キルギスの女性の画像!美人?名前や性格、女性大統領と誘拐、結婚など…わがまま?脈ありのサインやベッドについても紹介


 

日本人とそっくりな人が住む国。

 

それが、キルギス語とロシア語を

公用語としているキルギス共和国だ。

 

 

ここに住むキルギスの女性の性格に

どんな特徴があるのか?

 

こういったことはあまり知られていない。

 

 

顔は日本人と似ているが

美人なのだろうか。

 

また性格や恋愛観や

結婚感まで似ているのだろうか。

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

キルギスの女性は美人?キルギス女性の本音

 

以前はキルギスタン

とも呼ばれていたキルギス。

 

 

中央アジアに位置する国なのだが、

驚くほど顔が日本人と瓜二つなのだ。

 

キルギス人と日本人は兄弟説や

同じ遺伝子を持つ説があるほど。

 

 

正直なところ、

キルギスという国は

イメージもつかない。

 

旅行の目的地として

候補にあがることもないだろう。

 

それくらい

親しみのある国とは言えない。

 

 

国民の70%以上が

イスラム教徒という事だが

イスラムっぽくないとも言われている。

 

 

ここに住むキルギスの女性の性格は

日本人と似ているといわれる。

 

特に、謙遜するところや

集団行動が得意なところは、

日本人と似ていると言われている。

 

 

また自ら前に出るタイプの人が少ない。

 

 

時間にはルーズで、

30分や1時間遅れはまだ良い方

というのだから驚きだ。

 

ここは日本人とは似ていない。

 

むしろ日本人ほど

きっちりした国はあるのだろうか。

 

 

おもてなしに関しては

日本人に負けない。

 

旅人にキルギスの

伝統料理を振舞うなど、

おもてなしの心を持っている。

 

 

人見知りなところもあり、

相手に強く出ることもないので、

わがままに感じることもない。

 

 

キルギスの女性は

子供の頃からモデルとして、世界的に

活躍していることから美人であると言える。

 

白人とアジア人の

ハーフのような顔立ちは

やはり綺麗な印象を与えるのだろう。

 

 

キルギスの女性モデルを

検索すると数多くの名前が出てくる。

 

 

キルギスの女性は

恋愛から結婚までの期間が短い。

 

友達から恋愛に発展するのも

割と期間が短いようだ。

 

 

女性の脈ありサインも、

比較的早い段階で見ることができるのだ。

 

 

結婚後も割と早い段階でベッドへ。

 

子供を作るのも早い。

 

恋愛から出産までのスピード感は

どの国にも負けないだろう。

 

 

 

 

 

 

キルギスの女性の画像を紹介!

 

キルギスの女性は、昔から

誘拐して結婚させられるという、

日本なら事件になることが普通に起こっている。

 

 

知っている者同士や恋人同士で、

両家が了承した中での誘拐婚の場合もある。

 

しかし、時には知らない男に

誘拐されることもある。

 

 

新郎側の家族や、

新婦側の友人もグルになり

誘拐を実行するのだから逃げようがない。

 

しかも結婚に承諾するまで

家に帰さず説得し続けるのが特徴。

 

 

知らない人ならまだしも、

相手が恋人ならば普通にプロポーズをして

結婚したらいけのではと感じてしまう。

 

 

キルギスの女性大統領は

女性の人権を訴えている。

 

だが、誘拐婚が起こっても

警察も動かないのが現状という。

 

それだけ伝統として浸透しているのだ。

 

 

それとともに、

女性は男性より下であるという

考えが強いのである。

 

誘拐されるキルギス女性の

画像は検索すると出てくる。

 

無理やり車に乗せられ泣く女性の姿は、

これから結婚して幸せな生活が始まる

花嫁の姿には見えない物だった。

 

 

 

まとめ。外見は似ているが国民性は異なるキルギス人

 

外見が日本人に似ているので、

とても親近感がわきそうだった。

 

 

だが、調べれば調べるほど、

日本人との違いに

驚きを隠せなかった。

 

 

時間にルーズなことは

他の国はほとんどが当てはまる。

 

やっぱり、くらいにしか

思わないほど軽いものだ。

 

 

しかし、キルギスは

何と言っても誘拐婚が今でも残り、

行われているという事実。

 

まだ10代の女の子が無理やり連れていかれ、

結婚の承諾をしないと何時間も何日も

説得され続けるのは恐怖だろう。

 

 

キルギス人の中でも、

結婚に絶望し自殺者が毎年出ることを

問題視されている。

 

だが、伝統を尊重するという方が

大切という考えも根強い。

 

 

どんなに考えても、

日本人には理解しがたいことだろう。

 

日本の生活環境や経験から、

理解できるものではないと

言わざるを得ない。

 

 

キルギスで日本人として堂々と暮らしたいと語る竹部。

自分と同様、元神経質出身(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ