早死にする人のスピリチュアル!早死にする人の11の特徴…短命な人や早死にする人に共通するヤバい習慣


 

早死にする人のスピリチュアル的な意味は、

 

その人自身が、そもそも

早く亡くなる計画を立てて生まれてきた

 

ということです。

 

 

スピリチュアルをあなたの幸せに活かすなら、

以下の無料情報を請求してください。

 

 

 

スピリチュアルな観点からいうと

早死にする人が必ずしも不幸とは言えません。

 

あの世へ旅立つ人は

今回の人生の役割を終えた人だと

思われているからです。

 

 

しかし志半ばで斃れる人も

多いのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

早死にする人のスピリチュアル!早死にする人の11の特徴や短命で早死にしたいときの方法と早死の人の特徴

 

早死にする人は世間一般では気の毒だと思われがちですが、

スピリチュアルな視点から言えば

「死=次の生に向けての出発、新たな始まり」。

 

それほど不幸なこととは言いきれません。

 

 

亡くなるのはこの世での役割を全うしたからで、

短命か長命かどうかが幸せを決める物差しではない。

 

生れる前からその人の寿命は決まっている、

とするのがスピリチュアル的な考え方です。

 

 

だからといって

”何をしても同じ”

ということではありません。

 

 

生きるとは選択することです。

 

最終的にどのシナリオが選ばれ、

どのような着地点を迎えるかは

日々の行動により変わってきます。

 

 

常に最適解を選べるわけではありませんが、

思いもよらぬことが起きる人生だからこそ、

自分で出来るだけの予防線を張っておきたいものです。

 

 

中国紙の生命時報が

米国の記事を引用して

早死の人の特徴を紹介しています。

 

早死にする人の11の特徴を見て、

当てはまる人は改善策を立てましょう。

 

 

1.独身生活が長い人

 

2.座りっぱなしが多い

 

3.友人が少ない人

 

4.テレビを1日2時間以上見る人

 

5.肉の赤身ばかり食べる人

 

6.失業中の人

 

7.通勤に1時間以上かかる人

 

8.オーガズムを感じない人

 

9.人間関係がしんどい人

 

10.睡眠時間が5時間以内、または9時間以上の人

 

11.死に対する恐怖が強すぎる人

 

 

実は最近、

長生きしたくないという

若者が増えています。

 

 

その理由は様々ですが

 

 

目まぐるしく移り変わる現代で

安定した職に就けるのは一握り。

 

いつどうなるか分からないという

不安に絶えず苛まれたくない、

という生活の不安を感じる人。

 

 

思うように体が動かなくなったら、

人の世話にならなければならない。

 

誰かに迷惑をかけるくらいなら早く死にたい、

と自分の肉体が衰えることや

周囲へ迷惑を掛けることに怯える人。

 

 

などなど。

 

 

理由を聞けば納得できる人も多いでしょう。

 

 

更に言うと

 

 

・あまり欲がない

 

・成功体験がなく人生を諦めている

 

・寂しがり屋

 

 

などの特徴を持つ人は

早死したがる傾向があります。

 

 

次の項目では早死にしたい人のために

長生きしにくい方法を挙げていきます。

 

 

 

早死にする人のスピリチュアル!短命な人や早死する人たちに共通するヤバい習慣は共通点はストレスでの早死

 

短命な人はスピリチュアル的に見れば

不幸ではありません。

 

人生で重要なのは

長さではなく太さだからです。

 

 

その人をその人たらしめているのは

毎日の習慣です。

 

繰り返しの行為がその人の思考を決定づけ、

思考が行動、人生を決定づけるのです。

 

 

早死にする人に共通する

ヤバい習慣を見ていきましょう。

 

 

・喫煙する

 

・過度な飲酒

 

・添加物の多い食事をよく摂る

 

・孤独

 

・慢性的な睡眠不足

 

・ストレスを我慢する

 

 

要するに先のことを考えず怠惰な生活を送れば、

死は手を広げてあなたを迎えにくるでしょう。

 

 

スピリチュアルな世界では早死する人も

長生きする人も、その幸福度に

大きな違いはないと考えられています。

 

ですが、決して早世を

推奨するわけではありません。

 

 

絶えずストレスを感じながら生きているなら、

即刻生活を改善すべきです。

 

もしもネガティブな理由で早死を願っているなら、

今一度自分が何を楽しいと思うかを

よく考えてみましょう。

 

 

繰り返し言いますが、早死する人が

不幸でないとスピリチュアルで考えられているのは、

その人が自分の役割、人生の目的を果たしたからです。

 

イタズラに自分を痛めつけてはいけません。

 

 

せっかくの人生、寿命を迎えるまでは

楽しく生きたいものです。

 

 

 

まとめ。早死する人のスピリチュアルについて

 

スピリチュアルを理解していれば、

寿命の長さによって幸福度が

決められるわけではないことが分かります。

 

 

死は次のステージへの旅立ち。

 

人生はいつでも成長の途上にあります。

 

 

だからこそ、今回の生で

何を成したかが大切なのです。

 

無為に生きたり、

イタズラに寿命を縮めている暇など

ないはずです。

 

 

死は恐れるものではありません。

 

けれどそれは死を

軽んじることではありません。

 

 

いつ死んでも悔いのない人生を

歩みたいものです。

 

 

スピリチュアルを学び続ける押田。

自分と同じく、ソフトサラダが好きです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

クライアントが喜びを感じてくれないあなたへ。

 

ノウハウを学んで、喜びにあふれた日常を手に入れませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料購読してください。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授