ミャンマーの男性のスカートは何?ミャンマー男性の性格や女性好み、敬称や髪型、家事や化粧、服装や恋愛観…イケメンの恋愛


 

以前よりはアジア男性についても、

人気が出てきたように感じる。

 

特にミャンマーについては、

最近の民主化の動きで閉じられていた

世界が開き、注目されている。

 

 

そんな中、日本的な

古き良き時代の雰囲気も残しながら、

まだ未開拓な領域があるミャンマー男性。

 

だが、その実態はあまり日本人に知られていない。

 

 

例えば、妙に似合うスカートを履き、

彫りが深く男らしい顔つきの顔。

 

 

なぜか化粧のようなものを

塗っているエキゾチックな雰囲気。

 

優しくゆったりとした性格。

 

 

今回は、家族を大切にする

ミャンマー男性の魅力について

存分にみていきたい。

 

 

今の日本人女性には

新鮮に映るミャンマー男性を、

同じアジア系男性としての視点から紹介する。

 

 

 

ミャンマーの男性!スカートや化粧は何?

 

昨今、グローバル化が

進んだ影響だろうか・・・

 

アジア諸国に移住する日本人が増え、

アジア諸国でも経済が

活発になった国もある。

 

 

日本と同じアジア人のミャンマー男性。

 

その特徴は、

戦前の日本人のようにも見え、

親近感が沸くだろう。

 

 

親切で思いやりのある

シャイな男性というのが、

総論としてのミャンマー男性像だ。

 

 

そんなミャンマー男性だが、

服装の特徴としては日常服のスカート

「ロンジー」がよく似合う。

 

 

自分は男なので

スカートの感覚はわからない。

 

だが、暑い気候のミャンマーでは、

巻スカートのような「ロンジー」が

涼しくて快適に過ごせるようだ。

 

 

もう一つ目を引く外見をあげると、

ミャンマー男性の化粧だろう。

 

「タナカ」というミカン科の樹木の皮を

水でといた白い

白粉のようなものを顔に塗る。

 

 

これは、主に女性がする伝統的な化粧だが、

男性も日焼け止めとしての利用や、

吹き出物の治療用として使用する。

 

 

ヒヤッとする感覚が

気持ちいいのもあるようだ。

 

 

工事現場にいるような

男勝りな人がしているのを見ると、

見慣れないうちは変な感じがするだろう。

 

 

後は、

ミャンマー男性の髪型は、

いわゆる「ツーブロック」。

 

特に襟足の刈り込みが

クッキリしているのが、

ミャンマースタイルのようだ。

 

 

サッパリとした爽やかな髪型は、

清潔感があり好印象に映るに違いない。

 

 

 

 

 

 

ミャンマーの男性の性格って?アプローチやキスは?

 

ミャンマー男性の

特徴としては、親切でシャイ。

 

 

性格は真面目で

男性優位の思想がある国なので、

プライドは高いと感じるかもしれない。

 

 

ミャンマー男性は

過去の日本男性と同様に、

家事をあまりしない。

 

昨今は女性の社会進出が進んでいるので、

いずれ変わってくるだろうと予想しているが、

現時点では家事は女性の仕事となっている。

 

 

ミャンマー男性の恋愛観としては、

草食系だがリードするところもある。

 

女性を守る、

貞操を守るという点があり、

日本女性に人気がでそうな恋愛観だ。

 

 

またミャンマー男性のイケメンは

清潔感のある装いなので、

その点も女性票を獲得できるだろう。

 

 

ミャンマー男性の女性好みも、

昔ながらの日本女性がピッタリだ。

 

 

仏教国で目上の方、

お坊さんは尊敬し敬っている。

 

その宗教色がミャンマー男性の

恋愛についても影響している。

 

 

アプローチが控えめで、

婚前のキスはしないなど

草食系に感じるかもしれない。

 

 

ミャンマー男性の名前は、

短い名前から長い名前まで色々あるが、

苗字がない。

 

 

未成年者もしくは

目下の若者は「コー」。

 

成人男性もしくは年長者は

「ウー」と名前の前につけ、

その後に名前を2回言う。

 

 

「アウン」という名前で成人男性は

「ウー・アウン・アウン」と呼ぶ。

 

 

この成人、

未成年については

年齢での区別はない。

 

自分よりも若いと思えば

「コー」と呼べばよい。

 

 

比較的単純なルールのため、

他の国より慣れれば呼びやすそうだ。

 

 

 

まとめ。ミャンマー男性と親密になるには

 

仏教国のミャンマー男性は、

日本女性との相性は良さそうだ。

 

 

肉食女子には物足りないと

感じるかもしれないが、昨今は

積極的にアプローチをする肉食男子もいるようだ。

 

 

日本にもミャンマー人が

増えてきているので、

アプローチしてはどうだろうか。

 

知り合いができれば、

きっと現地でもスムーズに

コミュニケーションがとれるようになるだろう。

 

 

ミャンマーに長期滞在していた柄澤。

自分と同じく、シイタケがとにかくダメ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ