりではなくても、

相手を傷つけてしまうのだ。

 

 

言葉や文化だけではなく、

その国にはどんな歴史がありの

国民生活がどうなのか知っておく必要がある。

 

 

ハイチに長期滞在を計画しているのは、

自分と同じ霊感もないのに生まれ変わりを信じる角さん(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. さえ より:

    大坂なおみ選手のお父さんはハイチなんですか!
    運動能力はハイチの遺伝もあるんですね!
    知らなかったです!

  2. パッタイ より:

    ハイチというと、やはり大坂なおみ選手のお父さんですね。
    その大坂選手の特集番組でハイチが貧しい国だということも知りました。
    ハイチについては全く知りませんでしたが、日本人と結婚することもあるのですね。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ