南アフリカ人はイケメン?南アフリカ人口2019、彼氏との結婚、英語と南アフリカ人種差別、日本への入国ビザなど


 

近年サッカーワールドカップや

ラグビーワールドカップが開催され、

知名度が上がった南アフリカ。

 

スポーツの強豪国としても有名だが、

現地の人達のこちは意外と知られていない。

 

 

そこで今回は

 

・南アフリカ人はイケメンなのか

 

・南アフリカ人口2019年

 

・南アフリカ人と結婚するために

 

・南アフリカ人は英語話せるのか

 

・南アフリカ人種差別とは

 

・南アフリカ人が日本へ入国するためのビザは

 

について紹介する。

 

 

 

南アフリカ人の彼氏はイケメン?英語は話す?

 

南アフリカの公用語は

アフリカーンス語、英語、バントゥー語だが、

実際に公用語として機能しているのは英語だ。

 

そのため、

南アフリカ人の多くは

英語を話せる。

 

 

そんな南アフリカ人の性格は、

人種によって違いがある。

 

黒人は明るく

のんびりとした性格。

 

白人はヨーロッパ人と似ているが、

北半球のヨーロッパ人よりも

フレンドリーな性格と言われている。

 

 

また南アフリカ人の名前の特徴は、

日本人のように「愛」や「感謝」など、

意味を持たせた伝統的な名前もある点だろう。

 

日本ではあまりないが、

「驚き」や「記憶」などの

意味を持たせた名前もある。

 

 

ワールドカップの開催された年には

「フィファ」「ワールドカップ」

「サッカーシティ」など。

 

その年にちなんだ

名前を付けることもあるという。

 

 

日本のキラキラネームの

ようなものだろうか。

 

どこの国でも、

一風変わった名前を付けたがる

風潮があるのかもしれない。

 

 

ちなみに南アフリカ人は、

イケメンが多いと話題になっている。

 

特にラグビーワールドカップでは、

南アフリカ代表選手は

イケメンだとよく特集されていた。

 

 

若い女性たちは、南アフリカ代表のような

イケメン外国人の彼氏がほしい人も

多いのではないだろうか。

 

 

 

南アフリカ人の女性との結婚…キスなどのスキンシップや愛情表現。しつこい?嘘つき?

 

南アフリカ人の女性も

美人が多いと言われている。

 

 

そんな南アフリカ人との恋愛は

どんな感じなのだろうか。

 

 

南アフリカ人(黒人)の

恋愛の特徴は2つ。

 

告白は必ず男性側から。

 

そして女性は、

男性の財政面を

重視するという2つだ。

 

 

女性が男性の財政面を

恋愛の重要な条件にするという特徴は、

世界的にもちらほらみられるようだ。

 

 

南アフリカ人の

結婚は一夫多妻制。

 

たくさんの妻を養うだけの

財力があるのかということに

注目するのだろう。

 

 

そんな南アフリカ人の

スキンシップはどうだろうか。

 

あるテレビ番組で、

ラグビー南アフリカ代表と

その恋人が出ていたことがある。

 

二人はカメラの前で

熱烈なキスを何度もしていた。

 

 

挨拶のようにキスをしていたので、

そのカップルを見ていて、

失礼ながらしつこいと思ってしまった。

 

日本人からすると、

外国人のスキンシップは

しつこいと感じてしまう可能性もある。

 

 

南アフリカ人が

嘘つきかという情報は

見つからなかった。

 

 

しかし2013年。

 

ネルソンマンデラ氏の追悼式で、

でたらめの手話通訳者が

登場していたことが記憶に新しい。

 

詳しい事情は分からない。

 

しかし、世界的にでたらめな手話を

披露してしまった彼は

嘘つきと呼ばれているかもしれない。

 

 

 

南アフリカ人と海外の生活を楽しむための

オンライン収入構築法とは?

 

 

南アフリカ人種と南アフリカ人種差別…人種と人種差別の現状(現在)

 

南アフリカといえば

人種差別の歴史が有名だろう。

 

 

南アフリカの人種差別は

アパルトヘイトと呼ばれている。

 

1948年から法律として確立された、

白人と非白人の

人種隔離政策のことを指す。

 

1994年にこの法律は撤廃されているが、

いまだ影響を残している現状がある。

 

 

かの有名なネルソンマンデラは、

南アフリカ人種差別を

解決するために尽力した。

 

ネルソンマンデラは大統領に就任後、

南アフリカ人種差別を解決するために、

公共事業を通じて失業問題を解決。

 

上下水道を整備したり、

電気を通す計画を立てたりと、

さまざまな事業を行った。

 

しかし財政不足や

人材不足などが原因で

うまくいかなかった。

 

 

その後、ターボ・ムベキが

新大統領になり、

黒人経済力増強政策がとられている。

 

しかしアパルトヘイト時代に

教育を受けられなかった黒人と、

教育を受けた黒人とで貧富の差が生まれた。

 

黒人の中で

格差ができてしまったのだ。

 

南アフリカ人種差別による影響は

まだまだ続くだろう。

 

 

興味がある人は、

南アフリカの人種差別に関するデータや、

歴史について詳しく調べてみてはいかがだろうか。

 

 

そんな南アフリカ人の

外国での扱いはどうだろうか。

 

南アフリカの首都ヨハネスブルグは、

世界でもっとも危険な都市と呼ばれている。

 

 

南アフリカ人の海外での扱いについて、

残念ながら情報を見つけることができなかった。

 

南アフリカ自体に対しては、

危険で治安が悪いという

印象を持っている人が多いようだ。

 

 

ちなみに南アフリカは、

1880年代からドイツの

植民地の一部であった。

 

そのころからドイツには

南アフリカを始め、アフリカから

ドイツへ渡ったアフリカ系ドイツ人がいた。

 

1930年代には、

何千人ものアフリカ系ドイツ人が

ドイツ国内にいたとされる。

 

 

そのころのドイツは

ヒトラーの時代。

 

南アフリカ人を始め、

ドイツへ渡ったアフリカ系ドイツ人は、

ドイツ国内でアパルトヘイトと同様の扱いを受けた。

 

ドイツ国内でも

その歴史はあまり語られてこなかった。

 

知らないという人もいる。

 

しかし、アフリカ系ドイツ人の研究者は、

当時のドイツはユダヤ人と同じく

迫害対象になっていたと指摘している。

 

南アフリカ人は

植民地時代のころから現在に至るまで、

さまざまな迫害や差別に苦しんできたことが分かる。

 

 

 

南アフリカの人類化石遺跡群とは?南アフリカ人、日本への入国のビザ?

 

南アフリカには、

南アフリカ人類化石遺跡群という

世界遺産がある。

 

人類の進化の研究に関して、

とても重要な化石が発見された遺跡だ。

 

 

南アフリカ人類化石遺跡群への

入場料は大人1400円ほど。

 

 

南アフリカでも

観光地として人気が高い。

 

 

治安があまりよくないため、

日本人が南アフリカ人へ行く際は、

団体ツアーで行くことをおすすめする。

 

 

反対に南アフリカ人が日本へ来るためには

どのような条件があるのだろうか。

 

 

南アフリカ人が

日本のビザ取得のためには、

いくつかの条件がある。

 

商用の場合、要件を満たす企業で

課長相当職以上または

1年以上在職している常勤の者が対象。

 

文化人の場合、ある程度の業績や

地位が認められた者とされている。

 

 

条件を見ている限り、

一般の南アフリカ人が申請するのは

少し難しそうだ。

 

 

一般の南アフリカ人がビザを取得したいとき、

日本人に知り合いがいた時に

使える方法がある。

 

同じ短期滞在ビザなのだが、

南アフリカ人を日本人が招聘するという形で

ビザを取得する方法だ。

 

日本人が保証人となることで、

ビザ取得が比較的簡単にできるのでおすすめ。

 

 

南アフリカ人口2019!南アフリカの人口、推移と構成は

 

最後に南アフリカを

データから見てみよう。

 

 

南アフリカの人口は

現在5855万人(2019年)で、

国土面積は122万km2。

 

 

南アフリカの人口推移を見てみると、

2009年の人口は5055万人なので、

10年で800万人も増加している。

 

 

日本でいうと、

大阪府の人口が

10年で増えたということだ。

 

 

南アフリカの人口増加は

著しいということがよく分かる。

 

 

南アフリカの人口は、

今後も増加していると

予測されている。

 

 

南アフリカの

人口増加率は1.4%(2010年)。

 

2050年には人口が

6,600万人まで

増加するといわれている。

 

 

ちなみに南アフリカの人口構成は、

80%が黒人、10%が白人、

8%が混血、2%がアジア系となっている。

 

 

現在の人口の多くは、

かつて迫害されていた黒人なのだ。

 

 

次に、南アフリカ

人口ピラミッドについて。

 

南アフリカの人口ピラミッドは、

星型で都市型と言われている。

 

人口ピラミッドからも、

若い世代や子供が多いことが分かる。

 

著しい人口増加を

裏付けているといえるだろう。

 

 

 

まとめ。南アフリカ人特徴について

 

・南アフリカ人はイケメンや美女が多い

 

・南アフリカ人口2019年は5855万人

 

・南アフリカ人は結婚前に

財力で判断することもある

 

・南アフリカ人は英語を話せる

 

・南アフリカ人種差別とは

アパルトヘイトという人種隔離政策

 

・南アフリカ人が日本へ

入国するためのビザは短期滞在ビザで、

日本人が招聘する形がビザを取得しやすい

 

 

差別や迫害で苦しんできた

歴史がある南アフリカ。

 

現在も治安が悪い都市として有名だが、

世界的なスポーツイベントも

近年開催されている。

 

 

徐々に治安は

改善していると言われている。

 

 

ぜひ興味がある人は

南アフリカへの旅行を検討してほしい。

 

 

 

ケープタウンにしばらく滞在していた毛塚。

自分と同じマザコンとして有名(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ