ウルグアイ人の恋愛って?性格の特徴や名前、スペイン語や英語…ウルグアイ人種と人口(ウルグアイ人口)、女性など


 

実はウルグアイは、日本からもっとも遠い国。

 

日本の反対側はブラジルだとよく聞くが、

ウルグアイなのだ。

 

 

それくらい遠い国故に、ウルグアイ人については

イメージしづらい人も多いだろう。

 

自分の中では、

南米の陽気な雰囲気を醸し出す人々だ。

 

 

ウルグアイの人々は、

実際どのような国民性なのか。

 

旅行でもなかなか

訪れることの出来ない、

ウルグアイについて説明しよう。

 

 

 

ウルグアイ人の性格は?恋愛や女性について…キスなどのスキンシップや愛情表現

 

ウルグアイ人の性格は、

謙虚であり進歩的だと言われている。

 

 

経済的にも発展している

ウルグアイだからこその所以だ。

 

 

ウルグアイ人の男性は

恋愛にたいしても積極的だ。

 

謙虚であると言われているが

、同性婚も認められ、

女性も積極的な人が多い。

 

 

性格的にも日本人には

相性がいいと言える。

 

 

女性はおおらかで、

日本人ウケも悪くない。

 

店を切り盛りしたり

パワフルな女性が多く、

コミュニケーション能力に長けている。

 

 

しかしながら、その反面で

陰湿な部分もあるようだ。

 

陽気に見えても、

人の悪口を延々と語る部分も

あるとされる。

 

日本人に似ていると言えば

似ているのだが(笑)。

 

 

あまり踏み込みすぎては

ならないことは覚えておくべきだ。

 

決して誰か一人が

嫌な奴だと言うわけではない。

 

 

深入りは国民性としての

タブーだと考えよう。

 

 

 

ウルグアイ人と現地で楽しい生活!

そのための安定収入のつくり方とは?

 

 

ウルグアイ人の特徴!名前やスペイン語、英語など…しつこい?嘘つき?

 

ウルグアイ人の名前は、

名前が2つ、苗字が2つあるケースが多い。

 

 

短い名前の場合、

2つをセットで呼ぶこともある。

 

しかしながら、

長いセカンドネームは大半が

使われないのである。

 

 

特徴として、ウルグアイ人は

結婚して苗字が変わるという文化がない。

 

そのため、

父方の苗字、母方の苗字の

両方を所有するのだ。

 

 

スペイン語からの、

スペイン系の名前も多い。

 

 

ウルグアイ人の誇りとも言える、

サッカー界の英雄も名前が2つ、

苗字が2つ並んでいる。

 

 

ウルグアイは

スペイン語が主流となり、

イタリア語やフランス語も使用される。

 

そのため、

ウルグアイ人の名前を

英語で考えるのは難しい。

 

アメリカインディアンも多いものの、

ウルグアイ人には

スペイン語が主流と言われている。

 

ブラジルとの国境付近では

ポルトガル語も混ざる。

 

 

ウルグアイ人の大多数が、

ここ500年の間に

移住してきた人々なのだ。

 

 

 

ウルグアイ人種とウルグアイ人口!人口のピラミッドや密度など

 

ウルグアイ人口密度は、

都心部はやはり密度が高い。

 

しかし広大な自然もあるため、

国全体としての

人口密度は落ち着いている。

 

 

人口ピラミッドは実に落ち着いており、

推移を見てもここ5、60年に変化はない。

 

 

平均寿命は約77歳と

日本より少し早いが、

特徴的なものでもない。

 

 

人種は実に様々で、

各国からの移民が大半を占める。

 

 

これだけ落ち着いた

人口ピラミッドを作るウルグアイだが、

けして出生率が高いわけではない。

 

そのため、いずれ

日本のような高齢化社会が

訪れる可能性もある。

 

 

といっても、その頃には

日本は超高齢化となっているが。

 

 

島国と異なり、

移民が多いことも

人口増加に繋がっている。

 

ウルグアイ人にとって

それが最善なのかは、

現地民でなければわからない。

 

しかしながら、

若い世代が増えることは

経済の発展にも繋がるはずである。

 

 

 

まとめ。ウルグアイ人は基本的に明るく陽気で付き合いやすい

 

ウルグアイ人の

特徴についてまとめてみた。

 

 

美人が多いとされる

ウルグアイだが、

最初に抱いたイメージとは違っただろうか。

 

 

スペインの陽気な血が混じり、

基本的には明るい国民性だ。

 

しかしその中の

陰湿な部分はあまり

知りたくないことでもあった(笑)。

 

もちろん人間誰しもが

抱えている部分なので、

気を付けていれば問題はない。

 

 

周りであまり旅行に行った

と言う話は聞かないが、

日本から見て世界の果てだ。

 

人が気軽に経験していないからこそ、

未知の体験が出来るに違いない。

 

 

そして、日本からは

なかなかの時間を要する。

 

気軽に連休を利用しての

旅行先の候補には上げられない。

 

 

しかし一生のうちで、

一度は訪れてみたい場所である。

 

 

 

ウルグアイ人と付き合いたいと語る移住仲間の一郎。

自分と同じく、かなりのシイタケ嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ