ベネズエラ人チーノって?特徴(恋愛や彼氏)、スペイン語と英語、結婚と性格など…ベネズエラ人種と人口、女性について紹介


 

ベネズエラという国名を聞いたことはあっても、

どこにあるか答えられる人や、ベネズエラ人について

詳しい日本人は少ない。

 

 

そこで今回はベネズエラ、

ベネズエラ人について考察してみる。

 

 

 

ベネズエラ人口とベネズエラ人種!人口とスペイン語、英語など。ベネズエラ人チーノって?

 

ベネズエラは南米北部に位置する国で、

熱帯のリゾートアインランドなどをもつ国。

 

 

ベネズエラの人口は約3,200万人。

ベネズエラの人口密度はそこまで高くない。

 

都市部に人口は集中し

田舎には少ないという

日本と同じ構図である。

 

 

昨今、ベネズエラは

政治経済の不安定により

他国に人口移動している。

 

人口推移も増えてはいるものの、

人口の約1割が流出している危機的状況である。

 

 

ベネズエラの移民難民を受け入れている国では、

人口構成の内訳が多くなってしまい、

隣国のコロンビアでは難民対策によって財政難になっている。

 

 

近隣国だけではなく、ベネズエラ人は

日本に来日していることも少なくない。

 

 

多くのベネズエラ人は

母国語のスペイン語を話すが、

英語を話せる人も多い。

 

 

人種構成として、人口の半分は

メスティーソとヨーロッパ人である。

 

 

移民難民問題は

近隣国家にも影響を及ぼしている。

 

ベネズエラ人が国境を破壊してコロンビアに入国したり、

ベネズエラへの人道支援物資が火炎瓶などで炎上するなど、

多くのも問題も起きている。

 

 

ベネズエラは、

アジア人差別大国と言われることもあり、

アジア人旅行客などが嫌な思いをすることも多い。

 

 

アジア人をみると「チーノ」と

馬鹿にされたように言われる。

 

チーノとは中国人という意味だが、

差別的に言われるので、アジア人旅行者は

覚悟を持っていきたい場所である。

 

 

 

ベネズエラ人と海外生活を楽しむための

安定収入構築法とは?

 

 

ベネズエラ人の特徴!女性の性格や恋愛と結婚…彼氏になるとどう?

 

ベネズエラ人を英語表記すると「venezuelan」となる。

 

 

日本在住のベネズエラ人の有名人は、

日本プロ野球界で名前も知られている

ラミレスなどが思い浮かぶだろう。

 

 

ベネズエラ人でも、

日本でビザを取得し働き、

生活している人は多い。

 

最近ジャニーズからデビューした

「snowman」のラウールも

ベネズエラ人の父を持つハーフである。

 

 

ベネズエラ人の特徴は、

美人が多くスタイルがいい。

 

ミスコン最多優勝国でもある。

 

観光客を増やすために

国を挙げて美女育成プログラムを組んでいる。

 

 

ベネズエラ人はハーフが多く、

平均身長も高いということも

美人が多い理由として挙げられる。

 

 

ベネズエラ人の名前の特徴は

4つの名前を持つことである。

 

名前、サブの名前、

母方の姓、父方の姓

というようになっている。

 

 

ベネズエラ人女性の性格の特徴は、

感情がはっきりしていて情熱的なので

とてもわかりやすく付き合いやすい。

 

しかし、恋愛関係となると

気性が荒いので気を付ける必要がある。

 

 

明るく楽しいことが好きなので

パートナーにも一緒に楽しめる人を

求める傾向にある。

 

 

美人大国なので、

個人間での美意識も高い。

 

 

スキンシップも多いので

日本人男性は少しギャップを

感じるかもしれない。

 

 

日本人男性はラテン系女子にモテるため、

日本人男性を彼氏に持つベネズエラ人も多く、

猛烈なアプローチのすえ結婚する人も多い。

 

しかし、前述したとおりアジア人に対して

偏見や差別的な見解を持つ人が多いベネズエラ人。

 

日本人は人種差別に馴染みがあまりないため

理解に苦しむことが多々あるが、

個人同士の人付き合いを大切にする姿勢は好感を得る。

 

 

おしゃべり好きのベネズエラ人女性の話を

しっかり聞いてあげる優しさと、

紳士的な男らしさを出すことでより好感度はあがる。

 

展開が早いのが特徴のベネズエラ人は

付き合うまでのスピードも

付き合ってから結婚までのスピードも速い。

 

 

 

まとめ

 

ベネズエラには、日本にいると考えられないような

人種差別や、政治経済の不安からくる治安の悪さがある。

 

旅行するなら気を付けるべき国だ。

 

 

しかし、現地の人は明るく

愉快な性格の人も多く、

美しい景観のリゾートもある。

 

 

どの国の人も安全に旅行できる国になってほしい。

 

 

 

カラカスが世界一殺人の多い街と知って

単身乗り込んだyoutuberのマロン。

 

自分と同じ元ネガティブだが、

今も普通に生きているのが不思議だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントは2件です

  1. さえ より:

    チーノって中国人っていう意味なんですね。
    陽気なイメージのラミネス選手、ベネズエラなんですか!知らなかったです!

  2. みなこママ より:

    ミスコン最多優勝国と聞いて、確かに!って思いました。
    褐色の肌を持つきれいな人は大抵ベネズエラ代表でした。
    国を挙げて美女を育成してるとはすごいです!
    私としては、その美女育成プログラムの内容が知りたいです(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ